生田斗真「磯村勇斗に会うのが楽しみな現場」磯村勇斗「生田さんは兄のように優しく、懐が深かった」芥川賞候補作の映画化で初共演『渇水』【インタビュー】

2023年6月1日 / 09:00

 悪役で強烈な印象を残したNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(22)、銭湯店主を演じた『湯道』(23)など、作品ごとに多彩な表情を見せる生田斗真。そして、『PLAN 75』(22)、『さかなのこ』(22)など、話題作への出演が続く磯村勇斗。2人の初共演作『渇水』が6月2日から公開となる。河林満の芥川賞候補作を原作に、料金滞納家庭の水道を停止して回る水道局職員の葛藤を通して、社会の矛盾にスポットを当てたヒューマンドラマだ。公開を前に、2人がその舞台裏を語ってくれた。

(C)「渇水」製作委員会

-本作は『孤狼の血』(17)、「仮面ライダーBLACK SUN」(22)などを手掛けた映画監督の白石和彌さんが企画プロデュースした、お二人の初共演作ということで注目の作品です。互いの印象はいかがでしたか。

生田 磯村さんの誠実さというか、“芯の太さ”みたいなものが、お芝居にも表れていた気がします。一緒にいて気持ちよく、毎日、磯村勇斗に会うのが楽しみな現場でした。待ち時間には、お薦めのサウナの情報も聞いたりして。ただ、近所のお薦めを教えてほしかったのに、「北海道の…」って言われてびっくりしましたけど(笑)。

磯村 行けませんよね(笑)。生田さんとは今回、「初めまして」からだったんですけど、兄のように優しくフランクに接してくださいました。おかげで、実際の距離感を紡いでいく中で、役の上での先輩・後輩の空気感も自然に出来上がっていった気がします。しかも、すごく懐の深い方で。今回、雨で撮影が左右されることが多く、待ち時間が結構あったんです。

生田 『渇水』なのに、ずっと雨が降っていて(笑)。

磯村 普通だったら「そんなに待てないよ」って怒ってもおかしくないと思うんです。でも、生田さんはいつも通りの笑顔で、「やむまで待とうか」って。そういうことを言えるのが、すごくすてきだなと思って。おかげで、気持ちよくご一緒させていただきました。

-生田さん演じる水道局職員・岩切俊作と、磯村さんが演じた同僚の木田拓次のリアルな存在感が抜群でした。それぞれ演じる上でどんなことを心掛けましたか。日々、水道を停めて回る岩切は生活がすさみ、心が渇ききった人物で、初登場シーンではその内面を象徴する生田さんの生気のないまなざしが強烈な印象を残しますが。

生田 世の中にはいろんなルールや規制やモラルがあり、それを当たり前のように生活の一部として受け入れていますよね。それがふと「あれ? ルーティンみたいに生きているけど、なぜこうなんだっけ?」と疑問に感じることがあるんです。でも、その歯車を止めることができないまま時間は過ぎていって1日を終え、また新しい1日が来る…。その繰り返しに怖くなる瞬間もあって。そんなときに感じるちょっとした胸の痛みや“ざわめき”みたいなものを、この映画では少し織り交ぜていったような感覚です。

-俳優の仕事はサラリーマンなどと違い、そういうルーティン感とは無縁なイメージがありますが。

生田 朝起きて、シャワーを浴びて現場に行って、仕事して、お昼を食べていると、「あれ? なぜ僕はここでこれを食べているんだ。この揚げ物を食べたいんだっけ?」みたいな感覚になる瞬間もあるんです(笑)。そういう記憶を引っ張り出してきて、演じていた感じです。

-磯村さんが演じた木田は、岩切とは少し違った体温の持ち主ですね。

磯村 岩切さんより木田の方が保守的だと思ったので、2人の差をしっかり出すことを心掛け、生田さんとのやりとりの中で温度感を調整しながら演じていました。

-木田には、母親に見捨てられた幼い姉妹に対して優しさを見せる一面もあります。

磯村 木田は子ども好きでもあるので、本当は子どもたちに愛を持って接したいんだけど、仕事の立場上、壁を作らなきゃいけない。そういう葛藤やモヤモヤも抱えた人だったので、その間で揺れ動いている部分もしっかり作っていこうと思っていました。

-本作は高橋正弥監督が長年温めてきた企画で、念願の映画化だそうですが、監督の印象はいかがでしたか。

生田 初めてお会いしたとき、企画の立ち上げから紆余(うよ)曲折を経てここまでたどり着いたこと、役に対する思いなどを熱弁されていたのがすごく印象的でした。いろんなスタッフの方から、「人間的にも素晴らしい方」と伺っていましたし、実際に会ってみると「一緒に旅に出てみたい」と思わせてくれる方でした。

磯村 僕も、いろんな方から高橋監督の評判は聞いていて、皆さん、高橋監督が映画を撮ることをすごく喜んでいたんです。現場に入ってみたら、みんなで意見を出しながら作っていくことを大切にしていたので、信頼できる監督だなと。本当に穏やかで、映画を愛している方だと感じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top