岡田准一「つかみどころのない役は難しかった」 「他のみんながうらやましかった」

2018年12月8日 / 14:13

オカルトライターを演じた岡田准一

 映画『来る』の公開初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、松たか子、妻夫木聡、中島哲也監督が登壇した。

 本作は、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を映画化したもの。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く。

 “あれ”の調査を行うオカルトライターの野崎を演じた岡田は、撮影を振り返り「難しかった。つかみどころのない役だし、受け身なので」と苦笑い。

 「オカルトライターなので(怪奇現象を)体験していく役柄。リアクションを続けていくのだけど、世界最強の霊媒師とか、取り付かれるといったことも何もないので、(共演した)みんなをうらやましく思って見ていました」と苦労を振り返った。

 毒舌で知られる中島監督は「そういう役こそ難しい。さほど見せ場もないからね」としつつ、「確固たる癖がある役は誰でもできますから」とコメント。妻夫木が「ついに本性を現してきたな」と返して、笑いを誘った。

 そんな妻夫木は、中島監督と組むのは3度目。「僕が『渇き。』に出たときは、『面白いことを何かやって』と言われ、一つ面白い芝居をやってみると『また違うやつ』みたいな。雑な演出だった」とエピソードを披露。

 中島監督は「基本的には男優に興味がない。失敗したときに皮肉を言うぐらい。男は見ていても面白くない」と語り、これには岡田と妻夫木も「ひど~!」と声をそろえた。

 それでも、2人について「全然タイプが違う俳優さん。この2人の掛け合いは個人的にはものすごい刺激的だったし、面白かった。これから2人でバディムービーとかやればいいじゃない?」と話した中島監督。

 岡田から「じゃあ撮ってくれますか?」と聞かれると「僕はやらないけど」と即答し、岡田らを爆笑させた。

(左から)中島哲也監督、小松菜奈、松たか子、岡田准一、妻夫木聡、黒木華、青木崇高


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top