生田斗真、撮影中に知った門脇麦の“特技”を明かす 「今まで出会った女優さんの中で、一番帰るのが早い」

2023年5月25日 / 10:22

(左から)高橋正弥監督、門脇麦、生田斗真、白石和彌監督 (C)エンタメOVO

 映画『渇水』公開直前ティーチインイベントが24日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、門脇麦、高橋正弥監督と企画プロデュースを務めた白石和彌監督が登壇した。

 本作は、河林満氏の小説『渇水』を映画化。水道料金を滞納する家族の水を日々停めて回る業務に就く水道局員の岩切(生田)が、たった2人で家に残された幼い姉妹との交流を通じて“生の希望”を取り戻していく姿を描く。

 出演の経緯を尋ねられた生田は「日本映画界で『とんでもなく面白い脚本があるらしい』とうわさになっていた。その脚本が時を経て、自分の元に回ってきて…。中身の素晴らしさはもちろん、たくさんの人の愛情がふんだんに詰め込まれた脚本で、ただならぬオーラを放っていた。これは参加しないときっと後悔すると思って、即座に参加を決めました」と語った。

 演じた岩切については、「自分のせいで家族と離れて住むことになり、人生も思考もストップしてしまったような人物」と紹介し、「自分はどこにいるのか、何のために働いているのか、いろんな感情にふたをして、痛みも何も感じないように無理をしている。そういう男の悲しい目、独特のオーラがにじみ出てくるといいなと思いながら演じていました」と明かした。

 一方、姉妹の母親を演じた門脇は「ネグレクトをするという難しい役。でも彼女にもそういう行動を取ってしまった理由がある。絶対にただの悪い人ではないので、0.1秒でもいいから、娘たちを見守る瞳に悲しみだったりがにじむようにと、心がけて演じました」と語った。

 また、撮影中の思い出として生田は「麦ちゃんは今まで出会った女優さんの中で(撮影後に)一番帰るのが早い。気が付いたらメークを落として、私服になって、『お疲れさまでした』って車まで走っていく。『何で?』と聞いたら、『一秒でも早く帰りたい』とのことで」と笑いながらエピソードを披露。

 その秘訣(ひけつ)を尋ねられた門脇は「段取りをちゃんと組むこと。例えば、駐車場が遠ければ、マネジャーさんに『車を前につけておいてください』と頼んでおく。あとは走りながら脱げるものは脱いでいく。それが一番大きなコツです」と回答。これには生田も「本当に早い。すがすがしい」と感心していた。

 映画は6月2日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也の12年ぶりの再会に感動  「運命を感じる」「真樹の『泣くなよ』がよかった」

ドラマ2024年4月17日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第2話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我の雨の中のキスに反響多数  「横顔が美し過ぎる」「キュンを超えて面白い」

ドラマ2024年4月17日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第3話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお迎えがきっかけで保育士・青田 … 続きを読む

ドラマ「からかい上手の高木さん」月島琉衣&黒川想矢が撮影秘話を語る  映画版主演の永野芽郁&高橋文哉に対面し「うれしい」と感激

ドラマ2024年4月17日

 現在放送中のドラマ「からかい上手の高木さん」(TBS系)の主演を務める月島琉衣と黒川想矢が取材に応じ、ドラマの見どころや撮影時のエピソードなどを語った。  本作は、山本崇一朗氏による同名コミックが原作(小学館「ゲッサン少年サンデーコミック … 続きを読む

瀬戸利樹、“女性向けのセラピスト役”で「新しい価値観に出会えた」 久保田悠来、池田匡志と共に「女性用風俗」の講習に参加

ドラマ2024年4月17日

 ドラマアディクト「買われた男」第1話先行試写会&記者会見が16日、東京都内で行われ、出演者の瀬戸利樹、久保田悠来、池田匡志が登場した。  本作は、セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢など、さまざまな悩みを抱えた女性たちが「女 … 続きを読む

「95」あか抜けていく“秋久”高橋海人の姿に 「応援したくなる」 「陰キャのQとギャルの絡みのシーンが面白かった」

ドラマ2024年4月16日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第2話が、15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top