【インタビュー】「連続ドラマW闇の伴走者~編集長の条件」松下奈緒「ぜひパート3をやりたいです!」と新感覚ドラマにはまる

2018年3月30日 / 16:56

 出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)とフリーの漫画編集者・醍醐(古田新太)が、漫画にまつわる殺人事件の真相に迫る姿を描いて人気を博したドラマ(15)の続編「連続ドラマW闇の伴走者~編集長の条件」。本作で、優希は編集長となった醍醐と、伝説の漫画編集者・南部の謎の死を追い駆ける中、作者不明の古い漫画画稿や戦後最大の怪事件「下山事件」が絡む驚きの真実にたどり着く。古田とダブル主演した松下が、待望の続編に弾む胸中や、撮影時のエピソードなどを語ってくれた。

ヘアメイク/鈴木麻水美、スタイリスト/大沼こずえ 衣装/ADORE

-サスペンスと漫画が融合している風変わりなシリーズですね。

 ストーリーはダークでサスペンス要素が強いですけど、漫画がキーになることで興味を持つ人の範囲が広がるし、ただの殺人事件ではなくファンタスティックにもなり、1話を見ると、2話、3話と見たくなる、魔法のようなドラマになっています。

-続編の話を聞いたときの率直な感想は?

 こういうテイストのドラマはやったことがなく、周りからも「続きはないの?」と言われるほど話題になっていたし、何よりも自分が、前作が終わった時点で「続きできるよね?」と期待していました。プロデューサーにも「やりたいな」と言い続けていたので、3年たってようやく実現すると聞いたときは、すごくうれしかったです。

-古田さんとの再タッグはいかがでしたか。

 前回は、まさかご一緒できるなんて思ってもいなかった、尊敬する役者さんが目の前にいて、どうしていいか分からない中で撮影が始まりましたが、結果的には、古田さんに引っ張ってもらいながら、心地よく芝居ができて楽しかったです。今回は、憧れのまなざしを向けるだけでなく、優希と醍醐のように対等でいたり、攻めたりしていけるようにと臨みましたが、意外に同じシーンが前作ほどありませんでした(笑)。でも、久しぶりにお会いしてもそんなふうに感じさせてくれなかったので、とても助かりました。

-今回は1949年に起き、未解決となった、当時の国鉄総裁の下山定則氏が亡くなった「下山事件」が絡み、前作以上に複雑怪奇なストーリーになっていますね。

 正直に言うと、この事件を知らなかったので、撮影前にいろいろ調べましたが、その時点で優希のようにのめり込んでいる自分が少し怖いと思いました。それに、実際にあった事件をフィクションの物語に絡めてくる技がすごいですね。どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションなのか、境が分からなくなるところが面白くもあるし、そもそもミステリアスな事件なので、より謎が深まってドラマに引き込まれていくと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『菊とギロチン』木竜麻生、初主演の過酷現場は「必死すぎて覚えていない」そこから得た“度胸とワクワク”

映画2019年4月26日

 人々が貧困と出口のない閉塞感にあえぐ大正末期の日本を舞台に、実在した「女相撲」の一座とアナーキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが心を通わせ、自由を追い求めて生きる姿を描いた映画『菊とギロチン』。同作のブルーレイ・DVDが発売されるに … 続きを読む

【インタビュー】『バースデー・ワンダーランド』杏「チィは『実写でも演じられるのでは?』と思うぐらい、自分に近い印象を受けました」

映画2019年4月25日

 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)をはじめ、大人から子どもまで楽しめる作品を送り出してきた原恵一監督の最新作アニメーション『バースデー・ワンダーランド』が、4月26日から全国ロードショーとなる。本作は、 … 続きを読む

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

page top