【軍師官兵衛インタビュー】陣内孝則「岡田准一くんはスケールが大きい」 演じた宇喜多直家の人気に驚き

2014年4月28日 / 14:44

宇喜多直家役の陣内孝則

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」に宇喜多直家役で出演している陣内孝則がインタビューに応じ、直家の印象や知名度、人気への驚き、黒田官兵衛役の岡田准一や、官兵衛を取り巻く家臣を演じる若手俳優の芝居への取り組み方について、先輩俳優の立場から語った。

  陣内が演じる直家は、一代で備前と美作の国主にまで上り詰めた陰謀家。毒殺や謀殺、裏切りなど手段を選ばずに成り上がり、その悪らつさで官兵衛を大いに翻弄した人物としても知られる。

-宇喜多直家を演じてみていかがでしたか。

  僕は歴史物のゲームはやらないので、若い人が(ゲームを通して)直家をよく知っていることが意外でびっくりしました。演じるに当たって(直家について)いろいろな本を読んでみたら、人を食ったところのあるいかにも“ザッツ戦国大名”という感じで面白かった。ただ、ヒットマンを雇って短筒で殺したり、毒殺したりというイメージがあるので、現場に高いメロンパンを差し入れたらスタッフから「毒入りじゃないでしょうね…」と言われました(笑)。

-直家を演じるに当たって心掛けたことはありますか。

 直家のポリシーというか、戦国大名として生きていくための指針みたいなものをしっかり持って演じなくてはいけないと思いました。彼にとっては、おじいさんが目の前で殺された経験がスタート地点なので、勝ち抜くことが正義なんです。直家には直家なりの正論や言い分があって、だからこういう生き方をしたんだということを自分なりに考えてイメージしながら演じたつもりです。

-「生き残った者が勝つんだ」という直家のせりふもありますが、彼は登場人物の中でも特に“生き残ること”に長けているような感じがしますね。

 この時代を最も象徴的に体現する人ではないかと思います。あっちに付いたりこっちに付いたりして人を裏切ってばかりですが、直家にとっては決して卑怯なことではなく、生き抜くためには必要なことなんです。当時は生きるか死ぬかの世の中だし、ましてや家臣もいれば家族もいる。それを守るためにどうするかを考えたときに、直家は悪党と言われながらも彼なりの生き方をしたんだと解釈しています。「こういう生き方もあるよな」と思って、チャーミングに演じたいと思いました。

-要所要所で直家が与えるインパクトは強烈ですよね。

 直家にはほかにもいろいろなエピソードがあるのですが、あくまでもドラマの主役は官兵衛なので、直家についてはこれが精いっぱいの描き方だったと思います。

-直家は人を信じない男。自分で考えて決断していく男という印象を受けます。

 流されないというか、自分の物差しを持っている人なんでしょうね。台本はもちろん創作の部分もあると思いますが、史実に即して書かれています。直家はかなり情報活動に長けていてある意味ではCIAのような人です。戦をするよりもヒットマンを雇った方が早いと考える、非常に合理的で現代的な感覚を持っています。織田信長の危うさも予測しているような、かなり先を見据えた人物として描かれているので、そこが魅力的ですね。

-宇喜多直家という人の魅力はどのように感じていますか。

 相手が信長であろうと毛利であろうと、決してこびずに確固たる自分を持っているところでしょうか。こびているように見せかけながら自分の生き方を通しているところが魅力的でした。官兵衛にアドバイスすらしてしまうようなところもいいですよね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】新型コロナウイルスの感染拡大の今こそ見たい映画2 「恐怖は、ウイルスより早く感染する」『コンテイジョン』

映画2020年4月9日

 前回は、ウイルスの恐怖を描いた『復活の日』(80)と『アウトブレイク』(95)を紹介したが、もう一本、忘れてはならない映画がある。未知のウイルスによる感染症がアメリカで発生し、やがて世界中にまん延していく様子を描いた『コンテイジョン』(1 … 続きを読む

【インタビュー】配信型演劇フェスティバル「Ohineri(オヒネリ)」主催・Office ENDLESS下浦貴敬 自粛が続く演劇界で新たな試み「座席にいなくても、その先には観客がいる」

舞台・ミュージカル2020年4月9日

 新型コロナウイルスの感染拡大で数々の演劇公演や音楽コンサートが中止となっている今、活動の場を失ったエンターテイナーたちに少しでも活動の場を作りたいという思いから企画された、配信型演劇フェスティバル「Ohineri(オヒネリ)」。同イベント … 続きを読む

【芸能コラム】ドラマ界にジャニーズ旋風! 4月クールの九つのドラマに32人が出演

ドラマ2020年4月9日

 注目ドラマが目白押しの4月クール。その中で目立つのはジャニーズ所属タレントの勢いのよさだ。昨今、今井翼、渋谷すばる、錦戸亮、中居正広らの退所、滝沢秀明の芸能活動引退、嵐の年内での活動休止など、ファンにとっては寂しいニュースが多いジャニーズ … 続きを読む

【芸能コラム】星野源&綾野剛W主演の「MIU404」、中島健人&平野紫耀の「未満警察ミッドナイトランナー」… お薦めの4月期ドラマを紹介!

ドラマ2020年4月7日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、在宅時間が長くなり、時間を持て余している人も多いのではないだろうか。こんなときだからこそ、あえてウイルスに対する不安から逃れるひと時がほしい。   そんな中、TBSはドラマ「半沢直樹」「MIU404 … 続きを読む

「信秀から信長へ。ここからが新しい時代の幕開けです」高橋克典(織田信秀)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年4月5日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。第七回から織田信長(染谷将太)も登場し、いよいよ役者がそろってきた。その一方で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)のライバルとして物語を盛り上げてきた信長の父・織田信秀 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top