【花燃ゆインタビュー】原田泰造「松陰を家族がどう支えたかを見てほしい」 吉田松陰を温かく見守り続けた兄の杉梅太郎役

2015年2月15日 / 08:56

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の文(井上真央)や吉田松陰(伊勢谷友介)の兄で、杉家の長男、杉梅太郎を演じている原田泰造。高い志に燃えた松陰を早くから理解し、旅費の面倒を見るなど活動をサポートし続けた。お笑い芸人としてのフットワークの良さも生かしながら、人情味あふれる俳優としてのキャリアを積み上げている原田が、「優しいお兄ちゃん」の苦悩と愛を語る。

 

杉梅太郎役の原田泰造

-大河ドラマに出演オファーがあったときの気持ちは?

  超うれしかったですね、「龍馬伝」に続いてまたできるのって感じで。大河ドラマって、歴史小説を読んでその人のことを知って、撮影現場に行ってその人物になれる楽しさがあります。

-何か準備はしましたか。

 梅太郎のお墓参りをしました。何も知らなかったので、資料を集めたり、司馬(遼太郎)さんの本を読んだりしました。でも、昔読んだ本の3ページ目に梅太郎が出てきていました(笑)。

-泰造さんはお姉さんと弟さんがいらっしゃいますが、たくさんのきょうだいに頼られるお兄ちゃんという役柄はいかがですか。

 僕はきょうだいの中でそんなに頼られることはなかったんです。ネプチューンの中でもそうで、僕は一番頼るタイプ。どんなに頼られるポジションにつけられても頼る才能があります(笑)。今回初めて、頼られています。

-松陰の兄を演じるプレッシャーは?

  全くありません(笑)。梅太郎はできるだけ弟の思うままに生きさせてやりたいと思っているんです。一方で危ないことをするのを止めようという気持ちもあると思います。松陰さんも「何か事有るときは家族のことや友人のことを考えて止まっちゃいけない」って言っているんですが、でもそう言っているということは常に思っていたんだと思います。そのあたりの難しさは感じますね。なぜ国を変えるためにみんなそんな命を簡単に、と思うけど、多分その時代にいた人にしかその気持ちは分からない。

-(文の姉役の)優香さんや井上真央さんとはどんな話をしていますか。

  いっぱいしますよ。例えば「小さな幸せを挙げていこう」というような話(笑)。真央さんの挙げた数の方が多かった。真央さんはそういうことのチョイスのし方が天才的ですね。若いのに幅の広い人だと思いました。真央さんが小さな幸せを感じるのは犬の耳を触っている時。僕はサウナを出て特保のコーラ飲料を飲んでいる時かな(笑)。

-妻役の久保田磨希さんはいかがですか。

  楽しいですよ。泣いているのかなというシーンがあって大丈夫かって言ったら飛び掛かってくるんです(笑)。度肝を抜く演技をするから、やっていて楽しい。かと思うと、僕のことを旦那として立ててしんみりするシーンでは、ちゃんと締めてくるし。すごい人だなと思った。ああいう奥さんすごくいい。理想的です。

-印象的なシーンはありますか。

  僕がすごく思い込んで、腹を斬るかどうするか悩んでいるときに妻が来て、何も言わないで止めるシーンがあるんですが、そこが好きです。

-83歳までやるのは初めて?

  コントだと、二百何歳という役があったけど(笑)。うれしいですね、そこまでできるの。斬られて殺されない役を大河でやるのは初めてです(笑)。

 -杉家を通してどういうところを見てもらいたいですか。

 あの激動の時代はどうしても志士がフィーチャーされるけど、家族はどうだったんだろうというところ。「龍馬伝」の時も、松陰の家族ってどうなっていたんだろうと思っていました。だからそこをしっかりと見ていただきたいですね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top