【軍師官兵衛インタビュー】阿部進之介 「体が温まって、普段から大きい声が余計に大きくなりました」 秀吉に仕え合戦で大活躍した猛将加藤清正役

2014年11月1日 / 16:48

 NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、豊臣秀吉(竹中直人)に仕えた加藤清正を演じている阿部進之介(あべ・しんのすけ)。「賤ヶ岳の戦い」では大活躍し、「七本槍」と称される勇敢な武将のひとりとなる。朝鮮出兵では先鋒を務め大軍を率いたが、石田三成(田中圭)との対立が表面化し、関ヶ原の戦いでは徳川家康(寺尾聰)側についた。清正同様、体中からエネルギーがみなぎる阿部が、秀吉への忠誠心と人情に厚い清正の実相を語る。

 

猛将加藤清正役の阿部進之介

-加藤清正を演じることになった時どう感じましたか?

 勉強して知れば知るほど、加藤清正は、熊本の人から今も慕われていて、有名なエピソードもたくさんある。すごくやりがいがあると感じました。今回は黒田官兵衛が主役ですが、清正を脇役だけで終わらせたくなかった。ちゃんと加藤清正として生きているように見えたらうれしいなと思っていました。例えば、他の武将を引き立てるようなシーンでもちゃんと(存在感を漂わせて)演技していないと、小物に見えてしまうんです。

-加藤清正と福島正則、そして黒田長政、3武将間でのバランスをどう考えましたか?

 清正は豪傑だけど、正則はもっと盲目的。長政は父譲りの知略が後々切れてくるようになるだろうなとか、どう変化するかを考えました。清正は城主になってからは治水とか地元民のためになることをやっていますし、ただ強いだけの豪傑ではないと考えました。

-印象的なシーンは?

長政と酒を飲みながら今後の豊臣家について話すシーンですね。そこでは清正の人物像がほかのシーンよりも深く掘り下げられています。

-松坂(桃李)さんが演じる長政はどう感じますか?

長政は16歳ぐらいから松坂さんが演じているから、若い時の長政を表現するのは大変だったと思います。でも、さすがだなと思って見ていました。声の高さとかまばたきとかいろんな工夫をしていましたからね。

-清正はあまりにも有名な武将ですから、日本人ひとりひとりの清正像があって大変だったのではないですか。

 困ることはなかったです。イメージや情報って多い方がいいし、自分では調べきれないところもあるから、逆に清正好きな人がいると(いろいろ聞けて)助かります。その中で、今回の「軍師官兵衛」で描かれる清正の姿に合う部分だけを取り入れていました。

-清正を演じたことで私生活への影響はありましたか?

 声が大きくなりました。撮影から帰ってきて人と会うときは余計に大きくなっています。叫んだり、声を張ったりするシーンが多かったので、体も温まっているのでしょう。エネルギーを発散する状態になっていたんだと思います。

-岡田准一さんや竹中直人さん、寺尾聰さんとの共演で感じたことはありますか?

 岡田さんは穏やかな方なのですが、その中に強さを持っている方。それが官兵衛に反映されていて魅力的です。竹中さんは動きが完成されています。もともと秀吉は武将ではない成り上がり。所作を気にしない立ち回りをされていました。ちょこちょこ動いたり、飛んだりはねたりとかいう動きは、一度秀吉を演じていらっしゃる方だからこそ。勉強になります。寺尾さんは、うさんくさい家康が出てきたなと思って見てました。片目をつぶりながらの演技がすごい。あれは本当に強烈な一手ですね。

-田中圭さん演じる三成とは敵対しますね。三成への憎しみをどう表現しましたか?

 ねちっこい感じにはしたくなかった。三成がどうのよりも、自分の生き方を全うできないことが悔しいという思いを強く表現するよう意識しましたした。からっとした人間でいたかったんです。にらみ付けてもよかったけど、そんな幼稚なものではなかったと思いますしね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『検察側の罪人』原田眞人監督「サッカーに例えれば、木村さんはボランチで、二宮くんは足が速くて突っ込んでいくフォワード」

映画2019年2月18日

 都内・蒲田近辺で強盗殺人事件が発生。被疑者の一人として、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった松倉(酒向芳)の名が挙がる。事件を担当したベテラン検事の最上(木村拓哉)と新米検事の沖野(二宮和也)は、捜査方針をめぐって対立。やがて最上と松倉 … 続きを読む

「夫役の竹野内豊さんとアドバイスし合って、一緒にシーンを作り上げています」シャーロット・ケイト・フォックス(大森安仁子)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月17日

 ついに日本初のオリンピック出場に向けて準備を開始した金栗四三(中村勘九郎)と三島弥彦(生田斗真)。2人の選手と共に開催地ストックホルムへ向かうのが、日本代表監督を務める大森兵蔵(竹野内豊)とその妻・安仁子だ。国際結婚でアメリカからやって来 … 続きを読む

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top