【軍師官兵衛インタビュー】阿部進之介 「体が温まって、普段から大きい声が余計に大きくなりました」 秀吉に仕え合戦で大活躍した猛将加藤清正役

2014年11月1日 / 16:48

 NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、豊臣秀吉(竹中直人)に仕えた加藤清正を演じている阿部進之介(あべ・しんのすけ)。「賤ヶ岳の戦い」では大活躍し、「七本槍」と称される勇敢な武将のひとりとなる。朝鮮出兵では先鋒を務め大軍を率いたが、石田三成(田中圭)との対立が表面化し、関ヶ原の戦いでは徳川家康(寺尾聰)側についた。清正同様、体中からエネルギーがみなぎる阿部が、秀吉への忠誠心と人情に厚い清正の実相を語る。

 

猛将加藤清正役の阿部進之介

-加藤清正を演じることになった時どう感じましたか?

 勉強して知れば知るほど、加藤清正は、熊本の人から今も慕われていて、有名なエピソードもたくさんある。すごくやりがいがあると感じました。今回は黒田官兵衛が主役ですが、清正を脇役だけで終わらせたくなかった。ちゃんと加藤清正として生きているように見えたらうれしいなと思っていました。例えば、他の武将を引き立てるようなシーンでもちゃんと(存在感を漂わせて)演技していないと、小物に見えてしまうんです。

-加藤清正と福島正則、そして黒田長政、3武将間でのバランスをどう考えましたか?

 清正は豪傑だけど、正則はもっと盲目的。長政は父譲りの知略が後々切れてくるようになるだろうなとか、どう変化するかを考えました。清正は城主になってからは治水とか地元民のためになることをやっていますし、ただ強いだけの豪傑ではないと考えました。

-印象的なシーンは?

長政と酒を飲みながら今後の豊臣家について話すシーンですね。そこでは清正の人物像がほかのシーンよりも深く掘り下げられています。

-松坂(桃李)さんが演じる長政はどう感じますか?

長政は16歳ぐらいから松坂さんが演じているから、若い時の長政を表現するのは大変だったと思います。でも、さすがだなと思って見ていました。声の高さとかまばたきとかいろんな工夫をしていましたからね。

-清正はあまりにも有名な武将ですから、日本人ひとりひとりの清正像があって大変だったのではないですか。

 困ることはなかったです。イメージや情報って多い方がいいし、自分では調べきれないところもあるから、逆に清正好きな人がいると(いろいろ聞けて)助かります。その中で、今回の「軍師官兵衛」で描かれる清正の姿に合う部分だけを取り入れていました。

-清正を演じたことで私生活への影響はありましたか?

 声が大きくなりました。撮影から帰ってきて人と会うときは余計に大きくなっています。叫んだり、声を張ったりするシーンが多かったので、体も温まっているのでしょう。エネルギーを発散する状態になっていたんだと思います。

-岡田准一さんや竹中直人さん、寺尾聰さんとの共演で感じたことはありますか?

 岡田さんは穏やかな方なのですが、その中に強さを持っている方。それが官兵衛に反映されていて魅力的です。竹中さんは動きが完成されています。もともと秀吉は武将ではない成り上がり。所作を気にしない立ち回りをされていました。ちょこちょこ動いたり、飛んだりはねたりとかいう動きは、一度秀吉を演じていらっしゃる方だからこそ。勉強になります。寺尾さんは、うさんくさい家康が出てきたなと思って見てました。片目をつぶりながらの演技がすごい。あれは本当に強烈な一手ですね。

-田中圭さん演じる三成とは敵対しますね。三成への憎しみをどう表現しましたか?

 ねちっこい感じにはしたくなかった。三成がどうのよりも、自分の生き方を全うできないことが悔しいという思いを強く表現するよう意識しましたした。からっとした人間でいたかったんです。にらみ付けてもよかったけど、そんな幼稚なものではなかったと思いますしね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「PARTY」 “未来に向けた新たな挑戦”で鈴木瑛美子&加藤和樹&伊礼彼方の歌声が響く

舞台・ミュージカル2021年5月11日

 ホリプロが日本から世界に向けたオリジナルミュージカルの創作を目指して始動した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」。数多くの応募の中から、脚本部門の作品が選出され、その脚本を使って新作ミュージカルのパイロット版「PARTY」が制作さ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top