【花燃ゆインタビュー】長塚京三「百合之助さんは優しくて大きい人」 ヒロイン文と吉田松陰らを見守る父親役

2015年1月24日 / 08:47

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、井上真央演じるヒロイン文の父親・杉百合之助役を演じている長塚京三。大河ドラマへの出演は2008年の「篤姫」以来でこれが7本目。演じる百合之助は下級武士で薄給のため、畑仕事をして家族の暮らしを支えた。次男は松下村塾を主宰した吉田松陰(伊勢谷友介)。百合之助は尊王攘夷を実現するためにまい進していく息子をどんな思いで見詰めていたのか。長塚が百合之助の複雑な親心を語った。

 

杉百合之助役の長塚京三

-「篤姫」に続き、今回も主人公の父親役ですが、百合之助の役作りで何か参考にしたことはありますか。

 ロケで萩に行ったとき、街をあちこち歩き回ったのですが、百合之助さんというのは“名前”しか残っていない。写真も無いからどんな顔をしていたのかも分からないんです。でも、それは僕にとってはものすごくいいこと。プロデューサーと話し合って自由に人物像を作っていけますから。お侍さんだけどいでたちも野良着にしようとか、農作業のときは刀を腰に差さずに荷車の上に積んでおくとか、そういった感じですね。

-資料が少ない中、百合之助をどういう人物として捉えていますか。

 とても生真面目で実直、コツコツと農業をして家計を支えた人。教育者としても、子どもたちに孟子などをしっかりと教えたということは聞きました。でも、肝心なところは実弟の玉木文之進(奥田瑛二)に任せていたみたい。いわゆる教育者としては資質も実績も自分よりも玉木が優れていたので、教育はあっさりと彼に委ね、自分は一歩引いたところにいたようです。さらに本好きといっても、結構『太閤記』などの読み物もお好きだったらしくて(笑)。農作業に出るときにも懐に本を何冊か忍ばせていたようです。

-子どもたちにとって百合之助はどういう存在だったと想像されますか。

  僕は、彼は“大きい人”だったのじゃないかなという気がしています。百合之助さんは息子や娘たち家族を、割とスッと引いたところから慈しんでいたんじゃないかと。そういう大きな愛情に包まれて育った子どもは、悪い子にはならない(笑)。玉木のようなスパルタで勉強を教える人物がいる一方、そうではない牧歌的で晴耕雨読のような百合之助さんの存在もあった。それが松陰にとっても良かったのかなと思います。

 -百合之助は松陰をどのような気持ちで見守っていたと思いますか。

 松陰のような優れた革命家は、結局、早世したり暗殺されたりと、古今東西を見ても個人的にはあまり幸せにはなっていない。それを百合之助さんも知らないわけではないから、いろいろと思うところはあったと思う。この子はこれでいいのか、このまま息子を進ませていのかと。それは優秀な子どもを持った親のうれしさでもあり、つらさでもあった。殿様に懇意にしてもらったりするのは誉れでも、結局革命家として先鋭化していくと、この子は非業の死を遂げるのでは、と悩み苦しんでいた。百合之助さんは、そういう優しくて大きい静かな人。いわゆる腹心のお父さん、革命家たちのお父さんというかね…。そこを今回どう演じていくのか、それが楽しみでもあります。

-井上真央さんをはじめ、杉家の人々を演じる役者さんたちはいかがですか。

  皆さんいいですよ(笑)。なんというか地味さがいい。別に俳優さんが地味だというのではなく、みんな“地味作り”を楽しんでおられるといいますか…。写真が残っているわけでもないので自由に演じられるし、家族の人間関係の機微のようなものは自分たちで作れますから。跳ねっ返りみたいな娘もいるけど、基本的にはとても仲の良い普通の平和な家族です。

-家族全員で松陰を支えていきますが、その辺りはどう思われますか。

  どうなんですかね…。自分たちは決して主義主張をしながら生きてきたわけではないのに、結局そこから吉田松陰という傑物を出してしまった。そこが家族にとっては微妙なところでありますが、結局家族というのはそこに集約していくしかなかったのだと思います。家族全員がいろんな思いを抱えながら、杉家の中で一番優秀な者、つまり松陰をみんなで支えていこうとする。自分たちは食べるものや着る物を切り詰めてでも遊学中の息子に仕送りをしたりする。それが偉いよね。親はやっぱりありがたいですよ。少しでも遠くに行きたい息子に、一歩でも十歩でも行きたいだけ行きなさいと、そういう思いなんでしょうから。

-息子を思う親心は複雑ですね。

  天下国家のためとはいえ、あんなふうに命を投げられてしまうのは親としてどうだったのだろうかと。百合之助さんのお墓参りもしましたが、お父さんの目から見て松陰先生は幸せだったのかなと、そんなことを思いました。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド「チャーリーを演じながら開放感を得ることができました」

映画2019年3月19日

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女と地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作で、主人公のチャーリーを演じたヘイリー・スタインフェ … 続きを読む

【インタビュー】映画『しまじろうとうるるのヒーローランド』ももくろちゃんZ 特別なポジションに立つために必要なことは“向上心”と“自然体”

映画2019年3月18日

 結成10周年目を迎えた「ももいろクローバーZ」、新体制になっても、ツアーやライブ、イベント出演など精力的な活動は変わらず、キッズ向けユニット「ももくろちゃんZ」としての活躍の場も広げている。そして今回、映画『しまじろうとうるるのヒーローラ … 続きを読む

【インタビュー】「ひよっこ2」有村架純「みね子たちと一緒に小さい幸せを感じてください」

ドラマ2019年3月18日

 高度成長期の中、集団就職で茨城から上京したヒロイン谷田部みね子の波瀾(はらん)万丈の青春を描いて大好評を博した連続テレビ小説「ひよっこ」。その続編となる「ひよっこ2」は、最終話から2年後、1970年の東京・赤坂と奥茨城村を舞台に、おなじみ … 続きを読む

【インタビュー】『バンブルビー』トラビス・ナイト監督 「10歳の自分が『見たい』と思ったものが、30年後にできました」

映画2019年3月18日

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と、地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作のトラビス … 続きを読む

「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年3月17日

 いよいよストックホルムオリンピックが開幕し、日本初のオリンピック選手の1人、三島弥彦は、マラソンの金栗四三(中村勘九郎)に先駆けて短距離競技に出場した。ところが結果は惨敗。最後は棄権という選択をすることとなった。とはいえ、持てる力を出し切 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top