• 特集・インタビュー

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「幻の東京オリンピックがあったことを初めて知りました」塚本晋也(副島道正)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月7日

 1938(昭和13)年、オリンピック招致の中心的存在だった嘉納治五郎(役所広司)を失った日本は、日中戦争の激化に伴い、既に決まっていた東京開催を返上する。周囲の状況を冷静に判断し、嘉納の遺志を受け継いだ田畑政治(阿部サダヲ)らの反対を押し … 続きを読む

ドラマを支えるVFXの舞台裏は「日本では今までやってこなかったような新しい試み」尾上克郎(VFXスーパーバイザー)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月6日

 東京でのオリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争に突入。終わりの見えない戦争へと向かう中、オリンピックに懸ける田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)たちの思いはどうなるのか…? ますます目が離せなくなってきた大河ドラマ「いだてん … 続きを読む

「せわしなく動き回る田畑と、落ち着きがあって重心の低い河野の対比が面白い」桐谷健太(河野一郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月6日

 1943(昭和18)年、太平洋戦争に突き進む日本は、戦地に学生たちを送り出す出陣学徒壮行会を実施する。その会場に選ばれたのは、オリンピック開催を夢見て嘉納治五郎(役所広司)が建設したはずの神宮外苑競技場。皮肉な巡り合わせとなったその場には … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」SUMIRE テレビドラマ初出演で女優としての成長を実感 次は「ハッピーな役」を希望

ドラマ2019年10月4日

 女性ファッション誌「装苑」の専属モデルであり、現在は女優としても活動し、映画『リバーズ・エッジ』では摂食障害を持つレズビアンの女子高校生・吉川こずえ役を演じて注目を集めたSUMIRE。映画の仕事が続く中、初めてテレビドラマに出演する彼女が … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「トップリーグ」玉山鉄二 新時代の俳優に必要なものは「企画力」

ドラマ2019年10月3日

 総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだ「トップリーグ」と呼ばれる記者を主人公に、メディアと権力の裏側を描いた衝撃的政治サスペンス「連続ドラマW トップリーグ」。主演の玉山鉄二が、本作を通して改めて考えさせられたという“情報”との向き合い … 続きを読む

【2.5次元】赤澤遼太郎&北川尚弥&立石俊樹インタビュー 映画『先生から』で見せる新たな一面「憧れに一歩踏み込めた」

映画2019年10月1日

 主演の赤澤遼太郎を筆頭に、北川尚弥、立石俊樹ら若手俳優たちが、映画初出演を果たした『先生から』。「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の三つのパートで構成される本作は、 “先生”の過去を振り返りながら青年たちの友情、恋愛、夢 … 続きを読む

【インタビュー】新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」上演!尾上菊之助「劇場にお越しいただければ楽しんでいただく自信がある」

舞台・ミュージカル2019年10月1日

 12月6日から、東京・新橋演舞場で新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」が上演される。宮崎駿作の伝説の漫画が歌舞伎舞台化されるとあって、大きな話題となっている。本作で、主人公ナウシカ役を演じる尾上菊之助に話を聞いた。 -この作品に携わることについ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「どれミゼラブル!」金田哲、苦手意識もあった舞台出演を決めたきっかけは「心を動かされる体験を味わってほしい」

舞台・ミュージカル2019年10月1日

 入居した俳優は必ず売れると言われる、伝説のアパート「コーポ・レミゼ」に、地方から上京してきた俳優志望の若者が入居したことから起こる珍騒動を描いた舞台「どれミゼラブル!」が10月3日から上演される。俳優を夢見て上京してきた若者を、本作が単独 … 続きを読む

【映画コラム】平凡な日々こそがいとおしい『エセルとアーネスト ふたりの時間』

映画2019年9月30日

 『スノーマン』『風がふくとき』などで知られるイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグスが、自身の両親の人生を描いた絵本を、アニメーション映画化した『エセルとアーネスト ふたりの時間』が公開中だ。  1928年、牛乳配達のアーネスト(声:ジム … 続きを読む

31歳で“朝ドラヒロイン”挑戦の理由…「女優としてのキャリアがどうなるか知りたかった」戸田恵梨香(川原喜美子)【「スカーレット」インタビュー】

ドラマ2019年9月30日

 戦後の滋賀・信楽を舞台に、男ばかりの陶芸の世界に飛び込み、やがて自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだしていく陶芸家・川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く「スカーレット」で主演を務める戸田恵梨香。31歳を迎えた今、戸田が“朝ドラヒロイ … 続きを読む

「ヒトラーをどう撮るべきか、悩みました」大根仁(演出)「東京がオリンピックを返上する流れを、できるだけ正確に」訓覇圭(制作統括)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月27日

 日本のオリンピック史上、最も有名なベルリンオリンピックの「前畑がんばれ!」のシーンが再現された第36回。日本中の声援を受けたその力強い泳ぎに心動かされた視聴者は多いに違いない。その一方で、ナチスが主導する強い重苦しい空気やヒトラーの登場に … 続きを読む

【2.5次元】舞台版「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1-犯罪係数-」久保田悠来インタビュー「観客の皆さんをこの世界観に引きずり込みたい」

舞台・ミュージカル2019年9月27日

 フジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送されたテレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第1期が舞台化され、10月25日からの上演が決定。虚淵玄(ニトロプラス)による全面監修の下、人間の心理状態や性格傾向を計測して数値化する「シビュラシ … 続きを読む

「結婚願望がなくなった」 朝ドラヒロインを通じての成長と変化 広瀬すず(坂場なつ)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月26日

 日本のアニメーション界の草創期を舞台にしたアニメーターの成長記であり、ヒロインなつと家族のホームドラマでもある「なつぞら」。数十年にもわたるなつの人生を生きる中で、結婚・育児を疑似体験した広瀬すずは、働く女性として生きる難しさを痛感したと … 続きを読む

【インタビュー】「名もなき復讐者 ZEGEN」阿部進之介「『このミス』大賞の受賞作品。そんなに単純なミステリーではありません」馬場ふみか「『正義って何だろう?』と考えさせられました」

ドラマ2019年9月26日

 「このミステリーがすごい!」大賞(以下「このミス」大賞)でU-NEXT・カンテレ賞をサプライズ受賞した登美丘丈の小説『名もなき復讐者 ZEGEN』が、「このミス」大賞ドラマシリーズ第2弾として連続ドラマ化された。妻を死に追いやった者たちに … 続きを読む

【インタビュー】『影に抱かれて眠れ』中村ゆり「物質的な豊かさよりも、人としての尊厳を大事にする主人公の生き方がカッコいい」

映画2019年9月25日

 北方謙三のハードボイルド小説『抱影』を映画化した『影に抱かれて眠れ』が9月6日から丸の内TOEI2、横浜ブルク13他全国順次公開中だ。舞台は横浜の野毛。硲冬樹(加藤雅也)は、数軒の酒場を経営しながら抽象画家として活躍していた。だがある日、 … 続きを読む

【インタビュー】『見えない目撃者』高杉真宙「日本ではあまり出会ったことのないタイプのスリラー。自分の進歩を実感できた」

映画2019年9月24日

 ある夜、視力を失った元警察官・浜中なつめが遭遇した自動車の接触事故。優れた洞察力でそれが誘拐事件だと確信したなつめは、もう一人の目撃者・国崎春馬と共に真相を追い始める。だが、その先には想像を超えた事態が待ち受けていた…。9月20日から全国 … 続きを読む

【映画コラム】宇宙飛行士の内面に重点を置いた『アド・アストラ』

映画2019年9月23日

 ブラッド・ピット演じる宇宙飛行士のロイが、太陽系の彼方で消息を絶った父(トミー・リー・ジョーンズ)と、彼が残した“ある謎”の答えを探るために宇宙の果てへと旅立つ様子を描いた『アド・アストラ』が公開中だ。  宇宙に一人取り残されたジョーンズ … 続きを読む

「日本中が心から応援する気持ちが『前畑がんばれ!』という言葉になった。とてもすてきなことだと思いました」上白石萌歌(前畑秀子)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月22日

 第36回、1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、ついに日本初の女性金メダリストが誕生。実況アナウンサーによる「前畑がんばれ!」の絶叫と共に、時代を超えて語り継がれる前畑秀子の二百メートル平泳ぎだ。80年以上の時を超えて甦った歴史 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「相対的浮世絵」石田明「舞台に出れば出るほど、それが漫才にも生きてくる」

舞台・ミュージカル2019年9月20日

 2004年、2010年に上演され、大好評を博した土田英生の傑作コメディ「相対的浮世絵」が9年ぶりに、青木豪演出で上演される。主演を務めるのは、成長目覚ましい山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)。伊礼彼方、石田明(NON STYLE)、 … 続きを読む

【インタビュー】「オイディプス」黒木瞳 市川海老蔵・森山未來と挑むギリシャ悲劇は「心に刺さる何かがある」

舞台・ミュージカル2019年9月20日

 ギリシャ悲劇の最高傑作ともうたわれる「オイディプス王」を英国演劇界の実力派マシュー・ダンスターの翻案と演出で送る「オイディプス」が10月にBunkamuraシアターコクーンで上演される。主役のオイディプスを演じるのは、2020年に13代目 … 続きを読む

page top