渡辺謙」に関連する47件の記事

「西郷が次の時代に向かっていく根源的なエネルギーを受け渡したいと思いながら演じていました」渡辺謙(島津斉彬)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年4月22日

 薩摩藩主として幕政改革を目指した島津斉彬が、志半ばにして非業の死を遂げた。敬愛する主君を失った吉之助(鈴木亮平)の生涯は今後、大きな波乱を迎えることとなる。第1回からその圧倒的な存在感で作品を支えてきた斉彬役の渡辺謙が、撮影の舞台裏、「俳優としての基礎・・・続きを読む

鈴木亮平「西郷どん」特別塗装機に大感激! 「ロマンが広がります」

TOPICS2018年4月21日

 日本航空 大河ドラマ「西郷どん」特別塗装機のお披露目会が21日、東京都内の羽田空港第1旅客ターミナルで行われ、特別ゲストとして、西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平が登場した。  格納庫で行われたお披露目会では、「西郷どん」のタイトル文字とともに、鈴木のほか・・・続きを読む

「根底に優しさがあるのが、今回の家定の特徴です」又吉直樹(徳川家定)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年4月16日

 黒船来航への対応を巡り、混乱が続く江戸幕府。その頂点に君臨するのが、篤姫(北川景子)の夫でもある第13代将軍・徳川家定だ。演じるのは、お笑いコンビ“ピース”として活動するほか、作家としても『火花』で芥川賞を受賞するなど、マルチに活躍する又吉直樹。奇行を繰り・・・続きを読む

「篤姫と斉彬の関係には、私自身が渡辺謙さんを尊敬する気持ちが表れています」北川景子(篤姫)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年4月8日

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の養女として、主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)を伴って江戸にやってきた篤姫。紆余(うよ)曲折を経ながらも、ついに将軍・徳川家定(又吉直樹)の正室(=御台所)となった。やがて大奥を取り仕切り、徳川家を支える存在として、激動の幕末・・・続きを読む

【芸能コラム】鈴木亮平、渡辺謙、北川景子… 視聴者を引き付ける俳優陣の熱演 「西郷どん」

ほぼ週刊芸能コラム2018年3月27日

 放送開始から3カ月が経過した大河ドラマ「西郷どん」。視聴率も14パーセント台を維持し、幅広い人気を集めている様子がうかがえる。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた主人公・西郷吉之助(後の隆盛)が、藩主・島津斉彬に見いだされ、参勤交代に伴って江戸へ来訪。現在・・・続きを読む

「篤姫役の北川景子さんがとてもかれんなので、張り切って演じています(笑)」南野陽子(幾島)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年3月25日

 次期将軍の座を巡り、井伊直弼(佐野史郎)を中心とする南紀派と島津斉彬(渡辺謙)ら一橋派の対立が続く中、篤姫(北川景子)の将軍家輿入れをもくろむ斉彬が招いた教育係が幾島だ。薩摩の姫に過ぎなかった篤姫に対して厳しくも愛情豊かに接し、将軍の妻にふさわしい女性・・・続きを読む

「由羅は島津家のキーパーです」小柳ルミ子(由羅)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年3月18日

 黒船来航に危機感を覚え、幕政改革を画策する斉彬(渡辺謙)だが、島津家内部では前藩主である父・斉興(鹿賀丈史)との不仲が続く。その中で独特の存在感を発揮しているのが、斉興の側室・由羅だ。“お由羅騒動”としてその名を残すなど、悪女として知られる由羅を演じるの・・・続きを読む

「満佐の優しさや愛情深いところは、吉之助に受け継がれています」松坂慶子(西郷満佐)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年2月18日

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の周辺で少しずつ時代が動き始める中、吉之助(鈴木亮平)が結婚。だがその一方、祖父・龍右衛門(大村崑)、父・吉兵衛(風間杜夫)、母・満佐が相次いで亡くなり、吉之助は文字通り西郷家の大黒柱となった。吉之助を愛情深く見守ってきた満・・・続きを読む

「赤山の最期の場面は、鈴木亮平くんに『これから1年間頑張って』という気持ちを込めました」沢村一樹(赤山靭負)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年1月28日

 かねて折り合いが悪かった島津斉興(鹿賀丈史)と嫡男・斉彬(渡辺謙)親子の対立が、薩摩藩主の座を巡るお家騒動に発展。ついに斉興が家中の斉彬派を粛清する“お由羅騒動”が勃発した。この事件に巻き込まれたのが、吉之助(鈴木亮平)が師と仰ぐ赤山靭負(ゆきえ)。斉彬・・・続きを読む

【芸能コラム】今後に期待を抱かせる大河ドラマ「西郷どん」 快調な滑り出し

ほぼ週刊芸能コラム2018年1月27日

 幕末の英雄・西郷隆盛の波乱の生涯を描くNHK大河ドラマ「西郷どん」。先週放送された第3回までは、薩摩藩の下っ端役人として働き始めた主人公・西郷吉之助(隆盛)が、数々の理不尽な出来事に直面し、苦悩する姿が描かれてきた。現在は、吉之助が隆盛へと成長していくため・・・続きを読む

「無鉄砲でも当たってみることが大事ということを吉之助さんから学んでいます」鈴木亮平(西郷吉之助/西郷隆盛)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年1月1日

 2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、林真理子氏の小説を原作に、二度の島流しと三度の結婚を経て、明治維新を成し遂げた幕末の英雄・西郷隆盛の激動の生涯を描く。主人公・西郷吉之助(隆盛)を演じるのは、大河ドラマ初出演となる鈴木亮平。男性からも女性からも・・・続きを読む

渡辺謙、会見で不倫騒動を謝罪 「妻に悲しい思いをさせてしまった」

TOPICS2017年7月15日

 俳優の渡辺謙が15日、東京都内で会見を開き、今年3月に一部週刊誌で報じられた30代の女性との不倫騒動について謝罪した。  グレーのスーツ姿で現れた渡辺は「この春に出ました記事に関しては、おおむね事実でございます」と認めると「本当に私の軽率、ふがいない行・・・続きを読む

杏、父親・渡辺謙の不倫報道に無言 イベントでは家電リサイクルの魅力を語る

TOPICS2017年3月31日

 三菱電機イベントスクエア「METoA Ginza」1周年記者発表会が31日、東京都内で行われ、ゲストとして女優の杏が登壇した。 ワークショップなどを通して三菱製品を“見て触れて体験できる”同所は昨年オープンし、今日で1周年を迎える。また、来場者が100万・・・続きを読む

【インタビュー】『怒り』李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ「10年後、20年後にも生き続ける映画」

インタビュー2017年3月14日

 数々の映画賞を受賞した『悪人』(10)の李相日監督の下、豪華キャストが集結したヒューマンミステリー『怒り』。東京、千葉、沖縄を舞台に、未解決の殺人事件の容疑者と目される3人の男と周囲の人々の関係を通して、さまざまな問題をあぶり出していく骨太な作品である。・・・続きを読む

渡辺謙「ダイワファンドラップ プレミアム」新CMに出演 自身には「石橋をたたき壊して飛び越す」破天荒な一面も

TOPICS2016年12月26日

 大和証券「ダイワファンドラップ」TV-CMシリーズの最新作「裏切り者がいる」篇 episode4が、29日から全国でオンエアされる。CMには前回に引き続き、俳優の渡辺謙、吹越満、滝藤賢一、橋本さとしが出演。前回の撮影から約1年ぶりに“破天荒な4人組”が再・・・続きを読む

トレンディエンジェル斎藤司、流行語大賞獲得へ作戦 『君の名は。』と言われても「斎藤さんだぞ!」

TOPICS2016年11月21日

 “2016年最も輝いた男たち”を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2016」授賞記者会見が21日、東京都内で行われ、受賞者の吉川晃司、菅田将暉、トレンディエンジェル、柔道家のベイカー茉秋選手、陸上男子400メートルリレー日本代表の飯塚翔太選・・・続きを読む

菅田将暉、自身の考える男とは「面(つら)」 デビュー作共演の吉川晃司との再会に「緊張がほぐれた」

TOPICS2016年11月21日

 “2016年最も輝いた男たち”を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2016」の授賞記者会見が21日、東京都内で行われ、受賞者の吉川晃司、菅田将暉、トレンディエンジェル、柔道家のベイカー茉秋選手、陸上男子400メートルリレー日本代表の飯塚翔太・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第19回 妻夫木聡&綾野剛 俳優がLGBTを演じることの意義 『怒り』ほか

コラム2016年9月20日

 21世紀に入って世界中で脚光を浴びるようになった“LGBT”と呼ばれる性的マイノリティーの存在。それは今や、映画界にとっても大きな関心事となっている。 世界で初めて性別適合手術を受けた人物とその妻を主人公にした『リリーのすべて』(15)、育児放棄されたダウン症の・・・続きを読む

宮崎あおい“父”渡辺謙に感謝のコメント 「娘役を1回でも演じられたことが幸せ」

TOPICS2016年9月17日

 映画『怒り』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李相日監督が登壇した。 吉田修一氏の小説を映画化した本作は、1年前の未解決殺人事件を軸に、千葉、東京、沖縄を舞台に・・・続きを読む

渡辺謙「身を削るようにして作った」 主演映画ジャパンプレミアで感無量

TOPICS2016年9月14日

 映画『怒り』のジャパンプレミアが14日、東京都内で行われ、出演者の渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李相日監督が登壇した。 吉田修一氏の小説を映画化したこの作品は、1年前の未解決殺人事件を軸に、千葉、東京、沖縄を舞・・・続きを読む

page top