【軍師官兵衛インタビュー】江口洋介、“岡田官兵衛”の「活躍楽しみ」 官兵衛の運命を変えたカリスマ・織田信長役

2014年5月2日 / 17:39

織田信長役の江口洋介

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」に織田信長役で出演している俳優の江口洋介がインタビューに応じ、信長への思いや魅力、撮影中のエピソードを語った。

 江口が演じる織田信長は、広い視野と天才的な発想で大胆な改革を次々に実行し、日本の社会を中世から近世へと大転換させた革命児。その革新性に憧れと期待を抱いていた黒田官兵衛(岡田准一)にも大きな影響を与え、「官兵衛の運命を変えたカリスマ」とされる。しかし、その非情さに官兵衛もやがて危うさを感じるようになり、最期は非業の死を遂げた人物だ。

-これまで織田信長を演じてきた印象を聞かせてください。

  信長は冷徹な印象が強い人物だと思いますが、今回は『岡田くんが演じる官兵衛との絆を大切にした“青春グラフィティー”をイメージして描きたい』という話を撮影に入る前に聞いていたので、その延長線上にある信長像を演じようと思いました。信長の持っている独創性や狂気性、一から時代を切り開き『信長がいなかったら今の日本はどうなっていたのか』と思わせる部分もありますが、官兵衛との関係性を大切にする、そんな信長だと思っています。

-信長を演じるに当たり、事前に何か準備されましたか。

  出演が決まってからさまざまな本や資料を読み、勉強はしたのですが「このドラマの中で僕が演じる信長はどんなふうに存在するべきか」を考えることの方が大切だと思い、前もって準備をするのではなく、現場でスタッフと相談しながら作っています。

-演じる上で大切にされていることはありますか。

  信長が生きた厳しい時代の緊張感を、限られた出演シーンの中で表現できればいいと思っています。スタッフも「もっと怖く、信長の持つ威圧感をどう出していきましょうか」と聞いてくれますし、アイデアを出し合いながらやらせてもらっていますね。

-ドラマの中ではお茶を好むなど、これまであまり描かれなかった信長が登場しますが。

  冷徹で残虐なイメージのある信長が茶会を楽しんでいたというのは面白いし、興味深いです。スタッフが信長を描くに当たってとても楽しみながら想像力を使って取り組んでくださり、信長が持っていた美意識を表現してくれています。

-茶会のシーンではとても高価な茶器が小道具として使われたと聞きました。

  かなり高価なものだろうと思っていましたが、それを役者に伝えると演技に支障を来すと思ったのか、事前にスタッフからそういうことは聞きませんでした。演技中に手が滑りそうになって、スタッフ全員がヒヤッとした顔になった瞬間はありましたけど…(笑)。

-大河ドラマならではの豪華なセットはいかがですか。

  本当に素晴らしいです。撮影前に「信長の個性が分かるようなセットにします」と聞いてはいましたが、赤いろうそくや血のような色のセットの中で、信長がソファーに座ってワインを飲んでいるという演出には驚きました。ちょっと疲れそうなセットですが、信長を演じているとエネルギーが湧いてくる感覚がします。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top