岡田准一「つかみどころのない役は難しかった」 「他のみんながうらやましかった」

2018年12月8日 / 14:13

オカルトライターを演じた岡田准一

 映画『来る』の公開初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、松たか子、妻夫木聡、中島哲也監督が登壇した。

 本作は、第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を映画化したもの。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く。

 “あれ”の調査を行うオカルトライターの野崎を演じた岡田は、撮影を振り返り「難しかった。つかみどころのない役だし、受け身なので」と苦笑い。

 「オカルトライターなので(怪奇現象を)体験していく役柄。リアクションを続けていくのだけど、世界最強の霊媒師とか、取り付かれるといったことも何もないので、(共演した)みんなをうらやましく思って見ていました」と苦労を振り返った。

 毒舌で知られる中島監督は「そういう役こそ難しい。さほど見せ場もないからね」としつつ、「確固たる癖がある役は誰でもできますから」とコメント。妻夫木が「ついに本性を現してきたな」と返して、笑いを誘った。

 そんな妻夫木は、中島監督と組むのは3度目。「僕が『渇き。』に出たときは、『面白いことを何かやって』と言われ、一つ面白い芝居をやってみると『また違うやつ』みたいな。雑な演出だった」とエピソードを披露。

 中島監督は「基本的には男優に興味がない。失敗したときに皮肉を言うぐらい。男は見ていても面白くない」と語り、これには岡田と妻夫木も「ひど~!」と声をそろえた。

 それでも、2人について「全然タイプが違う俳優さん。この2人の掛け合いは個人的にはものすごい刺激的だったし、面白かった。これから2人でバディムービーとかやればいいじゃない?」と話した中島監督。

 岡田から「じゃあ撮ってくれますか?」と聞かれると「僕はやらないけど」と即答し、岡田らを爆笑させた。

(左から)中島哲也監督、小松菜奈、松たか子、岡田准一、妻夫木聡、黒木華、青木崇高


芸能ニュースNEWS

葵わかな、木下晴香とWキャストでミュージカル 「晴ちゃんは親友、同志でもありライバル」

舞台・ミュージカル2019年11月12日

 ミュージカル「アナスタシア」制作発表会見が12日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、木下晴香、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴、山本耕史、堂珍嘉邦、麻実れいが出席した。  本作は、帝政ロシア時代最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ、一族が殺害され … 続きを読む

梅沢富美男、徳井義実や田代まさしをバッサリ 「今年の芸能界は情けない話ばかりだった」

トレンド2019年11月12日

 「イトーヨーカドー クリスマスケーキ・おせち試食会」が12日、東京都内で行われ、俳優の梅沢富美男が登場した。 続きを読む

広瀬すず、ルパン三世にぞっこん 「衝撃的な格好良さ。結婚したい」

映画2019年11月12日

 映画『ルパン三世 THE FIRST』の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、声優の栗田貫一、小林清志、浪川大輔、ゲスト声優の広瀬すず、藤原竜也と山崎貴監督が出席した。  本作は、ルパンの映画としては23年ぶり(コラボ作品を除く)で、 … 続きを読む

大森南朋「今年一番“粋”だった場面はラグビーW杯」 年末年始は「家族でゆっくり過ごしたい」

トレンド2019年11月11日

 「メンズコスメブランドIKKI 新商品発表記念イベント」が11日、東京都内で行われ、アンバサダーを務める俳優の大森南朋が登場した。 続きを読む

堤真一、岡村隆史と忠臣蔵の聖地でヒット祈願 大石内蔵助の墓前で「申し訳ありませんでした」

映画2019年11月11日

 映画『決算!忠臣蔵』公開直前イベントが11日、東京都内の泉岳寺で行われ、出演者の堤真一、岡村隆史と中村義洋監督が出席した。  本作は、限られた予算の中であだ討ちを行おうと苦労する赤穂浪士たちの姿を描いた時代劇コメディー。  この日は、討ち … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top