家電好き芸人、チュートリアル・徳井義実さんが今注目の家電アイテムとは

2014年5月20日 / 10:15

 スマホやタブレットで、どこでも自宅のテレビが見られる“リモート視聴”というスタイルを可能にする家電が今、注目されている。家電好き芸人として知られるチュートリアルの徳井義実さんに、リモート視聴と、そのアイテムの魅力について語ってもらった。

 

――徳井さんは家電好き芸人としても有名ですが、家電を選ぶ際の基準は?

 そうですね。まずは便利であること。そしてデザインがかっこいいことかな。機能性を重視した家電って、事務的なフォルムが多いんですよね。

――好きな家電のジャンルは?

 う~ん、特定のというより、最近はテレビ関連のものにはまっています。

――レコーダーやテレビ本体ということでしょうか?

 僕、レコーダーは2台持っています。そうではなくて、テレビの“リモート視聴”って知っていますか? スマホやタブレットで、ネット経由でどこでも自宅のテレビを見るということなんですけど、めっちゃ便利ですよ!

――そのような家電があるんですね。

 「スリングボックス」という家電なのですが、自宅のレコーダーにつなぐことで、自宅のテレビをスマホやタブレットで見られる機械です。地デジ、自宅で契約しているBS/CS、レコーダーに録画した番組、セットしておけばDVDなどの映像ディスクも見られます。インターネットを経由してどんな場所でもテレビが楽しめるので、見たい番組を見逃すことがなくなりますよ。

――どのようなレコーダーにでも合うのでしょうか?

 もともとはD端子との接続をメインにしていましたが、今年の3月からHDMIとの接続を可能にしたセットも発売されています。これによって、今までより、ぐっと使いやすくなったのは間違いないですね。こういった機械はどちらかというとAV機器マニアの方なんかに好まれていましたけど、このスリングボックスは接続や設定が簡単ですから、誰にでも気軽に使えるところがいいですよね。スマホとタブレットのプレーヤーは、アプリケーションをダウンロード(有料)することで利用できます()。パソコンはブラウザで視聴するので無料です。タブレットとパソコンは画面上のリモコンで操作可能ですし、登録時に実際に使っているレコーダーと似たタイプのものが選べるところもうれしいですね。

――リモート視聴でよく見るテレビは?

 子どもの頃から広島カープファンなので、野球は欠かせないです。個人的に今年の注目は丸佳浩選手と、菊池涼介選手ですね。他には映画を見ることも多いかな。好きなジャンルはSF系とゾンビもの(笑)。映画の内容がネタづくりに影響することもありますよ。ゾンビの動きとか、すごく面白いじゃないですか! スポーツ中継に関しては、出先でどうしても見たくなりますね。今年はワールドカップも控えていますし。あと、僕はやりませんが地方で仕事をしている時とか、楽屋にテレビがなかったりすると「あの競馬のレース結果はどうなった?」とか芸人仲間が大騒ぎしてますよ(笑)。

――録画したドラマもリモート視聴しますか?

 毎週チェックする時間がないので、録りためて一気に見ることが多いです。収録の合間や移動中など、空いた時間にも見られますし。最近では「最高の離婚」(フジテレビ系)を。素晴らしいの一言でした。それに、「溺れる女たち~ミストレス~」という海外ドラマの声優をさせてもらったことがきっかけで、いろんな海外ドラマを見るようになりましたね。

――リモート視聴をしはじめて、生活は変わりましたか?

 時間と場所を選ばなくなったので、今まで手が回らなかった番組も見るようになりましたね。幅が広がったといいますか。例えば、BSやCSで放送しているマニアックな政治経済番組とか。なかなか地上波ではあまり長い尺をとってやらない、深く掘り下げていくような番組なんかを、ゆっくり見たりしてます。さまざまな番組を見られて、どこでも勉強できるところがいいですね。

――主に使用する端末を教えてください。

 iPadが多いですかね。持ち運びのしやすさと、画面の大きさが魅力です。でも、スリングボックスはiOS、Android、Windows、MacとOSや端末も好きに選べる。通信キャリアまで自由ですから、僕みたいな家電をいくつも持っているコアな人間の要望にも応えてくれます。

――この製品に目を付けたポイントは?

 このスリングボックスはコンパクトでインテリアの邪魔をせず、外見がかっこいいと思います。それに、スリングボックスはテレビのリモート視聴の先駆け的存在なんですよね。家電好きとしては、そこをリスペクトしているし、今後のさらなる進化にも期待しています!

 

本記事で紹介した「スリングボックス」の詳細を知りたい方は下記アドレスへ!
http://slingbox.jp/rd.php?aid=14014ad

 

>PRESENT!

ご応募いただいた方から抽選で1名様に
「スリングボックス350 HDMIセット」をプレゼント。
http://tvfan.kyodo.co.jp/present/726424 

 

製品名:スリングボックス350 HDMIセット
価格:27,600円+税
URL:http://www.slingbox.jp/
お問い合わせ:フロンティアファクトリー株式会社
(購入前のお問い合わせは下記リンクより)

https://secure.e-frontier.co.jp/support_slingbox/

 

)アプリ購入代金相当1500円分の電子マネーを、もれなくプレゼントするキャンペーン実施中。さらに、もし自宅環境で正常に動作しなかった場合には、購入代金を全額返金してくれる安心保証キャンペーンも。(リンク先参照)

アプリ無料キャンペーン

http://www.slingbox.jp/cp/cb8.html

全額返金キャンペーン

http://www.e-frontier.co.jp/camp/anshinsbx-pre/


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top