【花燃ゆインタビュー】久保田磨希 「誰かに寄り添い続けることが亀の魅力なのだと思います」 吉田松陰の兄、梅太郎に嫁いだ杉亀役

2015年1月23日 / 18:53

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の文(井上真央)や吉田松陰(伊勢谷友介)の兄で杉家の長男、梅太郎(原田泰造)の妻、亀を演じる久保田磨希。梅太郎の母、滝(檀ふみ)と共に、杉家に明るく和やかな雰囲気をつくっている。久保田が杉家のほのぼのとした日々と、夫、梅太郎への愛を語る。

 

杉亀役の久保田磨希

-大河ドラマは初めての出演ですね。

 お芝居を始めた時の夢の一つが大河ドラマに出ることでした。以前に京都の太秦の近くにある芸能神社に、「大河ドラマに出たい」とお願いしました。その夢がとうとうかないました。

-どうしてそこまで大河に思い入れがあったのですか。

  実家は商売をしていて、子どものころは日曜日の夜だけ家族みんなでテレビを見る時間があり、それが大河ドラマでした。知らず知らずのうちに心の中で大事なものとして存在していたんだと思います。

-亀という役についてはどう思いますか。

 地に足の着いた人だなあと思いました。プロデューサーからは、楽しくやってくださいと言われ、杉家にコメディー的な要素を入れてほしいと求められていると思います。亀はきっと旦那さんの梅太郎さんのことがすごく好きなのだろうなと思いまして、演じる泰造さんもすごくキュートな方なので、梅太郎のことが好きなのだからこうするのだろうなと、イメージを膨らませてきました。

-夫婦の雰囲気をどうつくっていますか。

  やっと目が合うようになりました(笑)。スタンバイの時にすごくお話をしているんです。

-亀さんはどうやって杉家に解け込んでいくのでしょう。

  きっと滝さんの朗らかさに巻き込まれていったんだろうなと思います。初めは違和感があったかもしれないけど、その朗らかさが心地良くなったんでしょうね。

-夫の切腹を止めるシーンの撮影はいかがでしたか。

  そういう心情を描くシーンのときは事前に決めずに、相手役と一緒に演じてみて自分の心がどう変化するかで決めます。亀も子どもではないので、泣いてすがりはしないはず、逆に笑顔で演じようと思っていました。でも梅太郎さんの気迫が伝わってきて、知らず知らずのうちに涙が出ていたという感じになりました。「死なないで」と言えたらどんなに楽だったか。言葉にはできないけれど、自害はやめてほしいという気持ちが切なかったです。そのシーンの後はみんなの前に戻って来られなくて、セットの隅に潜んでいました。

-文役の井上真央さんの印象は?

  これから大河の主人公という看板を背負っていく方ですが、気負っているようなところは全くなく、すごく自然なたたずまい。なのにとっても強くて、りんとしているという印象です。

-寿(ひさ)の役作りに悩んでいた優香さんに声を掛けたそうですね。

  ご本人は、すごく嫌な人物だと解釈して演じていたみたいですけど、寿さんは杉家の中ではいつも怒っていますが、この家族の中にいたら、もっと自分のことを見てほしいと主張したくなるだろうから、それを素直に出せている寿はかわいいなと思って、優香さんに「私は寿のことが大好きよ。すごく人間くさくてかわいいもん」って言ったんです。その後、寿を好きになってくれたみたいで、あの時話せて良かったなと思います。

-萩言葉を話してみて感じたことは?

  標準語にはない親近感があります。地に根付いた言葉ですね。

-亀の魅力を伝えるような印象的なシーンはありますか。

  梅太郎さんに焼きもちを焼いたりするところも面白いのですが、誰かに寄り添い続けるというのが亀の魅力なのだろうなと思っています。誰かを支えている亀が魅力的なんです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

page top