松山ケンイチ&長澤まさみ、42人を殺した介護士とそれを裁く検事役で初共演 「男女でも、言論での殴り合いが本気でできるんだなと思った」『ロストケア』【インタビュー】

2023年3月21日 / 09:00

 ある民家で老人と介護士の死体が発見された。捜査線上に浮かんだのは死んだ介護士と同じ訪問介護センターに勤める斯波宗典。彼は献身的な介護士として介護家族に慕われる心優しい青年だった。検事の大友秀美は、斯波が勤める訪問介護センターで老人の死亡率が異常に高いことを突き止める。大友は真実を明らかにするべく斯波と対峙(たいじ)する。葉真中顕の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作を前田哲監督が映画化した『ロストケア』が、3月24日から全国公開される。本作で、介護士の斯波を演じた松山ケンイチと検事の大友を演じた長澤まさみに話を聞いた。

松山ケンイチ(左)と長澤まさみ (C)エンタメOVO

-今回は、難役だったと思いますが、演じるに当たって気を付けた点はありましたか。また、この映画のメインはお二人の対決シーンでしたが、互いの演技を見ながら、どんなことを感じましたか。

松山 まず、斯波というキャラクターは、42人を殺害していますよね。これは原作通りなのですが、原作が発表されたのは10年前です。その当時は、介護殺人がまだあまり表に出てきていませんでした。その後、介護殺人の事件がいくつか起きてしまい、命の選別や優生思想が問題になったりもしましたが、それは障がい者だけではなくて、うば捨て山のような考え方も含まれているような気がします。

 ただ、それは、僕らが『ロストケア』という作品を通して伝えたいことではなかったので、同じ殺人でも、これは全く違うというところを、演技で明確に表現しなければいけないという課題が新たに出てきたと思いました。もし、そういう事件が起こる前に、この作品がクランクインしていたら、また違う表現だったかもしれないと。

 けれども、実際にそういう事件が起きてしまったので、それとは明らかに違うということを表現しなければならない。そこはすごく悩みましたし、監督とも何度も話し合いました。とにかく、間違って伝えないようにしないといけないなと。そこには誠実さがなければ伝わらないものもあるだろうと。誠実さと殺人者というところが、うまくリンクできればいいなと思いながらやっていました。

 大友と斯波は全然立場が違うし、ある意味、法の番人と法から外れた人です。けれども、法律というのは理想のようなものなのかもしれない。実際、法律には穴もあると思うんです。それを知っているのは介護の現場にいる斯波だったりもするんです。大友が、ただ「あなたは殺人犯です。サイコパスです」と切り捨てていたら、この話は成立しません。

 僕らは、互いに問答を繰り返しながら、「もしかすると、これは間違いなのか。それとも正しいのか」という揺れみたいなものを表現しなければなりませんでした。それがある意味、この国をどうしていきたいのか、という未来の話をしている2人にもなると。僕は、そうしたことを原作から受け取って、それが(原作では)大友が男性だったから成立したのかということがすごく気になっていました。

 ところが、実際に撮影現場で大友が女性になって、まさみちゃんになっても、それができたんです。性別は関係なかったんだというのは、一緒にやらせていただいて初めて感じたことでした。男女でも、言論での殴り合いが本気でできるんだなと。それを表現してくださったので、すごく助かったし、ありがたかったし、意識的かどうかは分かりませんが、しっかりと表現されていることに驚きました。

長澤 大友も、私生活で悩みを抱えているので、斯波と向き合って事情聴取をしていく中で、だんだんと斯波の言葉に巻き込まれていって、自分の正義が見えなくなって葛藤したり、悩んだりする役柄でした。そうしたことがうまく伝わればいいなと考えながら演じていました。それがきちんと演じられれば、大友として成り立つのかなと思いました。

 対決の場面は、松山さんと一緒にお芝居をする上で、足手まといにはなりたくないなという思いがありました。ちゃんと向き合っていけるように、負けないように頑張らないといけないなと。それに検事という立場もあるので、説得力が大事だなと思いながらやっていました。そういう意味で、対等にぶつかれるような形でお芝居ができたらいいなと。

 「原作では大友は男だから、原作は読まなくていいよ」と監督から言われたのですが、気になってさらっと読みました。エリートでとても硬い印象だったので、あまり女性らしくしない硬いイメージを持って、説得力や強さを表現する。それが、私生活では迷いがある人なのに、仕事になると突き進んでいくという、意思の固さにつながればいいなと思いながら、向き合うようにしました。

 ただ、それはあくまでもイメージで、現場に行って松山さんと話したときに生まれるものを大事にしていけたらいいなと思いました。現場で変わった部分もありましたが、強さは大事にしていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top