パンサー・向井がアフレコに初挑戦 「次回は恋愛ものの主人公かアバター役をやってみたい」

2014年10月28日 / 14:44

 11月12日からDVDレンタル、オンデマンド配信が開始される海外ドラマ「オリジナルズ<ファースト・シーズン>」の吹き替えキャストに起用されたお笑いトリオ、パンサーの向井慧が、本格的に声優に初挑戦した感想や作品の見どころを語った。

 本作は、海外ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」シリーズの大人気キャラクター・クラウスを主人公にした超常能力アクション。人知を超えた超常能力を持った人類史上最強のバンパイア一族<オリジナルズ>が、絶対権力と種族の存亡を懸けて人狼と魔女、種族間で闘う。向井は、第19話に登場する若きドクター役の吹き替えを担当している。

 

アフレコに初挑戦したパンサーの向井慧

―作品は見ましたか? 感想を聞かせてください。

  はい。僕は今ピースの又吉(直樹)さんとジューシーズの児玉(智洋)さんと一緒に暮らしているので、3人で見ました。魔女とかバンパイアが出てくるドラマで、すごく迫力があってリアルで、一度見始めたら止まらなくなりました。全部の話の中に必ず面白い部分があるので、全話を注目して見てもらいたいです。

―仲良く3人で見たんですね(笑)。

 3人はめちゃくちゃ仲が良くて。みんなガッツリはまって見ていたので「3人そろわないと絶対に見ちゃ駄目ね」って約束して、お互いに忙しくてもまめに連絡を取り合って、「オリジナルズ」を見るために早く家に帰ってきていました。

―初の吹き替えとは思えない演技力ですが、アフレコに初挑戦した感想は?

  めちゃくちゃ難しかったです。雰囲気とかキャラクターに合わせた声を出すのが難しいなと思いました。パンサーでいるときは、尾形(貴弘)さんを滑らせて結構回避しているんですけど、このアフレコは僕一人だったので、非常に緊張しました。

―アフレコをする上で工夫した点は?

 アフレコといえばエディ・マーフィみたいなイメージがあったので、最初はエディ・マーフィみたいな感じとか、いろいろなパターンの声を同居人たちの前で練習したんですけど、又吉さんから「それ絶対やめた方がええで」って言われて(笑)。最終的には又吉さんから「向井の声で演技した方がいいちゃうん?」という言葉をもらって、自分が無理なく出せる範囲の声の中でやらせてもらいました。

―今回はイケメンが多く登場する作品ということで、イケメンつながりで採用されたそうですが、今後、吹き替えの仕事ができるチャンスがあったらどんな役柄をやってみたい?

 やっぱりイケメンを生かして(笑)、すてきな恋愛ものの主人公みたいな役をやってみたいです。王子様的な感じの甘い声で(笑)。そういう役ってカッコいいですよね。それか、僕アバターに顔が似てるってめちゃめちゃ言われているので、アバターの役もやってみたいです。

―バンパイアにとって人狼は、かまれると死に至るという宿敵ですが、向井さんにとって人狼的な存在の人は?

  尾形さんですね(笑)。尾形さんは武器も何も持たずに戦場に突っ込んでいって必ず死ぬんですよね。それを僕と(パンサーの)菅(良太郎)さんがカバーしないといけないので、尾形さんが前に出るたびに何が起こるか分からないからドキッとしますね。まさか、味方にあんな敵がいるとは思わないので(笑)。

 ―超常現象とか不思議な体験をしたことは?

 ロケで結構怖い経験をしたことがあります。水子堂っていう地下にあるお堂のロケで、100個ぐらい風車が立っている中で、一個だけが風もないのにグルグル回っているのとかを実際に見ているので、そういう現象って本当にあるなって思いますね。

―バンパイアと人狼と魔女、超常能力として身に付けられるならどれがいい?

 魔女がいいですね。魔法が使えたら、絶対ウケる魔法とか使いたいです。その魔法さえあれば食いっぱぐれがないですからね。

―この作品をどんな人に見てもらいたいですか。

 「オリジナルズ」は、話も面白くてバンパイアも迫力があって面白いんですけど、でもやっぱり僕の声優シーンをぜひ注目して見ていただきたいと思います。僕は同居人とみんなでワクワクドキドキしながら見るのがすごく楽しくて、毎日みんなで都合を合わせて見る感じが、すごく楽しい生活の一部だったので、友達同士とかご家族で見るとより楽しめるんじゃないかなと思います。

 

●作品情報
11月12日から『オリジナルズ<ファースト・シーズン>』DVDレンタル、オンデマンド配信が開始。11月26日に『オリジナルズ<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス』が発売。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top