【花燃ゆインタビュー】長塚京三「百合之助さんは優しくて大きい人」 ヒロイン文と吉田松陰らを見守る父親役

2015年1月24日 / 08:47

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、井上真央演じるヒロイン文の父親・杉百合之助役を演じている長塚京三。大河ドラマへの出演は2008年の「篤姫」以来でこれが7本目。演じる百合之助は下級武士で薄給のため、畑仕事をして家族の暮らしを支えた。次男は松下村塾を主宰した吉田松陰(伊勢谷友介)。百合之助は尊王攘夷を実現するためにまい進していく息子をどんな思いで見詰めていたのか。長塚が百合之助の複雑な親心を語った。

 

杉百合之助役の長塚京三

-「篤姫」に続き、今回も主人公の父親役ですが、百合之助の役作りで何か参考にしたことはありますか。

 ロケで萩に行ったとき、街をあちこち歩き回ったのですが、百合之助さんというのは“名前”しか残っていない。写真も無いからどんな顔をしていたのかも分からないんです。でも、それは僕にとってはものすごくいいこと。プロデューサーと話し合って自由に人物像を作っていけますから。お侍さんだけどいでたちも野良着にしようとか、農作業のときは刀を腰に差さずに荷車の上に積んでおくとか、そういった感じですね。

-資料が少ない中、百合之助をどういう人物として捉えていますか。

 とても生真面目で実直、コツコツと農業をして家計を支えた人。教育者としても、子どもたちに孟子などをしっかりと教えたということは聞きました。でも、肝心なところは実弟の玉木文之進(奥田瑛二)に任せていたみたい。いわゆる教育者としては資質も実績も自分よりも玉木が優れていたので、教育はあっさりと彼に委ね、自分は一歩引いたところにいたようです。さらに本好きといっても、結構『太閤記』などの読み物もお好きだったらしくて(笑)。農作業に出るときにも懐に本を何冊か忍ばせていたようです。

-子どもたちにとって百合之助はどういう存在だったと想像されますか。

  僕は、彼は“大きい人”だったのじゃないかなという気がしています。百合之助さんは息子や娘たち家族を、割とスッと引いたところから慈しんでいたんじゃないかと。そういう大きな愛情に包まれて育った子どもは、悪い子にはならない(笑)。玉木のようなスパルタで勉強を教える人物がいる一方、そうではない牧歌的で晴耕雨読のような百合之助さんの存在もあった。それが松陰にとっても良かったのかなと思います。

 -百合之助は松陰をどのような気持ちで見守っていたと思いますか。

 松陰のような優れた革命家は、結局、早世したり暗殺されたりと、古今東西を見ても個人的にはあまり幸せにはなっていない。それを百合之助さんも知らないわけではないから、いろいろと思うところはあったと思う。この子はこれでいいのか、このまま息子を進ませていのかと。それは優秀な子どもを持った親のうれしさでもあり、つらさでもあった。殿様に懇意にしてもらったりするのは誉れでも、結局革命家として先鋭化していくと、この子は非業の死を遂げるのでは、と悩み苦しんでいた。百合之助さんは、そういう優しくて大きい静かな人。いわゆる腹心のお父さん、革命家たちのお父さんというかね…。そこを今回どう演じていくのか、それが楽しみでもあります。

-井上真央さんをはじめ、杉家の人々を演じる役者さんたちはいかがですか。

  皆さんいいですよ(笑)。なんというか地味さがいい。別に俳優さんが地味だというのではなく、みんな“地味作り”を楽しんでおられるといいますか…。写真が残っているわけでもないので自由に演じられるし、家族の人間関係の機微のようなものは自分たちで作れますから。跳ねっ返りみたいな娘もいるけど、基本的にはとても仲の良い普通の平和な家族です。

-家族全員で松陰を支えていきますが、その辺りはどう思われますか。

  どうなんですかね…。自分たちは決して主義主張をしながら生きてきたわけではないのに、結局そこから吉田松陰という傑物を出してしまった。そこが家族にとっては微妙なところでありますが、結局家族というのはそこに集約していくしかなかったのだと思います。家族全員がいろんな思いを抱えながら、杉家の中で一番優秀な者、つまり松陰をみんなで支えていこうとする。自分たちは食べるものや着る物を切り詰めてでも遊学中の息子に仕送りをしたりする。それが偉いよね。親はやっぱりありがたいですよ。少しでも遠くに行きたい息子に、一歩でも十歩でも行きたいだけ行きなさいと、そういう思いなんでしょうから。

-息子を思う親心は複雑ですね。

  天下国家のためとはいえ、あんなふうに命を投げられてしまうのは親としてどうだったのだろうかと。百合之助さんのお墓参りもしましたが、お父さんの目から見て松陰先生は幸せだったのかなと、そんなことを思いました。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top