【花燃ゆインタビュー】麻生祐未「自分の子どもだけはなんとしても助かってほしいと思っていたのでは」 吉田松陰と共に密航を企てる金子重輔の母、金子ツル役

2015年2月1日 / 08:23

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、吉田松陰(伊勢谷友介)の弟子、金子重輔(泉澤祐希)の母・金子ツルを演じている麻生祐未。ツルは夫と共に染物屋を切り盛りするしっ かり者で、深い愛情を持って重輔を育てていたが、松陰の思想にのめり込んだ重輔は黒船に乗り込むのに失敗して獄中で衰弱していく。コミカルな役柄から優し いお母さん役まで幅広い演技を見せる麻生が、激動の時代に最愛の息子を奪われたツルの悲痛な思いを語る。

 

金子重輔の母、金子ツル役の麻生祐未

-井上真央さんの演技はいかがですか。

  とてもかわいい人ですね。今の前向きな文(ふみ)さんにぴったりです。エネルギーがあふれているオーラがあって輝いている感じがします。

-重輔役の泉澤さんはいかがですか。

 泉澤さんは時代劇も現代劇も似合う人。とても真面目な人で、重輔はぴったりな役です。重輔は常に一生懸命ですから。ああいう時代に何かすがるものが見つかると、他は見えないようにしないと自分を貫けないのかもしれません。誇りに思う部分もありますが、やはり悲しみの方が大きいですね。子どもが死んでもいいと思う人は誰もいない。自分の子どもだけはなんとしても助かってほしいと思っていたのではないでしょうか。

-大河ドラマは、「武田信玄」以来ですね。

 そうですね、ずいぶん前です。あの時はちょっとお邪魔する感じでしたが、今回はスタッフも知っている人がいるし、監督も連続テレビ小説「カーネーション」でご一緒した方なので、あまり構える感じではなくて、和やかな現場です(笑)。

-今回の大河のテーマでもある女性の生き方について感じることは?

  情報がない時代ですから、自分に近い人をどれだけ信じられるか。そういった信頼関係が大事だっただろうと思います。当時の女性も男の人と同じぐらい命懸けだったと思います。激動の時代の人は、毎日毎日必死で自問自答しながら生きていたと思います。

-台本を読んでみてドラマ全体の印象はどうでしたか。

  話し合ってみんなで考えようというパワーを感じました。それはいつの時代にも通じること。一人一人が頑張って人間性を磨いて成長していこうというのは良いことだ、というテーマが貫かれている印象を受けました。

 -今後共演を楽しみにしている人は?

  伊勢谷友介さんは初めてです。声がとってもすてきで、リーダーとして引っ張っていくエネルギーのある人だと思いました。それと、獄の管理をしている田中要次さんは「サラリーマンNEO」(2010年のシーズン5)で一緒にコントをやっていた間柄です。

-歴史物を演じるに当たって気を付けていることはありますか。

 実在の人を演じるのは難しい。責任もありますし。でも時代劇は好きですね。「型」があるのが面白い。着物や所作とか制限がある中で、現代物とは違う動きができますので。

-衣装についてはいかがですか。

  染物屋をやっている設定なんですが、草履まで藍色に染まっていて、服も普段から着てみたいと思うぐらいすてきな感じでした。実際、身に着けてみて思ったのは、ツルさんは仕事に誇りを持っていた人なんだろうなということ。子どもたちも商売を手伝っていたし、将来は子どもたちと一緒にやっていくと思っていたはずなので、重輔のことは残念です。

-印象的なシーンは?

 文さんと一緒に荒々しい海のそばでおにぎりを食べるシーンかな。それと最後にうそをついて別れるシーンがあるんです。文さんが「きっと(息子さんに)会える日が来ます」ってかわいい笑顔で私に言うシーンなんです。そこが一番印象に残っていますね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top