米倉涼子&松本穂香、フィリピンでのロケで「彼らはそれでも生きていかなければいけないんだと考えさせられた」 「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」【インタビュー】

2023年3月15日 / 08:00

 国境を越えて遺体を遺族の元へ送り届ける国際霊柩送還士の姿を描いた、Amazon Originalドラマ「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」が、3月17日から配信される。物語の舞台は、羽田空港内に事務所を構える“エンジェルハース”という小さな会社。口は悪いが情に厚い女社長の伊沢那美を演じる米倉涼子と、新入社員の高木凛子を演じる松本穂香に、撮影の裏話や見どころを聞いた。

松本穂香(左)と米倉涼子 (C)エンタメOVO

-「国際霊柩送還士」という仕事をテーマにしたドラマと聞き、最初にどんな感想を持ちましたか。

米倉 もともとドラマの原作となっている佐々涼子さんの本が大好きだったので、「まさかあの本が?」と驚きました。強くて潔い女性像がかっこよく、いつかこうした女性を演じられたらいいなと願っていたので、驚きはありましたがうれしかったです。

松本 私は、このドラマのお話を聞くまで国際霊柩送還士という職業を知りませんでした。ただ、テレビなどで海外で亡くなられた日本人のニュースを見ることもあったので、改めて考えると確かになくてはならない職業だと思いました。

-米倉さんと松本さんは本作が初共演になりますが、互いの印象は?

米倉 すごくかわいいなと。撮影が進むにつれて、体育会系ではないんだろうな(笑)というのは分かっていきましたが、すごく神秘的な印象がある方なので、最初は私も撮影で緊張していたこともあり、どんなお話をしたらいいんだろうと思いました。

松本 私は米倉さんが撮影で緊張されるというイメージがなかったので、ギャップを感じました。こんなに完璧に見える方でも緊張されるんだと思うと、安心しました(笑)。

-最初に会ったときには、緊張しているとは感じなかったですか。

松本 はい。「緊張しているんだよ」と聞いて初めて知りました。

米倉 私、緊張すると動けないタイプじゃなくて、緊張すると動きが速くなるんですよ。普段からせっかちなのに、さらに動きが速くなるから、あまりそう見られないのかもしれません。

-なるほど。撮影を振り返って、大変だった点は?

米倉 「国際霊柩送還士」というハードな職業を描いているので、スタジオのオフィスでずっと撮影というよりは 、あちこちにロケに行かなければならなかったんです。それに、ご遺体を引き取って、搬送して、ご遺族ともお会いして…という中で、さまざまな立場の人たちのさまざまな思いを背負うことになるので、彼女たちの仕事がいかに大切で大変なものなのかということはロケを重ねるたびに感じました。今回、ロケでフィリピンにも行ったんですよ。

松本 私は海外でのドラマ撮影は初めてでした。フィリピンでは、例えば物乞いをする子どもたちがいたり、日本にはない街並みがあったり、現実ではこうなんだということをリアルに感じられました。体力的にというよりは、気持ち的につらいことも多かったように思います。

米倉 今回はスラム街と呼ばれる場所で撮影したんです。「ハッピーランド」という地区の元ゴミ集積場だったような場所で、土下座をするというシーンを撮影しなければならなかったんです。スタッフさんの配慮でお芝居をする場所には新たに土を敷いてくださっていたんですが、撮影の前日に台風が直撃して大雨が降って、下水が流れてきてしまって…。土を敷いても全く意味がなかったということがありました(笑)。

 食べ残ったものを油で揚げて売っているお店があったり、衛生的にどうかなと思うものもあったり…。彼らにとってはそれが日常なんだと思うといろいろと考えさせられました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top