【アニメコラム 先週の神回!】「Free!」12Fr「遥かなるフリー!」

2013年10月8日 / 12:45

 弾ける水しぶき。男性キャラクターのつややかな肉体美。春先から制作会社の宣伝CMで話題を集め、夏の到来とともにスタートした「Free!」。9月26日にTOKYO MXで放送された最終話「遙かなるフリー!」では、番組放送中1分あたりに平均932ツイート(※「アニメエンジン(β)」調べ)が投稿され、他作品の最終話を圧倒するツイート数で、「神回」と呼ぶにふさわしい盛り上がりを見せた。

 男子高校生の「友情」と「絆」をテーマとした、爽やかな青春ドラマが本作の見どころ。その中で描かれる、男の子同士の何げない会話やしぐさは、女性目線で見るとドキッとさせられる要素が満載だ。押し倒された遙の視点から、ポロポロと涙を流す凛を見上げるシーンには、いとしさで胸が詰まる。オープニング映像で意味ありげに映し出されていた涙の理由も、最終話でしっかりと回収されたところで、物語はいよいよクライマックスへ。

 最大の見せ場となるメドレーリレーでは、それぞれのキャラクターの性格を表した泳法が披露される。試合中という緊迫した状況とは裏腹に、水中では彼らの心の中を表現した幻想的な世界が、スローモーションで描写される。最高のメンバーとリレーができる喜びを全身で感じ、魚のように自由に泳ぐ遙たち。水中のカメラワークは、自身も高校時代水泳部だったという内海紘子監督の実体験に基づいた演出が生かされている。人間関係のわだかまりが解消された解放感と、水の中でのびやかに泳ぐキャラクターの動きが重なって、画面からは心地よさが伝わってくる。

 話題性、クオリティーともに最後まで期待を裏切らなかった「Free!」は、2013年の夏期アニメの中で最も注目された傑作の一つと言って間違いないだろう。エンドカードに記された「see you next summer…」の言葉は信じてもよさそうだ。(松田はる菜)

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

page top