舞台「Endless SHOCK」囲み取材(13年11月21日)詳報

2013年11月29日 / 01:34

 オリジナルミュージカル「Endless SHOCK」の3大都市縦断公演制作発表が21日、東京都内で行われ、主演するKinKi Kidsの堂本光一、屋良朝幸、内博貴が出席した。詳細は以下の通り。

 

――早くも来年の「SHOCK」がやってきましたね。

堂本 そうですね。9月に大阪での公演が終わったばかりなので不思議な感じなんですけど、いつもより短い期間の中で、また来年の発表という感じがしているんですね、自分的には。

――大阪公演が終わってすぐ来年の内容を決めなきゃという状況ですよね。

堂本 だから自分としてもいつもとなんか違う流れというか、そういう感じはしてます。でも変な話、「明日ステージに立て」って言われてもできる状態なので。それはなんかね、なあ、できるよな?

 で…き…ますねえ! はい、できますねぇ(笑)。

堂本 それぐらい、体はまだ9月にやっていた時の名残というのがあるので、だからすごくいい状態で臨めるかなという気はしています。

――まだ何も決まっていないと言いながらも、オーナー役(森公美子)が随分濃い方になりますから、だいぶ内容も変わってくるのではないですか?

堂本 そうですね。ぶっちゃけた話、以前は植草(克秀)さんがオーナーをやってくださっていて、それを女性に変えたらどうなるんだろうという話をしていたときに、例えばモリクミさんだったらどうなるんだろう、って話に出たことはあったんですね。モリクミさんって見ている方からしたら、温かく包み込んでくれる、なんか懐が深いというか、そういった感じがあると思うんです。だからカンパニーを見守る存在として、すごくいい存在になるんじゃないかな、と話をしていたことがあったんです。今回それが実現できるなと思っているので、楽しみですね。またきっと前田美波里さんとは違う役作りをしてくださると思いますし。

――森さんは「できればリカ役を」ということですから、3人が森さんを奪い合うみたいなことも?

堂本 強烈やな~。

 超見たいですよ。

屋良 強烈ですよ、それは。

――森さんがリカ役を演じるスペシャルな日をつくるとか。

堂本 (ドタドタ走った後に劇中のセリフ)「あなたも気付いて!」みたいな。

 ドーン!(と堂本に体当たり)

屋良 飛んでっちゃうよ。

 そのままはけちゃった、みたいな(笑)。

――後ろからコウイチにぎゅっと抱き付くシーンもありますよね?

堂本 後ろから「もうどこにも行かないで」で、ドーン!って。

 で、客席にビューン!って。

堂本 からのフライング!?

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top