舞台「なにわ侍 ハローTOKYO!!」囲み取材(14年2月5日)詳報

2014年2月5日 / 22:09

 

--関西パワーとしては関ジャニ∞さんもいますし、そのすみ分けというか、どのように考えていますか?

桐山 関ジャニ∞さんがいたときに僕らはバックでやらせてもらって、一緒に経験させてもらったんですけど。お兄さんというのもあるけど、ここまで来たらライバルになりますからね。僕たちもこの勢いでグングン行くので。

重岡 デビューしてから僕たちに一番近い関西の先輩として、「おめでとう」という言葉と、「デビューというのは誰もができることじゃないから、それをかみしめてやってくれ」という言葉と、「これからは一緒に戦っていく仲でもあるから、おまえら頑張れよ」というメッセージを頂きました。

桐山 めっちゃ優しかったですよ。この前、年明けのライブを見に行かせてもらったときに、横山(裕)くんたちが「絶対売れるんやぞ。売れろよ」と言ってくれて。なんていい先輩。お年玉もみんなにくれて。俺だけ1000円やったという。みんなもうちょいもらってるのに。

小瀧 いいじゃん、俺ライブ行ってないからもらってないもん。

桐山 横山くんが、ばっと並べて、「好きなの取れ、一つだけハズレあるから」って。そしたら俺が引いて。「おまえいけるわ、売れるわ」って言ってくれて。

 

--いい年になりますね。では、目標は?

桐山 遠いとこ言わずまずは近いところ言おう。ドーム! 将来10年後のとかじゃなく、近々ドームしたい。14年にしたい目標。

重岡 横山くんに言われましたもん。「まずドームできるようになったら一流やな」って。そこはやっぱり頑張りたいですね。

中間 東京でこういう形でのお披露目なんですけど、関西のファンがいてこそのデビューだったので、大阪でもお披露目できたらいいな。

桐山 全国でしたいね。全国行きたいです。

 

--近々1カ月以内にたこ焼きを焼く予定はあるんですか?

桐山 やるかもしらん。

重岡 まあ1回みんなでたこ焼きパーティーでもしましょうよ。記念に。関西らしくしようと思います。

 

--今回は、この(舞台で披露した)曲(の中)からデビュー曲が決まるわけですよね?

桐山 まだ決まってなくて、皆さんの投票という形にもしますし。今まだ決まってないですけど皆さんの反応を見たりとか。

 

--メンバーの皆さんの意見も出せる?

桐山 はい、もちろん。僕ら出せへんかったらどうしたらいいんですか!

中間 そもそも曲自体も僕らが全部選ばせてもらって。その中から一番いいのを。今回来てくださったお客さんもそうですし、ファンの皆さんにも聞けるようなイベントをしてみたいなと思っているので。

重岡 ファンと共に僕らは来ましたから。

桐山 4月までまだ時間もありますし。

重岡 さっきも言いましたけど、恩返しとして、ファンと一緒に盛り上がっていけたらいいなと思っています。プレゼントとして。

桐山 僕らをきっかけに関西が盛り上がってくれればうれしいですね。関西Jr.もいっぱいいますから。

 

--とにかく7人ということにファンの皆さんも喜んでいると思うので、最後に意気込みとメッセージを。

重岡 ワシ? ワシって言っちゃった。俺か。皆さんはじめまして! ジャニーズWESTです。これから僕たち7人で力を合わせて、てっぺん上り詰めたいと思います。よろしくお願いします!

一同 お願いします!

桐山 やったるで!

 

--確かに「やったるで」とかでまとめたらいいかもしれないですね。

桐山 いいの出した?じゃあもう1回いきます?

重岡 皆さんはじめまして!

桐山 そっからやるの!? うぉーいってなるわ。テーク2で。

濱田 じゃあ入ってくるところから、もう1回やろう。

小瀧 お願いしまーす!

中間 あれいきましょうよ。「新時代の7人の侍の」って言おう。

重岡 あー、それいいじゃないですか。

桐山 え? ちょっと電話で言って。

小瀧 ハワイの桐山さーーん!

桐山 はいはーい!

重岡 もうマイクさんも手がぷるぷるしてきたから!

桐山 いきましょ、いきましょ。

重岡 絶対なったるで! 新時代の!

全員 7人の侍に!

桐山 ちょっと恥ずかしいですね。

重岡 これからもよろしくお願いします。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top