【真田丸 インタビュー】大泉洋(真田信幸) 「かっこ良過ぎるせりふを言って、ニヤニヤしちゃいました」

2016年1月3日 / 09:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)の兄で、父昌幸(草刈正雄)のもとで兄弟仲良く育つが、徳川家康方に付くか否かで葛藤し、後にたもとを分かつ真田信幸を演じている大泉洋。「まれ」での駄目な父親役とは正反対の真面目な信幸役に込める思いを語る。

 

真田信幸役の大泉洋

真田信幸役の大泉洋

-今回の信幸役が確定した時はどんな気持ちでしたか。

 私はコミカルだったりするし、「まれ」での役がすごく駄目なお父さんの役でしたから、正直、信幸はあまり私がやってこなかった堅い役ですよね。実在する人物ですし、歴史好きの人の中でも非常に人気のある人物だということが分かって、すごく緊張しました。

-史実を調べてみて受けた印象は?

 私が感動したのは、戦国の時代でも信幸が家族をすごく大事にしていたこと。関ヶ原の戦いで信幸は、西軍に付いた父親や弟の信繁とは別れて家康側に付きます。その後も2人をなんとか助けてほしいと働きかけるんです。そのエピソードを聞いたとき、この役で良かったなあと思いました。私自身も家族が大事ですし、本当に仲が良いものですから。性格も非常に真面目で部下のことを思っている大将だし、戦の時は先頭に立って突っ込んでいくみたいな人。かっこいいなと思いました。

 -堺さんとのお芝居はいかがですか。

  俳優としては弟なんて思えなくて、尊敬しているんですけど、こと「真田丸」の中では弟にしか見えないんです。なんとも言えない愛くるしい笑顔で「兄上」と言われるとうれしいですね。信幸として堺さんのためなら何でもしたいと思いますよ(笑)。堺さんは非常に自然体でいてくれます。現場の雰囲気を居心地良くしてくれているので、楽で良いですね。それに、堺さんは大事なシーンの撮影の後などに「あのシーンは兄上の覚悟が感じられて、(演じる上で)ありがたかった」などと、メールをくれたりするんですよ。なかなか照れて言えないことも臆さずに言ってくれるところに懐の大きさを感じますね。さらに言えば、堺さんは知識もすごいです。自分の役以外のこともいろいろとご存知です。

-信幸の墓前では何を報告しましたか。

 私がどういう人間かを語りまして、その上で「生きざまに恥じぬようにやらせていただきます」と申し上げました。

-撮影で大変だったことは?

 私は30歳を過ぎてから本格的に役者のお仕事をやり始めたので、時代劇はあまりやっていないんですよ。映画『清須会議』ではいかんせん、偉くなった秀吉を演じたものですから、自由に演じてくださいという感じで、所作の先生も私には付いていなかったぐらいです。今回の大河はそんなわけにはいかないし、(信幸は)生真面目なイメージの人なので、大変です。それとやはり一番大変なのは乗馬ですね。「力を抜いてただ乗ってください」とアドバイスを頂くのですが、なかなか難しくただ乗っているとただただ尻を強打するだけで(笑)。本気に痛くて(笑)。

-大河の独特の雰囲気は感じていますか。

 やっぱりスケールがでかい。映画にも負けないぐらいスケールが大きい気がします。

-堺さんは「見たこともない大泉洋さんが見られる」とおっしゃっていましたし、脚本の三谷幸喜さんと大泉さんが組むと面白いシーンがあるのではないかというファンの期待も生まれますが、今回はどういう感じになりそうですか。

  見事に両方ありますね。やはりコミカルな部分もあるんですよ。ギャグで笑わせるわけではなくて、ちょっとした設定とちょっとしたずれと、せりふまわしで面白い。でも一方では、堺さんが言ったような「見たことのない大泉洋が見られる」といったシーンも用意してくれています。役者をやっていてここまでかっこいいせりふを言ったことがないというせりふも言いましたね。かっこ良過ぎてニヤニヤしちゃいました(笑)。

-「まれ」に出演後、ファンの変化は?

  知名度は圧倒的につきましたね。「まれちゃんのお父さん」って遠くから声を掛けてくれる人が増えました(笑)。

-いいタイミングで大河へと続きましたね。

 責任の重さを感じます。何しろ大河ドラマも影響力が大きいですから。

-真田家の地元、長野県上田市が注目を集めていますが、以前も映画『青天の霹靂』のロケで訪れていますね。上田の魅力は何でしょうか。

 食べ物がおいしいし、お店の雰囲気も良いんです。『青天の霹靂』の撮影でお世話になった「上田映劇」はかなり老朽化していて、人に貸すのに大変苦労されているので、何か上田映劇のためにお役に立てないかと考えているんですが…。とにかく上田は人が素晴らしいので、私が愛してやまない町です。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top