家電好き芸人、チュートリアル・徳井義実さんが今注目の家電アイテムとは

2014年5月20日 / 10:15

 スマホやタブレットで、どこでも自宅のテレビが見られる“リモート視聴”というスタイルを可能にする家電が今、注目されている。家電好き芸人として知られるチュートリアルの徳井義実さんに、リモート視聴と、そのアイテムの魅力について語ってもらった。

 

――徳井さんは家電好き芸人としても有名ですが、家電を選ぶ際の基準は?

 そうですね。まずは便利であること。そしてデザインがかっこいいことかな。機能性を重視した家電って、事務的なフォルムが多いんですよね。

――好きな家電のジャンルは?

 う~ん、特定のというより、最近はテレビ関連のものにはまっています。

――レコーダーやテレビ本体ということでしょうか?

 僕、レコーダーは2台持っています。そうではなくて、テレビの“リモート視聴”って知っていますか? スマホやタブレットで、ネット経由でどこでも自宅のテレビを見るということなんですけど、めっちゃ便利ですよ!

――そのような家電があるんですね。

 「スリングボックス」という家電なのですが、自宅のレコーダーにつなぐことで、自宅のテレビをスマホやタブレットで見られる機械です。地デジ、自宅で契約しているBS/CS、レコーダーに録画した番組、セットしておけばDVDなどの映像ディスクも見られます。インターネットを経由してどんな場所でもテレビが楽しめるので、見たい番組を見逃すことがなくなりますよ。

――どのようなレコーダーにでも合うのでしょうか?

 もともとはD端子との接続をメインにしていましたが、今年の3月からHDMIとの接続を可能にしたセットも発売されています。これによって、今までより、ぐっと使いやすくなったのは間違いないですね。こういった機械はどちらかというとAV機器マニアの方なんかに好まれていましたけど、このスリングボックスは接続や設定が簡単ですから、誰にでも気軽に使えるところがいいですよね。スマホとタブレットのプレーヤーは、アプリケーションをダウンロード(有料)することで利用できます()。パソコンはブラウザで視聴するので無料です。タブレットとパソコンは画面上のリモコンで操作可能ですし、登録時に実際に使っているレコーダーと似たタイプのものが選べるところもうれしいですね。

――リモート視聴でよく見るテレビは?

 子どもの頃から広島カープファンなので、野球は欠かせないです。個人的に今年の注目は丸佳浩選手と、菊池涼介選手ですね。他には映画を見ることも多いかな。好きなジャンルはSF系とゾンビもの(笑)。映画の内容がネタづくりに影響することもありますよ。ゾンビの動きとか、すごく面白いじゃないですか! スポーツ中継に関しては、出先でどうしても見たくなりますね。今年はワールドカップも控えていますし。あと、僕はやりませんが地方で仕事をしている時とか、楽屋にテレビがなかったりすると「あの競馬のレース結果はどうなった?」とか芸人仲間が大騒ぎしてますよ(笑)。

――録画したドラマもリモート視聴しますか?

 毎週チェックする時間がないので、録りためて一気に見ることが多いです。収録の合間や移動中など、空いた時間にも見られますし。最近では「最高の離婚」(フジテレビ系)を。素晴らしいの一言でした。それに、「溺れる女たち~ミストレス~」という海外ドラマの声優をさせてもらったことがきっかけで、いろんな海外ドラマを見るようになりましたね。

――リモート視聴をしはじめて、生活は変わりましたか?

 時間と場所を選ばなくなったので、今まで手が回らなかった番組も見るようになりましたね。幅が広がったといいますか。例えば、BSやCSで放送しているマニアックな政治経済番組とか。なかなか地上波ではあまり長い尺をとってやらない、深く掘り下げていくような番組なんかを、ゆっくり見たりしてます。さまざまな番組を見られて、どこでも勉強できるところがいいですね。

――主に使用する端末を教えてください。

 iPadが多いですかね。持ち運びのしやすさと、画面の大きさが魅力です。でも、スリングボックスはiOS、Android、Windows、MacとOSや端末も好きに選べる。通信キャリアまで自由ですから、僕みたいな家電をいくつも持っているコアな人間の要望にも応えてくれます。

――この製品に目を付けたポイントは?

 このスリングボックスはコンパクトでインテリアの邪魔をせず、外見がかっこいいと思います。それに、スリングボックスはテレビのリモート視聴の先駆け的存在なんですよね。家電好きとしては、そこをリスペクトしているし、今後のさらなる進化にも期待しています!

 

本記事で紹介した「スリングボックス」の詳細を知りたい方は下記アドレスへ!
http://slingbox.jp/rd.php?aid=14014ad

 

>PRESENT!

ご応募いただいた方から抽選で1名様に
「スリングボックス350 HDMIセット」をプレゼント。
http://tvfan.kyodo.co.jp/present/726424 

 

製品名:スリングボックス350 HDMIセット
価格:27,600円+税
URL:http://www.slingbox.jp/
お問い合わせ:フロンティアファクトリー株式会社
(購入前のお問い合わせは下記リンクより)

https://secure.e-frontier.co.jp/support_slingbox/

 

)アプリ購入代金相当1500円分の電子マネーを、もれなくプレゼントするキャンペーン実施中。さらに、もし自宅環境で正常に動作しなかった場合には、購入代金を全額返金してくれる安心保証キャンペーンも。(リンク先参照)

アプリ無料キャンペーン

http://www.slingbox.jp/cp/cb8.html

全額返金キャンペーン

http://www.e-frontier.co.jp/camp/anshinsbx-pre/


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】西銘駿、舞台「ダンガンロンパ3」主演に「ワクワクが大きい」

アイドル2018年7月16日

 「ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」(初演14、再演16)、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE〜さよなら絶望学園」(初演15、再演17)に続く、舞台化シリーズ第3弾となる「ダンガンロンパ3 THE … 続きを読む

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月15日

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称 … 続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

映画2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われ … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】佐奈宏紀&長江崚行、バカリズムが描く「ひらがな男子」は「新しい波の中にある作品」

アイドル2018年7月13日

 日本テレビで放送中のバラエティー番組「アイキャラ」で、バカリズムの原案によって生まれた、ひらがなを擬人化したキャラクター「ひらがな男子」。ゲームアプリ、そして劇場版上映とメディアミックスで展開される中、7月20日からは舞台版が上演される。 … 続きを読む

劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年7月9日

 漫画家の夢破れた鈴愛(永野芽郁)の新たな人生を描く「人生・怒涛 編」で、鈴愛が出会う“魅惑のだめんず”の一人で、いっこうに新作が撮れない芸術家肌の映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工。今年公開された初の長編監督映画『blank13』で映画監 … 続きを読む

page top