【テレビの向こう側】藤原紀香からの提案に監督もドキドキ 城田優は“イケメン俳優”崩壊!?

2014年12月26日 / 17:41

 宝島社のミステリー&エンターテインメント小説の新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人による書き下ろし短編小説のドラマ化が実現した。TBS系で29日に「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」と題して放送される。原作者、監督、出演者。そのラインアップは、2014年のドラマの締めくくりにふさわしい豪華さだ。同番組の高橋正尚プロデューサーに、番組の見どころや制作秘話を聞いた。

 

「カシオペアのエンドロール」

―「カシオペアのエンドロール」は、海堂尊さんの原作のイメージとはかなり違った作品に仕上がったそうですが?

  正直なところ、原作とは全くテイストが違います。今回ドラマ化に当たり、海堂さんだけでなく原作者の皆さんが「自由にどうぞ」と言ってくださったので、こちらもある程度自由にやらせていただいた部分も多いです。もちろん大作家の皆さんなので、原作のニュアンスも大切にしつつ作らせていただきました。「カシオペア」に関して言えば、軽妙な会話劇という点では原作のままなのですが、ドラマ版ではよりキャラクターのコメディー色を強め、面白いシーンをふんだんに盛り込んでいます。

―撮影現場はどんな雰囲気だったのでしょうか?

 主演の藤原紀香さんは、ここぞという局面では必ず演技プランを二つ提案されて、「AとB、どちらがいいですか」と確認されるそうなんです。大谷(健太郎)監督は紀香さんが本当はどちらを望んでいるのかとドキドキしながら、「じゃあAで」と言うと「私もそう思っていたの」とおっしゃるということが何回かあったそうです(笑)。そういう意味ではやりたい方向性がお二人の中で一致していたので、僕も撮影現場に行きましたが、和気あいあいと楽しそうな現場でした。

―吉田栄作さんがコメディー色の強い役柄を演じるイメージがあまりなかったので、そこにも新しさを感じます。

 ご本人もいつもとは違う役柄を楽しんで演じてくださっていたようです。でも僕は見逃さなかったのですが、吉田さんは男気あふれる方なので、表ではひょうひょうと楽しんでいるように見せていながらも、額に汗をかいていました。ベテランの俳優さんでも、挑戦されたことがないタッチの役柄を演じられる時は緊張もされるだろうし、これでいいのかという不安と戦いながらやられていたのだろうと思います。ですが、結果として見たことのない吉田栄作さんの顔がふんだんに見られて、スタッフからもすごくハマっていて面白かったという意見が多くありました。

 

「残されたセンリツ」

―川口春奈さん主演の「残されたセンリツ」で、大切にした部分は?

  原作者の中山七里さんは、業界では“どんでん返しの帝王”と呼ばれています。ネタバレになるのであまり言えないのですが、完全犯罪に見えた殺人事件が実はそれを上回るような計画があったのだという部分がこの作品の要であり、その“どんでん返し感”は原作にあるものをきちんと表現しなければならないと思い、試行錯誤した部分です。

 ―同作は『デスノート』『あずみ2 Death or Love』などの金子修介監督が手掛けられています。

  金子監督は大ベテランですので、俳優陣も信頼し切っているという雰囲気でした。どっしり構えられていて、みんなを手のひらで転がしているような感覚と言いますか。あとはイッセー尾形さんのお芝居がすごく面白かったです。刑事役で、実在すると思えるようなナチュラルなお芝居なのですが、随所にキャラクターの強さを織り込んで飽きさせない。それに触発されて佐藤二朗さんもキャラの強い芝居をされていたので、平板な話ではなく、すごく楽しめる作品になったのではないかと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top