細田佳央太が見つめる未来「俳優を続けていくことが一番の目標」 連続ドラマW-30 「ドロップ」【インタビュー】

2023年6月2日 / 08:00

 品川ヒロシが自らの青春時代をベースにつづった小説をドラマ化した、連続ドラマW-30 「ドロップ」が6月2日から放送・配信される。本作は、2009年には品川が自らメガホンを取って映画化し、大きな話題を呼んだ。主人公・信濃川ヒロシを演じる細田佳央太に役作りについて、本作の見どころ、さらに俳優という仕事への思いなどを聞いた。

細田佳央太 (ヘアメーク:菅野綾香、スタイリスト:岡本健太郎) (C)エンタメOVO

-細田さんが演じた信濃川ヒロシは、ヤンキーに憧れ、ヤンキーになろうと奮闘する役です。これまでの細田さんのイメージががらりと変わる役柄でした。

 そうですね。僕は基本的に争いごとを嫌うタイプですし、ヤンキー言葉を使ったり、“メンチ”を切ったこともないので(笑)、自分でもできるのかなという不安はありました。ただ、ヒロシはもともとヤンキーだったわけではなく、ヤンキーになろうとするという男の子だったので、そういう意味では演じやすかったです。

-細田さん自身は、ヤンキーに憧れを持ったことはありましたか。例えば、髪の毛を染めることに憧れたことはありますか。

 なかったです。みんなから「うらやましい」と言われるぐらい直毛なので、髪を染めると髪質も落ちてしまうと思って、やろうと思ったことはないです。今回は、役を演じる上で必要だったので赤髪にしました。

 -そうすると、今回の赤髪はかなり貴重ですね。

 僕自身も新鮮でした。この役に出会えなかったら、赤髪にできなかったと思いますし、もしかしたらこれが最初で最後の赤髪になる可能性もあるので、すごくいいタイミングで挑戦できて、ありがたいです。

-芝居の面では、どのようなところを意識して演じましたか。

 ヒロシの役割上、テンポ感やツッコミの言い方が大事だと思っていたので、そこを崩さないようにと思っていました。なので、それ以外は深く考えないようにしていました。ヒロシは何をしても許されるキャラクターなので、役作りや準備をそんなにしていったということもなかったです。ただ、僕はどの役を演じるときも、その役をいとおしいと思ってもらいたいと思いながら演じているので、今回のヒロシも見た人にいとおしいな、愛くるしいなと思ってもらえたらいいなというのは意識していました。

-それは、つまりは細田さん自身が演じる役を誰よりも好きでいなくてはできないことだと思いますが、今回演じたヒロシはどんなところが魅力でしたか。

 ヒロシはヤンキーの目線にもなれるし、ヤンキーじゃない人の目線にも立てるので、二つの立場を知っているというのが、(この物語の中の)ヤンキーしかいない世界線の中ではすごく魅力的だと思います。弱い人の立場にも強い人の立場にもなれるのは、彼のいいところだなと。

-品川監督からはどんな演出がありましたか。

 最初に「原作や映画を参考にしないでほしい」と言っていただきました。それから、「ヤンキーがいない世界からヤンキーが当たり前の世界にヒロシは入っていく。これはつまり、異世界ものだと思ってくれればいい」とおっしゃっていて、すごく納得できました。今、“転生もの”がはやっていますが、この作品もヒロシの立場から見れば、確かに転生なんですよね。そう考えるようになったら、世界観に対する違和感や距離感がなくなったように思います。

-劇中では、ヒロシの突っ込みもさえていますが、品川監督から何かアドバイスはありましたか。

 突っ込みの仕方からテンポまで細かく教えていただきました。僕もこれまでコメディー作品に出演してきたので、自分なりのせりふのテンポ感を持ってはいたんですが、それだと突っ込みが印象に残らないと。例えば、「何でだよ」ってただ言うのではなく、「っ何でだよ」って「っ」を入れることで変わる。言い方一つで大きく変わるんですよ。すごく勉強になりました。

-ところで、ヒロシは進学校からドロップアウトしてヤンキーになりますが、細田さんは幼い頃から俳優の仕事をしてきて別の道を考えたことはありましたか。

 辞めたいと思ったことはないですが、最近、小さい頃からお芝居を続けてきた人と、18歳ぐらいでお芝居を始める人と、どっちがいいんだろうというのは考えます。18歳から始める方は、部活や勉強に打ち込んだり、恋愛をしたり、いろいろなことを経験できますよね? ある種、縛られた状態で過ごしてきた自分にとっては、そうした人たちの経験値の方が優れているように思うので、どっちがよかったのかなと思うときはありますが、だからといって小さい頃に仕事を始めたことは後悔していないですし、ほかの仕事に就くことも考えたことはないですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top