「2015新春 ジャニーズ・ワールド」制作発表 囲み取材詳報

2014年10月30日 / 16:04

 ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手掛けるエンターテインメントショー「ジャニーズ・ワールド」の3度目の公演が「2015新春 ジャニーズ・ワールド」として2015年の元日から開幕することになり、29日、東京都内の帝国ホテルで制作発表が行われた。

 製作発表には、佐藤勝利、中島健人、平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、ジェシー、マリウス、岩橋玄樹、神宮寺勇太、橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、そして、特別出演の錦織一清の総勢15人のメーンキャストが出席。

 「ジャニーズ・ワールド」3度目の出演となる佐藤は「進化した舞台でなく、進化し続ける舞台をお見せしたい」と意気込みを語り、中島は「来年は未(ひつじ)年なので、ファンの皆さんのうれしい悲“めぇ~”を頂けたら」と“健人節”でさらなる進化をアピールした。

 公演は都内・帝国劇場で2015年1月1日から27日まで。

 

--フレッシュな布陣での舞台となりますが、錦織さんいかがですか?

錦織一清(以下錦織) “フレッシュな”の後にすぐ僕ですか(笑)? 先ほども(制作発表で)言ったんですけど、こういう仕事をやっているとお正月に忙しいというのが見えのひとつでもあると思うんですよ。

--芸能人として、といいますか。

錦織 そう。ここのところ、1月は割と暇にしていたので、うれしいですね。

--お正月に行われる舞台で後輩もいますが、お年玉の心配はありませんか?

塚田僚一(以下塚田) よろしくお願いします!

河合郁人(以下河合) あ! そうだ!

錦織 後でじゃあ、口座番号教えて。

河合 振り込みですか(笑)新しいですね!

--お正月をジャニーズ・ワールドで迎えることについて、佐藤くんはどうですか?

佐藤勝利(以下佐藤) 日本のスタートですからね。そのスタートの日に、ファンが集まってくださるっていうことが素晴らしいことだと思いますし、見てくださった方にも1年のいいスタートを切ってもらえるような舞台にしたいと思います。

--中島くんは?

中島健人(以下中島) そうですね、やっぱりJAPANのスタートですからね。

佐藤 “日本”を英語にしただけ(笑)。

中島 やっぱりエネルギーがあふれてくるというか。この舞台をやって始まる1年っていうのは、すごくパワフルに迎えることができる、そして送ることができるというイメージがあるので。やっぱり「ジャニーズ・ワールド」は自分の原点なのかなって思いますね。

--Sexy Zoneのメンバーの菊池風磨くんは今回は参加しないんですよね。

佐藤 大学のテストがあって。

中島 テスト期間とかぶっちゃってるんですよね。

河合 仲悪いの?

中島 フレンドリーです!

河合 ギスギスしてない?

中島 してないです! お弁当一緒に食べてます!

--初演から出演しているA.B.C-Zの皆さんは、「ジャニーズ・ワールド」といえば僕たちでしょう、ぐらいの意気込みはある?

河合 いつもお兄さん的な場所で支えていたので。僕たちでしょうというか、責任感はありますよね。「ジャニーズ・ワールド」という名前ですし。僕たち、「ジャニーズ伝説」っていう舞台もやったりとかして、そんなにジャニーズ背負っていいのかっていう気持ちにはなりますけど。

塚田 僕たち、ジャニーさんと割と近い距離でお仕事させてもらえて、すごくありがたいし、うれしいです。まだまだ学ぶことがたくさんあるので。

河合 今一番近いんじゃないかな? 結構あるよね。

塚田 ジャニーさん、お弁当買ってきてくれて「YOU、食べちゃいなよ」って。ありがとうございます!

河合 毎回それ言うけどさ、ジャニーさんそういう人だけ、みたいになっちゃうから(笑)。 お弁当持ってくる人、みたいな。

塚田 僕たちだけでなくジュニアの子たちのも何十個と買ってきてくれるんです。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top