「2015新春 ジャニーズ・ワールド」制作発表 囲み取材詳報

2014年10月30日 / 16:04

 ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手掛けるエンターテインメントショー「ジャニーズ・ワールド」の3度目の公演が「2015新春 ジャニーズ・ワールド」として2015年の元日から開幕することになり、29日、東京都内の帝国ホテルで制作発表が行われた。

 製作発表には、佐藤勝利、中島健人、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、ジェシー、マリウス、岩橋玄樹、神宮寺勇太、橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、そして、特別出演の錦織一清の総勢15人のメーンキャストが出席。

 「ジャニーズ・ワールド」3度目の出演となる佐藤は「進化した舞台でなく、進化し続ける舞台をお見せしたい」と意気込みを語り、中島は「来年は未(ひつじ)年なので、ファンの皆さんのうれしい悲“めぇ~”を頂けたら」と“健人節”でさらなる進化をアピールした。

 公演は都内・帝国劇場で2015年1月1日から27日まで。

 

--フレッシュな布陣での舞台となりますが、錦織さんいかがですか?

錦織一清(以下錦織) “フレッシュな”の後にすぐ僕ですか(笑)? 先ほども(制作発表で)言ったんですけど、こういう仕事をやっているとお正月に忙しいというのが見えのひとつでもあると思うんですよ。

--芸能人として、といいますか。

錦織 そう。ここのところ、1月は割と暇にしていたので、うれしいですね。

--お正月に行われる舞台で後輩もいますが、お年玉の心配はありませんか?

塚田僚一(以下塚田) よろしくお願いします!

河合郁人(以下河合) あ! そうだ!

錦織 後でじゃあ、口座番号教えて。

河合 振り込みですか(笑)新しいですね!

--お正月をジャニーズ・ワールドで迎えることについて、佐藤くんはどうですか?

佐藤勝利(以下佐藤) 日本のスタートですからね。そのスタートの日に、ファンが集まってくださるっていうことが素晴らしいことだと思いますし、見てくださった方にも1年のいいスタートを切ってもらえるような舞台にしたいと思います。

--中島くんは?

中島健人(以下中島) そうですね、やっぱりJAPANのスタートですからね。

佐藤 “日本”を英語にしただけ(笑)。

中島 やっぱりエネルギーがあふれてくるというか。この舞台をやって始まる1年っていうのは、すごくパワフルに迎えることができる、そして送ることができるというイメージがあるので。やっぱり「ジャニーズ・ワールド」は自分の原点なのかなって思いますね。

--Sexy Zoneのメンバーの菊池風磨くんは今回は参加しないんですよね。

佐藤 大学のテストがあって。

中島 テスト期間とかぶっちゃってるんですよね。

河合 仲悪いの?

中島 フレンドリーです!

河合 ギスギスしてない?

中島 してないです! お弁当一緒に食べてます!

--初演から出演しているA.B.C-Zの皆さんは、「ジャニーズ・ワールド」といえば僕たちでしょう、ぐらいの意気込みはある?

河合 いつもお兄さん的な場所で支えていたので。僕たちでしょうというか、責任感はありますよね。「ジャニーズ・ワールド」という名前ですし。僕たち、「ジャニーズ伝説」っていう舞台もやったりとかして、そんなにジャニーズ背負っていいのかっていう気持ちにはなりますけど。

塚田 僕たち、ジャニーさんと割と近い距離でお仕事させてもらえて、すごくありがたいし、うれしいです。まだまだ学ぶことがたくさんあるので。

河合 今一番近いんじゃないかな? 結構あるよね。

塚田 ジャニーさん、お弁当買ってきてくれて「YOU、食べちゃいなよ」って。ありがとうございます!

河合 毎回それ言うけどさ、ジャニーさんそういう人だけ、みたいになっちゃうから(笑)。 お弁当持ってくる人、みたいな。

塚田 僕たちだけでなくジュニアの子たちのも何十個と買ってきてくれるんです。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

【映画コラム】逆説的なビートルズへのラブレター『イエスタデイ』

映画2019年10月12日

 昨日まで、世界中の誰もが知っていたザ・ビートルズ。今日は、僕以外の誰も知らない…。そんな不思議な世界を描いた『イエスタデイ』が公開された。  売れないミュージシャンのジャック(ヒメーシュ・パテル)が引退を決意した夜、世界中で謎の停電が発生 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』堀田茜 女優宣言! 群雄割拠を勝ち抜く武器は“出川ガールズ”で培ったバラエティーセンス

映画2019年10月11日

 女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして同世代の女性を中心に支持される一方、日本テレビ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」では“出川ガールズ”の一員として、キュートな笑顔を振りまきながら体当たりロケに挑戦し、その姿が … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top