「2015新春 ジャニーズ・ワールド」制作発表 囲み取材詳報

2014年10月30日 / 16:04

 ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手掛けるエンターテインメントショー「ジャニーズ・ワールド」の3度目の公演が「2015新春 ジャニーズ・ワールド」として2015年の元日から開幕することになり、29日、東京都内の帝国ホテルで制作発表が行われた。

 製作発表には、佐藤勝利、中島健人、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、ジェシー、マリウス、岩橋玄樹、神宮寺勇太、橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、そして、特別出演の錦織一清の総勢15人のメーンキャストが出席。

 「ジャニーズ・ワールド」3度目の出演となる佐藤は「進化した舞台でなく、進化し続ける舞台をお見せしたい」と意気込みを語り、中島は「来年は未(ひつじ)年なので、ファンの皆さんのうれしい悲“めぇ~”を頂けたら」と“健人節”でさらなる進化をアピールした。

 公演は都内・帝国劇場で2015年1月1日から27日まで。

 

--フレッシュな布陣での舞台となりますが、錦織さんいかがですか?

錦織一清(以下錦織) “フレッシュな”の後にすぐ僕ですか(笑)? 先ほども(制作発表で)言ったんですけど、こういう仕事をやっているとお正月に忙しいというのが見えのひとつでもあると思うんですよ。

--芸能人として、といいますか。

錦織 そう。ここのところ、1月は割と暇にしていたので、うれしいですね。

--お正月に行われる舞台で後輩もいますが、お年玉の心配はありませんか?

塚田僚一(以下塚田) よろしくお願いします!

河合郁人(以下河合) あ! そうだ!

錦織 後でじゃあ、口座番号教えて。

河合 振り込みですか(笑)新しいですね!

--お正月をジャニーズ・ワールドで迎えることについて、佐藤くんはどうですか?

佐藤勝利(以下佐藤) 日本のスタートですからね。そのスタートの日に、ファンが集まってくださるっていうことが素晴らしいことだと思いますし、見てくださった方にも1年のいいスタートを切ってもらえるような舞台にしたいと思います。

--中島くんは?

中島健人(以下中島) そうですね、やっぱりJAPANのスタートですからね。

佐藤 “日本”を英語にしただけ(笑)。

中島 やっぱりエネルギーがあふれてくるというか。この舞台をやって始まる1年っていうのは、すごくパワフルに迎えることができる、そして送ることができるというイメージがあるので。やっぱり「ジャニーズ・ワールド」は自分の原点なのかなって思いますね。

--Sexy Zoneのメンバーの菊池風磨くんは今回は参加しないんですよね。

佐藤 大学のテストがあって。

中島 テスト期間とかぶっちゃってるんですよね。

河合 仲悪いの?

中島 フレンドリーです!

河合 ギスギスしてない?

中島 してないです! お弁当一緒に食べてます!

--初演から出演しているA.B.C-Zの皆さんは、「ジャニーズ・ワールド」といえば僕たちでしょう、ぐらいの意気込みはある?

河合 いつもお兄さん的な場所で支えていたので。僕たちでしょうというか、責任感はありますよね。「ジャニーズ・ワールド」という名前ですし。僕たち、「ジャニーズ伝説」っていう舞台もやったりとかして、そんなにジャニーズ背負っていいのかっていう気持ちにはなりますけど。

塚田 僕たち、ジャニーさんと割と近い距離でお仕事させてもらえて、すごくありがたいし、うれしいです。まだまだ学ぶことがたくさんあるので。

河合 今一番近いんじゃないかな? 結構あるよね。

塚田 ジャニーさん、お弁当買ってきてくれて「YOU、食べちゃいなよ」って。ありがとうございます!

河合 毎回それ言うけどさ、ジャニーさんそういう人だけ、みたいになっちゃうから(笑)。 お弁当持ってくる人、みたいな。

塚田 僕たちだけでなくジュニアの子たちのも何十個と買ってきてくれるんです。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top