藤原紀香らが作家からの“挑戦状”を迎え撃つ ドラマ「このミステリーがすごい!~」

2014年12月26日 / 17:23

 「カシオペアのエンドロール」

 オムニバスドラマ「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日、TBS系で午後9時から放送される。

 番組は、宝島社によるミステリー&エンターテインメント小説の新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人による書き下ろし短編小説をドラマ化したもの。

 『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊氏、『さよならドビュッシー』の中山七里氏、『完全なる首長竜の日』の乾緑郎氏、『生存者ゼロ』の安生正氏からの“挑戦状”を、藤原紀香、川口春奈、勝村政信、AKIRA、山本耕史ら、多彩な俳優陣が迎え撃つ。

 高橋正尚プロデューサーは「『カシオペアのエンドロール』(海堂氏原作)に主演された藤原さんに演じていただいたのは、ベテランの大女優という役どころ。女優が大女優を演じるというのは、ハードルが高いと思います。本来、彼女はすごくおちゃめで飾らない方なのですが、怪しげで陰のある、それでいて華のある面白いキャラクターを見事に演じていただいています」と語った。

 「残されたセンリツ」(中山氏原作)の川口は、本作がミステリーサスペンス初挑戦。高橋プロデューサーは「ご本人は、こういったジャンルに挑戦したいという思いをお持ちだったらしいのです。言葉数が少ない役なのですが、物言わずじっと射るような目で見る彼女の芝居というのは、今までになかったと思います。女優さんに対して失礼かもしれませんが、もともとおきれいな方なので、美しさが際立ったといいますか。監督も思わず、彼女のアップを増やしたそうです」と語った。

 そのほか「黒いパンテル」(乾氏原作)、「ダイヤモンドダスト」(安生氏原作)の2作を放送。いずれも決して難しい作品ではなく、年末に家族そろってリラックスして見られるドラマを目指したという。高橋プロデューサーは「4作品のどれも、ドラマを見てくださった方が、『なるほど!』と膝をたたいてくれるような、小気味良いどんでん返しを楽しんでいただけると思います」と手応えを語った。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top