【テレビの向こう側】藤原紀香からの提案に監督もドキドキ 城田優は“イケメン俳優”崩壊!?

2014年12月26日 / 17:41

 宝島社のミステリー&エンターテインメント小説の新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人による書き下ろし短編小説のドラマ化が実現した。TBS系で29日に「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」と題して放送される。原作者、監督、出演者。そのラインアップは、2014年のドラマの締めくくりにふさわしい豪華さだ。同番組の高橋正尚プロデューサーに、番組の見どころや制作秘話を聞いた。

 

「カシオペアのエンドロール」

―「カシオペアのエンドロール」は、海堂尊さんの原作のイメージとはかなり違った作品に仕上がったそうですが?

  正直なところ、原作とは全くテイストが違います。今回ドラマ化に当たり、海堂さんだけでなく原作者の皆さんが「自由にどうぞ」と言ってくださったので、こちらもある程度自由にやらせていただいた部分も多いです。もちろん大作家の皆さんなので、原作のニュアンスも大切にしつつ作らせていただきました。「カシオペア」に関して言えば、軽妙な会話劇という点では原作のままなのですが、ドラマ版ではよりキャラクターのコメディー色を強め、面白いシーンをふんだんに盛り込んでいます。

―撮影現場はどんな雰囲気だったのでしょうか?

 主演の藤原紀香さんは、ここぞという局面では必ず演技プランを二つ提案されて、「AとB、どちらがいいですか」と確認されるそうなんです。大谷(健太郎)監督は紀香さんが本当はどちらを望んでいるのかとドキドキしながら、「じゃあAで」と言うと「私もそう思っていたの」とおっしゃるということが何回かあったそうです(笑)。そういう意味ではやりたい方向性がお二人の中で一致していたので、僕も撮影現場に行きましたが、和気あいあいと楽しそうな現場でした。

―吉田栄作さんがコメディー色の強い役柄を演じるイメージがあまりなかったので、そこにも新しさを感じます。

 ご本人もいつもとは違う役柄を楽しんで演じてくださっていたようです。でも僕は見逃さなかったのですが、吉田さんは男気あふれる方なので、表ではひょうひょうと楽しんでいるように見せていながらも、額に汗をかいていました。ベテランの俳優さんでも、挑戦されたことがないタッチの役柄を演じられる時は緊張もされるだろうし、これでいいのかという不安と戦いながらやられていたのだろうと思います。ですが、結果として見たことのない吉田栄作さんの顔がふんだんに見られて、スタッフからもすごくハマっていて面白かったという意見が多くありました。

 

「残されたセンリツ」

―川口春奈さん主演の「残されたセンリツ」で、大切にした部分は?

  原作者の中山七里さんは、業界では“どんでん返しの帝王”と呼ばれています。ネタバレになるのであまり言えないのですが、完全犯罪に見えた殺人事件が実はそれを上回るような計画があったのだという部分がこの作品の要であり、その“どんでん返し感”は原作にあるものをきちんと表現しなければならないと思い、試行錯誤した部分です。

 ―同作は『デスノート』『あずみ2 Death or Love』などの金子修介監督が手掛けられています。

  金子監督は大ベテランですので、俳優陣も信頼し切っているという雰囲気でした。どっしり構えられていて、みんなを手のひらで転がしているような感覚と言いますか。あとはイッセー尾形さんのお芝居がすごく面白かったです。刑事役で、実在すると思えるようなナチュラルなお芝居なのですが、随所にキャラクターの強さを織り込んで飽きさせない。それに触発されて佐藤二朗さんもキャラの強い芝居をされていたので、平板な話ではなく、すごく楽しめる作品になったのではないかと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top