【花燃ゆインタビュー】井上真央 「女性としていろんな悲しみも苦しみも乗り越え、生き抜いた強さを表現したい」 兄・吉田松陰を慕い続け、松下村塾を女幹事として切り盛りした主人公の文役

2015年1月1日 / 08:05

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公で、兄の吉田松陰(伊勢谷友介)を支え、松下村塾では女幹事として活躍した文(ふみ)を演じている井上真央。文は兄が育てた多くの藩士たちとの出会いを通して人間的にも成長していき、後に久坂玄瑞(東出昌大)と結婚。映画やドラマでの人間性の表現にも深みを増した井上が、誰よりも松陰を理解し、兄の死後も波瀾(はらん)万丈の人生の中でその遺志に寄り添い続けた文への思いを語る。

 

主人公の文(ふみ)役の井上真央

-大河ドラマの撮影はどんな雰囲気ですか。

 共演の皆さんが、実在した人物そのものでスタジオにいらっしゃるような緊張感があり、見えないプレッシャーを感じています。

-文の人物像をどのように考えていますか?

  文はいろんな人に出会っては別れを繰り返します。人との出会いの中で変化を遂げていければと思っているので、あまり最初から決めずに演じていこうと思っていました。兄への特別な思いとか、夫として出会う久坂玄瑞への思いを表現する中で、文の感情を出していけたらと思っています。

-文役で興味深い点はありますか?

  文の人生は波瀾万丈。その時々をどんな気持ちで決断していったのか、その思いを埋めていく作業が楽しいです。書かれていない部分を表現していくのも文を演じていて興味深く面白い部分なので。文の目線で見たり、杉家の家族を描くことで、松陰にもすごく人間的な部分があったということが分かりやすくなっていると思います。

-松陰は立派な人物ですが、家族にとってはとんでもない存在でもあります。なぜ家族はあそこまで支えることができたのでしょう。

  兄に対してはみんな本当に甘い。まるで「男はつらいよ」のようです。寅さんは自由奔放だけど、みんなに愛され「寅さんらしいね」と言われている。そこが兄・松陰に対する周りの感じと似ています。自分たちがやれないことを果たそうとしている松陰は、みんなが夢や希望を託そうとした人だった。文にとっても、平凡な家族の中で、このお兄ちゃんと一緒に居たらいろんなものが見られるのかもしれないという思いがあったのではないでしょうか。

-松陰らが投獄される野山獄について印象に残っていることは?

 松陰が監獄の中でいろんなことを教えると、学びたいという気持ちを隠しながら生きてきた獄中の人々が、本当はこれをしたかったのだということに気付いていくんです。みんな魂だけは生き生きしている。閉ざされたイメージではなく、とても生命力にあふれた場所になっていました。

-あらためて文の魅力は何でしょうか?

 命を犠牲にしてまでも戦おうとする藩士たちの心のよりどころというか、そっと安心できる人物として存在していたのだろうと思います。私にも兄がいるんですが、いつも心配しつつも尊敬しているので、文が兄に影響される部分が大きいというのは、共感できるところです。女性として、いろんな悲しみも苦しみも乗り越え、生き抜いた強さを持っている方なので、そうした部分も表現していきたいです。

-文がもし男だったら兄や藩士と同じ行動をしていたと思いますか?

 そうですね。自分も学びたいという思いが強い女性なので、ある種の歯がゆさは感じていたように思います。

-長丁場の撮影で気を付けていることは?

 長期だと、現場の雰囲気やスタッフ、キャストのチームワークが大切になってきます。現場が楽しい場所として存在していること、そしてみんなで一緒に作り上げようという意識を持つことが原動力になるので。だからこそ、できるだけ多く人と話をして、いろんな考えの中で柔軟にやっていければいいと思っています。今はいろんな人と話をして密になっていくことも大事ですね。

-これから楽しみにしているシーンは?

 守り役として毛利家の奥に入るシーンは楽しみですね。兄や夫の死を経験した上で、どういった女性として生きていくのだろうという興味もあります。そこでのいろんな出会いも楽しみです。後々は鹿鳴館にも行くんですよ。今は洋装した文の姿は想像つきませんが、変革を遂げた時代を自分自身が経験できるというのは、とても楽しみです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top