長澤まさみ「クリスマスの思い出は仕事」 博多華丸「サンタの手紙が博多弁で…」

2015年12月19日 / 14:20

ジバニャンの飼い主エミちゃんを演じた長澤まさみ

 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、声優を務めた長澤まさみ、博多華丸・大吉ほかが登壇した。

 本作は、大ブームとなった「妖怪ウォッチ」の映画第2弾。五つのエピソードからなる物語で、それらのエピソードが交わる時、人間界と妖魔界を股に掛ける大冒険が始まる。長澤は、ジバニャンが生きていたころの飼い主エミちゃんを、博多華丸・大吉は妖怪の犬まろ、猫きよを演じた。

 本作にはクリスマスにちなんだ物語もあることから、クリスマスの思い出を聞かれた長澤は「いつも仕事のイメージがあるんですよね。でも、今年は友達とクリスマスパーティーをやろうという話をしている」と笑顔を浮かべた。

 さらに、今年1年を「落ち着いて仕事と向き合えた年だったかなと思いました」と振り返ると、「エミちゃんを演じたことで、夢に向かって突き進んでいる人のかっこ良さをあらためて感じたので、エミちゃんみたいになれるように頑張りたい」と語った。

 また、クリスマスの思い出について、華丸が「5年生ぐらいの時に、朝目が覚めたら枕元に5千円があって、手紙に『これで好きなもんば買いや』って博多弁で書かれていた時に、おや? と。(サンタは)北欧から来てるはずなのに…」と笑わせると、大吉も「うちも来る年と来ない年があって、何で来なかったのってお母さんに(聞いたら)、『来たは来たけど手ぶらやった』って言われたことをすごく覚えています」と続けて、会場を盛り上げた。

 この日は、日野晃博クリエイティブプロデューサーも出席。妖怪ウォッチの生みの親である日野氏から、来年も「妖怪ウォッチ」の映画を製作することが明かされた。さらに、日野氏は「実写かもしれません。(ジバニャンは)恐らくCGとかを使う」とコメントした。

 (前列左から)フユニャン、堀ちえみ、ジバニャン、長澤まさみ、USAピョン、(後列左から)日野晃博氏、博多華丸・大吉、小桜エツコ

(前列左から)フユニャン、堀ちえみ、ジバニャン、長澤まさみ、USAピョン、(後列左から)日野晃博氏、博多華丸・大吉、小桜エツコ


芸能ニュースNEWS

「極主夫道」“龍”玉木宏がスイーツカフェを開店 「スイーツの世界観が極道過ぎて笑った」

ドラマ2020年11月30日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第8話が、29日に放送された。  本作は、元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する様子を描く任侠コメディー。  今回は、龍たちが暮らす火竜町にスイー … 続きを読む

東啓介が初のソロコンサートを開催 「新たな自分を出していきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月30日

 東啓介1st Musical Concert「A NEW ME」が28日、東京都内で開催された。  「A NEW ME」は、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のアルフレート役、「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド~汚れなき瞳~」のエイモス役、「 … 続きを読む

「危険なビーナス」“勇磨”ディーン・フジオカに反響 「おディーンさまには勝てる気がしない」

ドラマ2020年11月30日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第8話が、29日に放送された。  伯朗(妻夫木)は、自宅に突然押しかけてきた牧雄(池内万作)から、康治(栗原英雄)が行っていた、脳の研究記録を見つけてほしいと頼ま … 続きを読む

白濱亜嵐、観客の前で「ぴえん」を実演 映画『10万分の1』初日舞台あいさつ

映画2020年11月30日

 映画『10万分の1』初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)、平祐奈、優希美青、白洲迅、奥田瑛二と三木康一郎監督が登壇した。  本作は、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を患った女子高生・ … 続きを読む

中村獅童、おおいた和牛をPR 「脂の乗り具合がちょうどいい」

イベント2020年11月27日

 隠れ家的名牛「おおいた和牛」推しプロジェクトPR発表会が27日、東京都内で行われ、歌舞伎俳優の中村獅童が登場した。  10月に「おおいた和牛PR隊長」に就任した獅童は「最初は正直、何で僕なんだろうと思いましたが、大分は旅行でたびたび訪れて … 続きを読む

page top