藤原紀香らが作家からの“挑戦状”を迎え撃つ ドラマ「このミステリーがすごい!~」

2014年12月26日 / 17:23

 「カシオペアのエンドロール」

 オムニバスドラマ「このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~」が29日、TBS系で午後9時から放送される。

 番組は、宝島社によるミステリー&エンターテインメント小説の新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人による書き下ろし短編小説をドラマ化したもの。

 『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊氏、『さよならドビュッシー』の中山七里氏、『完全なる首長竜の日』の乾緑郎氏、『生存者ゼロ』の安生正氏からの“挑戦状”を、藤原紀香、川口春奈、勝村政信、AKIRA、山本耕史ら、多彩な俳優陣が迎え撃つ。

 高橋正尚プロデューサーは「『カシオペアのエンドロール』(海堂氏原作)に主演された藤原さんに演じていただいたのは、ベテランの大女優という役どころ。女優が大女優を演じるというのは、ハードルが高いと思います。本来、彼女はすごくおちゃめで飾らない方なのですが、怪しげで陰のある、それでいて華のある面白いキャラクターを見事に演じていただいています」と語った。

 「残されたセンリツ」(中山氏原作)の川口は、本作がミステリーサスペンス初挑戦。高橋プロデューサーは「ご本人は、こういったジャンルに挑戦したいという思いをお持ちだったらしいのです。言葉数が少ない役なのですが、物言わずじっと射るような目で見る彼女の芝居というのは、今までになかったと思います。女優さんに対して失礼かもしれませんが、もともとおきれいな方なので、美しさが際立ったといいますか。監督も思わず、彼女のアップを増やしたそうです」と語った。

 そのほか「黒いパンテル」(乾氏原作)、「ダイヤモンドダスト」(安生氏原作)の2作を放送。いずれも決して難しい作品ではなく、年末に家族そろってリラックスして見られるドラマを目指したという。高橋プロデューサーは「4作品のどれも、ドラマを見てくださった方が、『なるほど!』と膝をたたいてくれるような、小気味良いどんでん返しを楽しんでいただけると思います」と手応えを語った。


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top