「これは遊び心と喜びにあふれた映画」ルーシー・リュー&レイチェル・ゼグラー『シャザム!~神々の怒り~』 【インタビュー】

2023年3月16日 / 08:00

 実は最強なのに、中身は子どものヒーロー・シャザム(ザッカリー・リーバイ)と、迫り来る“神”との闘いを描く、DC最新作のバトル・アドベンチャー『シャザム!~神々の怒り~』が、3月17日(金)から日米同時公開となる。今回シャザムと相対するのは、“神の娘”の三姉妹。三者三様の個性でシャザムを翻弄(ほんろう)するのは、冷酷で聡明(そうめい)な長女ヘスペラ(ヘレン・ミレン)、凶暴で野心が煮えたぎる次女カリプソ、姉妹の中でも異端で謎だらけの三女アンというくせ者ぞろい。今回は、カリプソとアンを演じたルーシー・リューとレイチェル・ゼグラーに話を聞いた。

ルーシー・リュー Photo by Eric Charbonneau

-今回、大ベテランのヘレン・ミレンさんも加えて、親子孫のような不思議な姉妹を演じてみて、いかがでしたか。また、女神を演じた感想を。

ルーシー ヘレン・ミレンとの共演は本当にスリリングでした。彼女はカメラが回っていてもいなくても、それこそ女神のような存在で、まれにみる寛大な心の持ち主。私たち2人の面倒もよく見てくれたし、撮影時間外もいろいろな話を聞かせてくれました。

レイチェル ヘレンはとても謙虚だし、気さく。それにいろんな冗談を言って笑わせてくれたので、こちらも緊張が解けました。多分いろんな人も彼女に会うと気構えてしまうのでしょう。だからあえて気さくにしているのかもしれません。私がヘレンと初めて会ったのは衣装部屋でした。私はびっくりしてしまいましたが、「どうも、はじめまして」とにこやかにあいさつしてくれました。彼女からは、気品や、女神らしさについて、いろいろと学んだ気がします。彼女の姿を見ているだけで学ぶことが多かったです。

ルーシー 女神を演じる上でも、品格と重みを持って演じることについて教わりました。女神は、大群衆を目の前にするときも、まるでモーゼが目の前の海を割ったかのように、道が開けることを当然のことと思っているような表情をするといいと。ヘレン自身もそのように演じていました。しかも面白おかしく。

-アンとカリプソは真逆の性格ですが、撮影現場ではいかがでしたか。それぞれ役柄と対照的な部分や、似ている部分はありますか。

レイチェル 私は結構アンに似ているところがあると思います。ませているところがあるから、割と素で演じることができました。年齢が6000歳ということにも、あまり違和感を抱かずに演じられました(笑)。ただ、アンとカリプソとの関係は、私とルーシーとの関係とは全く違います。姉妹愛はあるけれど、ライバル意識はありません。カリプソがアンに向かって「つまらない女!」と意地悪を言うシーンがあるけれど、テイクを終えると、「今のは意地悪だったね、ごめんね」とルーシーに謝られました。

ルーシー 三姉妹の力学については、製作陣は意識して伏線を張っていたと思います。というのも、途中から3人の関係性が変わるので。最初はカリプソの味方をしていたヘスペラが、後半ではアンの味方をするようになる。3人の関係性がそうやって変化すると、リアルさが出てきます。撮影現場3人はとても相性が良く、自然でした。そういう意味では、とてもラッキーだったと思います。プレスツアーでも、3人1組でやらせてもらえるようにお願いをしたほどでした。私にはカリプソと似ているところはあまりないと思っています。彼女は、自分の行動が周りにどういう影響を与えるかに関しては無関心だし、ミッションを追求する上での視野が狭い。私は、カリプソよりも物事を客観視することができるし、もっと柔らかい人間だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top