【真田丸 インタビュー】堺雅人(真田信繁) 「ムキムキじゃないです。筋トレせずに撮影に臨んでいます」

2016年1月1日 / 09:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁を演じる堺雅人。信繁は信濃の小国を治める父・昌幸のもとに生まれ、長い雌伏の時を経て、人生の最後にその武名をとどろかせ、“真田幸村”として後世にその名を残した。劣勢に立たされながら、大坂夏の陣で徳川家康をあと一歩のところまで追い込んだ智将、信繁の宿命と心に秘めた熱い思いを堺が語る。

 

真田信繁役の堺雅人

真田信繁役の堺雅人

-今回の大河ドラマの主役を引き受けた理由は?

 三谷(幸喜)さんの作品を1年間、50本演じられるというのは役者にとってすごい魅力なんです。それが理由です。

-信繁の人物像は?

 兄の信幸が信繁を評して「ものごと柔和忍辱(にんにく)にして強からず」と言っています。つまり感情を表に出さない。ほんわかとしていて一見捉えどころがなく、口数も少ないが、心に秘めた何かがあると。今回の大河では、それにプラスして近代の幕開けにふさわしい旺盛な好奇心を持った人物として描かれています。

-大泉洋さん演じる信幸はいかがですか。

 洋さんは普段コメディータッチのお芝居が多いのですが、今回は今まで見たことがない感じです。真っすぐで不器用で、でも誠実一辺倒で攻めてくる大泉洋というのは、実に魅力的です。

-それをどう受けますか。

 信繁は裏方に回ることが多い人物。なんか忍者っぽい(笑)。だから私も一応主役ではあるのですが、常に2番手、3番手のような気分で撮影現場にいます。真っすぐな兄を支える信繁でありたいと思います。

-信繁と堺さんは似ていますか。

 テレビゲームの影響で、筋肉ムキムキの裸によろいを着てやりをぶんぶん振り回すという真田幸村像が世間的には印象が強い(笑)。今回の信繁はそのイメージよりは僕自身に近いと思います。でも信繁の面白さは49年の人生のうち47年間は裏方だったのに、最後の最後で恐ろしいばかりの武者になるというその変わり目。普通のサラリーマンのような人間が何故「日の本一のつわもの」と言われるまでになったのか、その秘密を三谷さんは1年懸けて描くのだと思います。

-堺さんご自身は裏方タイプですか。

  いや、僕は実務の能力が全くありません。でも三谷作品に登場する裏方さんや、日の当たらないところにいる人たちは、いつも生き生きとしているので、そんな三谷さんが描く戦国の実務方としての信繁をすごく楽しみにしています。

-女性陣も個性的な人がそろっていますね。

  草笛光子さんが演じる祖母は本当にりりしくて、歴戦をくぐり抜けてきた女性。高畑淳子さんが演じる母は、都(みやこ)の出身で真田家の暮らしになじめない悲しさを持っていますが、生き生きとした女性像を作っていらっしゃいます。姉役の木村佳乃さんが持つ天性の明るさが、裏切りとか血なまぐさいものになりがちな物語に光や華を注いでくださっていますね。信繁の生涯のパートナーとなる、きりを演じる長澤まさみさんは計り知れないようなスケールの大きな女優さん。物語をかき乱す役ですが、魅力的で素晴らしい演技をされます。黒木華さんは時代劇が似合うし、手堅いお芝居と技術はすごいですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

お互いをリスペクトし合う関係が映画ヒットの鍵? オールCG初挑戦の内野聖陽が、映画撮影中に山田涼介に感じた座長としての意識の高さ【インタビュー】『鋼の錬金術師』

映画2022年6月26日

 錬金術が存在する架空の世界を舞台とした大人気ダーク・ファンタジー作品『鋼の錬金術師』。2017年にHey!Say!JUMPの山田涼介が主人公のエドワード・エルリックを演じ、話題になった実写映画が5年ぶりにスクリーンに帰ってきた。エドワード … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

amazon

page top