長澤まさみ「クリスマスの思い出は仕事」 博多華丸「サンタの手紙が博多弁で…」

2015年12月19日 / 14:20

ジバニャンの飼い主エミちゃんを演じた長澤まさみ

 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、声優を務めた長澤まさみ、博多華丸・大吉ほかが登壇した。

 本作は、大ブームとなった「妖怪ウォッチ」の映画第2弾。五つのエピソードからなる物語で、それらのエピソードが交わる時、人間界と妖魔界を股に掛ける大冒険が始まる。長澤は、ジバニャンが生きていたころの飼い主エミちゃんを、博多華丸・大吉は妖怪の犬まろ、猫きよを演じた。

 本作にはクリスマスにちなんだ物語もあることから、クリスマスの思い出を聞かれた長澤は「いつも仕事のイメージがあるんですよね。でも、今年は友達とクリスマスパーティーをやろうという話をしている」と笑顔を浮かべた。

 さらに、今年1年を「落ち着いて仕事と向き合えた年だったかなと思いました」と振り返ると、「エミちゃんを演じたことで、夢に向かって突き進んでいる人のかっこ良さをあらためて感じたので、エミちゃんみたいになれるように頑張りたい」と語った。

 また、クリスマスの思い出について、華丸が「5年生ぐらいの時に、朝目が覚めたら枕元に5千円があって、手紙に『これで好きなもんば買いや』って博多弁で書かれていた時に、おや? と。(サンタは)北欧から来てるはずなのに…」と笑わせると、大吉も「うちも来る年と来ない年があって、何で来なかったのってお母さんに(聞いたら)、『来たは来たけど手ぶらやった』って言われたことをすごく覚えています」と続けて、会場を盛り上げた。

 この日は、日野晃博クリエイティブプロデューサーも出席。妖怪ウォッチの生みの親である日野氏から、来年も「妖怪ウォッチ」の映画を製作することが明かされた。さらに、日野氏は「実写かもしれません。(ジバニャンは)恐らくCGとかを使う」とコメントした。

 (前列左から)フユニャン、堀ちえみ、ジバニャン、長澤まさみ、USAピョン、(後列左から)日野晃博氏、博多華丸・大吉、小桜エツコ

(前列左から)フユニャン、堀ちえみ、ジバニャン、長澤まさみ、USAピョン、(後列左から)日野晃博氏、博多華丸・大吉、小桜エツコ


芸能ニュースNEWS

竹内涼真、写真集の出来に「自信はあります」 “ギャランドゥ”も披露「そらなくてよかった」

トレンド2018年7月21日

 写真集『Ryoma Takeuchi』の発売記念イベントが21日、東京都内で行われ、俳優の竹内涼真が出席した。 続きを読む

福士蒼汰、真野恵里菜に「結婚おめでとう」と祝福 杉咲花は吉沢亮と「会話ができてうれしかった」

映画2018年7月21日

 映画『BLEACH』の公開記念舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮、小柳友、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、佐藤信介監督が登場した。  本作は、死神を代行するはめになった高校生の黒崎一護(福士)が、 … 続きを読む

黒木華「親の強さに『ありがとう』って…」 “家族愛”を感じる瞬間は実家に帰った時

映画2018年7月21日

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が浴衣姿で登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん” … 続きを読む

バカリズムが2.5次元舞台の脚本に初挑戦 佐奈宏紀「僕たちなりの笑いを信じる」

舞台・ミュージカル2018年7月21日

 舞台「ひらがな男子」の初日会見が20日、東京都内で行われ、出演者の佐奈宏紀、高橋健介、武子直輝、後藤大、演出の川尻恵太が登壇した。  本作は、日本テレビで放送中の「アイキャラ」から生まれたキャラクター「ひらがな男子」を基にした舞台で、芸人 … 続きを読む

西銘駿「人の命の重さを感じられる作品」 主演舞台「ダンガンロンパ3」が開幕

舞台・ミュージカル2018年7月20日

 舞台「ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018~The End of 希望ヶ峰学園~」の囲み取材が20日、東京都内で行われ、出演者の西銘駿、岡本夏美、神永圭佑、飯田里穂、竹若元博(バッファロー吾郎)らが出席した。  本作は、ハイスピ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top