藤原紀香らが作家からの“挑戦状”を迎え撃つ ドラマ「このミステリーがすごい!~」

2014年12月26日 / 17:23

 「カシオペアのエンドロール」

 オムニバスドラマ「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日、TBS系で午後9時から放送される。

 番組は、宝島社によるミステリー&エンターテインメント小説の新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人による書き下ろし短編小説をドラマ化したもの。

 『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊氏、『さよならドビュッシー』の中山七里氏、『完全なる首長竜の日』の乾緑郎氏、『生存者ゼロ』の安生正氏からの“挑戦状”を、藤原紀香、川口春奈、勝村政信、AKIRA、山本耕史ら、多彩な俳優陣が迎え撃つ。

 高橋正尚プロデューサーは「『カシオペアのエンドロール』(海堂氏原作)に主演された藤原さんに演じていただいたのは、ベテランの大女優という役どころ。女優が大女優を演じるというのは、ハードルが高いと思います。本来、彼女はすごくおちゃめで飾らない方なのですが、怪しげで陰のある、それでいて華のある面白いキャラクターを見事に演じていただいています」と語った。

 「残されたセンリツ」(中山氏原作)の川口は、本作がミステリーサスペンス初挑戦。高橋プロデューサーは「ご本人は、こういったジャンルに挑戦したいという思いをお持ちだったらしいのです。言葉数が少ない役なのですが、物言わずじっと射るような目で見る彼女の芝居というのは、今までになかったと思います。女優さんに対して失礼かもしれませんが、もともとおきれいな方なので、美しさが際立ったといいますか。監督も思わず、彼女のアップを増やしたそうです」と語った。

 そのほか「黒いパンテル」(乾氏原作)、「ダイヤモンドダスト」(安生氏原作)の2作を放送。いずれも決して難しい作品ではなく、年末に家族そろってリラックスして見られるドラマを目指したという。高橋プロデューサーは「4作品のどれも、ドラマを見てくださった方が、『なるほど!』と膝をたたいてくれるような、小気味良いどんでん返しを楽しんでいただけると思います」と手応えを語った。


芸能ニュースNEWS

石田ゆり子「疲れているときは、とりあえずこのまま寝てしまえ」 ミッツ・マングローブ「私たちの主戦場には石田ゆり子は降臨しない」

CM2021年9月21日

 資生堂「エリクシール 温感メーク落とし」新CM発表会が21日、オンラインで開催され、CMモデルを務める石田ゆり子、特別ゲストとしてミッツ・マングローブが登場した。  新CMでは、石田が夜のリラックスタイムに、温感メーク落としを使ってスキン … 続きを読む

「ウチのガヤ」でムロツヨシの裏の顔を大暴露 スタジオで苦手なパクチー料理の克服なるか…

テレビ2021年9月21日

 21日放送の日本テレビ系バラエティー「ウチのガヤがすみません!」に、俳優のムロツヨシが出演する。  番組は、ヒロミとフットボールアワー・後藤輝基が、今をときめくガヤ芸人たちと共に、ゲストを笑いとともに掘り下げるスタジオバラエティー。  今 … 続きを読む

高田夏帆と戸塚祥太がW主演 人気漫画「凛子さんはシてみたい」をドラマ化

ドラマ2021年9月21日

 高田夏帆とA.B.C-Zの戸塚祥太が、10月19日スタートのMBS/TBSドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS火曜深夜0時59分、TBS火曜深夜1時28分)でダブル主演をすることが決定した。  本作は、藤田みお氏の人気漫画を実写ドラマ化 … 続きを読む

佐藤健「阿部さんって、LINEとかされるんですか?」 阿部寛「スタンプというか、にこにこみたいな、線になってるやつを使います」

映画2021年9月20日

 映画『護られなかった者たちへ』公開直前イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、阿部寛、林遣都と瀬々敬久監督が登壇した。  本作は、中山七里氏による同名小説を映画化。東日本大震災から10年目の仙台を舞台に、不可解な殺人事件の真相 … 続きを読む

「♯家族募集します」“蒼介”仲野太賀の涙に反響 「蒼ちゃんの生い立ちと最後の涙が切な過ぎる」

ドラマ2021年9月20日

 重岡大毅(ジャニーズWEST)が主演するドラマ「♯家族募集します」(TBS系)の第8話が、17日に放送された。  本作は、シングルファーザーになったばかりの赤城俊平(重岡)ら、男女4人と子ども3人が共同生活をするホームドラマ。(※以下、ネ … 続きを読む

amazon

page top