【真田丸 インタビュー】長澤まさみ(きり) 「行儀の良いヤンキーみたいな感じが私と共通する」

2016年1月2日 / 09:04

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(堺雅人)と青春時代から親しく、側室になった後も、大坂夏の陣で信繁が戦死するまで、常にそばに居てその波乱の生涯を支え続けたきりを演じている長澤まさみ。きりに託された戦国時代の女性の思いを語る。

 

きり役の長澤まさみ

きり役の長澤まさみ

-大河ドラマは3回目ですね。

 忍びの役しかやったことがなかったので(笑)、初めて側室を演じるのが楽しみです。

-三谷幸喜さんが描く戦国の女性たちのことをどう感じましたか。

 これまで戦国時代の女性というと、一般的には「物」というイメージしかなくて、当時の女性の身分の低さを考えざるを得ないという状況がありました。でも今回は、三谷さんが戦国時代に生きる女性に人間らしさという息吹を吹き込んでくれている感じがして、戦国時代に対する愛を感じます。

-きりはどういう女性だと考えていますか。

 おせっかいなおばさん(笑)。信繁の隣でずっとしゃべっているんですよ。

-プロデューサーや監督からは、きりは“戦国のヤンキー”と言われていますね。

 きりは自分を貫いている。それがヤンキーという言葉に通じているんだと思います。

-きりの人間性が分かるような役作りはしていますか。

 食べるシーンではよく食べ、しゃべるシーンではよくしゃべるように表現しています。感情の赴くままというのが若い時のきりだと思っていますので。

-堺雅人さんはいかがですか。

 毎週月曜日のリハーサルでは、監督が決めてきた三谷脚本の笑いどころみたいな部分だけでなく、演じていく上でのいろんな気づきみたいなことを堺さんも提案して芝居を作っています。そういうところを見ると、本当に笑いのセンスがある人なんだなと思います。視聴者の方がちゃんと信繁の気持ちに沿っていけるような芝居をされているので、すごいなと思います。掛け合いが多いので、必死で付いていっています。とにかく、すごく頼りになる方です。

-三谷さんからは何か言われましたか。

 「きりのせりふは現代語に近いからこそ、どう読むかはあなたがちゃんと考えてやりなさい」と言われています。現代語的ではありますけど、言い回しをちゃんと気を付ければ時代劇になると思います。きりがそういう言葉遣いをすることで、若い人が時代劇に興味を持つ入口になれるのかなと思います。

-三谷作品の魅力は?

 わざわざ役者の側から笑わせようと思わなくてもいつのまにか笑いになっているという脚本の正確さがすごいと思います。

-きりは信繁のどういうところに引かれているのでしょうか。

 きりにとっては、常に悩んだり疑問を抱えたりしながら生きている信繁がかわいく思えるのかなと。母性本能というよりは、純粋な乙女心の方が強い気がします。今後もこの力関係は変わらないでしょうね。信繁が頑張って敵や難局に立ち向かっている姿にほれぼれとしているきりが、それをずっと見ている。良い意味で一歩下がった女性である側室に、いつしか支えられている信繁なのかなと思っています。

-きりは真田家の重臣の娘。家族のシーンで大事にしていることはなんですか。

 武家の娘として厳しく育った姿を見せられたらと思っています。お父さんに反抗するシーンもありますが、きりは基本的には枠からはみ出せない人間なので、行儀の良いヤンキーみたいな感じです(笑)。私と共通する点もそこで、割と自分の出番が来るまでじっと待っている方なんです。

-真田の里で印象に残ったことは?

 長野県は自然が豊かでのどかなところです。真田の里で育った人たちはすごく穏やかで伸び伸びとしています。私も静岡で伸び伸びすくすくと成長させてもらったので、きりと(育った環境が)似ているなと思いました。

-きりは信繁の初恋の相手で最初の子どもを産む梅ちゃんのことはどう思っているんでしょう。

  良い子だなと思っていると思いますけど、やっぱりうらやましいんだと思います。自分とは違う魅力を持った人だからこそ、かなわないと思うのではないでしょうか。

-演じている黒木華さんはどうですか。

 ずっと共演してみたかったんです。年下なんですけど、一緒にリハーサルをやっていると楽しいし、他の人にはない強さがある女優さんだと感じます。

-これまでで楽しかったシーンは?

 草笛(光子)さんと一緒にお芝居したこと。せりふ回しは歌のように聞こえますし、着物を着ている時のたたずまいはとても勉強になります。共演者のお芝居を見ていると、きりという役の伸びしろを作ることができるので、役者同士のお芝居の化学反応が楽しいです。

-ドラマの見どころは?

 戦国時代を知らない人でも回を重ねるごとに分かっていける、分かりやすいドラマ。きりが今後、信繁にとってどれほど重要な人物になっていくかが面白いところだと思います。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

page top