「らんまん」要潤「皆さんの予想をどんどん裏切る方向に」主人公・万太郎の運命を左右する東大教授役【インタビュー】

2023年6月1日 / 08:20

 NHKで放送中の連続テレビ小説「らんまん」。明治から昭和にかけて活躍した“日本の植物分類学の父”牧野富太郎博士をモデルに、愛する植物のため、激動の時代をいちずに突き進む主人公・槙野万太郎(神木隆之介)の波瀾(はらん)万丈な生涯を描く物語だ。故郷・高知を離れて上京した万太郎は、東京大学植物学教室への出入りを許され、目下、植物学にまい進中。その植物学教室を率い、万太郎の運命を左右する存在となるのが、教授の田邊彰久だ。演じる要潤が、田邊と万太郎の関係、幼い頃から知る主演の神木の印象などを語ってくれた。

田邊彰久役の要潤 (C)NHK

-出演が決まったときの気持ちは?

 朝ドラは久しぶりだったので、うれしかったです。「まんぷく」(18~19)のスタッフと再会できる喜びもありましたし。台本を読んでみたら、東京大学の植物学教室に関する記述が興味深かったのと、万太郎に対する田邊教授の向き合い方が奥深くて、すごくワクワクしました。

-万太郎と田邊教授が東大の植物学教室で初めて出会うシーンは、和やかさの中に微妙な緊張感が漂っていました。演じるに当たって心掛けたことは?

 あの段階では、万太郎にとって田邊教授がどういう存在になっていくのか、あまり明確に示さないように心掛けました。「この人何だろう?」という食えない感じの表情や、「歓迎しているけれど、ちょっと変な顔していない?」という雰囲気を少しずつ入れて。そうやって膨らみを持たせ、「この先、2人はどうなっていくんだろう?」と思わせられればと考えていました。

-そうすると、田邊教授の目には、万太郎はどう映っているのでしょうか。

 万太郎は、田邊教授にとって、恐らく「すごくよくできる社員の1人」という感じだと思います。「味方にすると心強いけど、敵に回すと怖い」。そういう思いで接しているんじゃないでしょうか。

-ところで、田邊教授は日本語と英語混じりのせりふを話しますが、難しさはありますか。

 語学は僕もずっと勉強してきましたし、監修の先生が細かく指導してくださるので、何とか乗り越えられています。当時の英語を学習した人ならば、こういう英語を話すかもしれないな、という想像をしながらお芝居をしています。ただ、英語と日本語ではテンポが違うので、そこは気を付けています。

-田邊教授を演じる中で、植物に対して興味が湧いてきた部分はありますか。

 長く演じさせてもらっているので、だんだんとそういう気持ちが芽生えてきました。もともとは部屋に観葉植物を飾るぐらいで、興味は人並みだったんです。でも、今では自宅前の緑道に生えている花や草木を観察するようになって。その中から新種を見つけて、自分の名前を付けられないかなとひそかにたくらんでいます(笑)。

-万太郎役の神木さんの印象を教えてください。

 神木くんのことは8歳の頃から知っていますが、いい意味でその頃から変わりませんよね。真っすぐで、お芝居への向き合い方も真摯(しんし)。僕はお芝居をするとき、割と裏をいくタイプなんですけど、彼はバシッと真正面からくるんです。それを見ていると、本当に純粋だなと。共演者にもスタッフにも、分け隔てなくフラットに向き合う姿勢もすてきで、万太郎にぴったりです。僕もいつも、そんな神木くんから元気をもらっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top