松たか子「気持ちよくばかなことができました」逃げていたコントに初挑戦!「松尾スズキと30分強の女優」松たか子【インタビュー】

2023年3月23日 / 08:00

 大人計画主宰、シアターコクーン芸術監督で、コントの名手でもある才人・松尾スズキが旬の女優たちと組んで繰り広げるコントシリーズ待望の第3弾「松尾スズキと30分強の女優」が、3月25日からWOWOWで放送・配信スタートとなる。今回は時間も45分に拡大し、松たか子と長澤まさみの魅力がたっぷりと味わえる作品となった。放送を前に、コントに初挑戦した松が、番組の舞台裏やそこに込めた思いを語ってくれた。

松たか子(ヘアメーク:須賀元子/スタイリスト:梅山弘子(KiKi inc.))

-45分間、多彩なコントで楽しませていただきました。コント初挑戦とのことですが、出演の経緯を教えてください。

 実は、今までも何度かお話を頂いていたんですけど、「私、面白いことができないので、無理です」って、ずっと逃げていたんです(笑)。「『パ・ラパパンパン』(松尾演出の舞台)頑張るので、勘弁してください」って。でも、『パ・ラパパンパン』を一生懸命頑張ったら、またお話しを頂き、逃げる理由がなくなってしまって。松尾さんも、「そのままやれば面白くなるようにホンを作るから、大丈夫です」とまで言ってくださったので、いろいろと理由を付けて断るのも申し訳ないと思い、「はい」とお返事して、ドキドキしながらホンを待っていました。

-「大豆田とわ子と三人の元夫」(21)のようなユーモアのある作品にも出演しているので、笑いが苦手というのは意外です。

 「大豆田」は、出ている皆さんは「面白くしよう」と思っていたわけではなく、普通にお芝居をしている感覚だったんです。面白くしようとしていたのは、東京03の角田(晃広)さんぐらいで(笑)。松尾さんの場合、面白さを狙いつつ、必ずどこか毒のあるものを作り続けてきた方なので、「そこに私がうまく入れるかな?」と不安だったんです。

-なるほど。

 でも、必死にやる姿が松尾さんに「面白い」と思ってもらえるのであれば、それでやるしかないかなと。だから、常に一緒にいて見守ってくださって、ちょっとしたテンポやテンションについてアドバイスを頂けたのは助かりました。言われた通りにやると、確かに面白くなるんです。すごく勉強になりました。

-松尾さんのアドバイスはどんな感じで?

 例えば、「夢ドリーム 2023 松たか子」(松が夢について語るコント)では、「自意識が高い人のイメージで。タクシーに乗ったときに車内で見るコマーシャルの感じ」と。自分では思いつかないようなアドバイスを頂いたおかげで、「あの感じか…」と具体的にイメージできました(笑)。「WOWOW ニュースサテライト アンド シングルファーザー」(ニュースショー風のコントで、松はキャスター役)も、リハーサルのときに、てきぱきとした感じでしゃべっていたら、松尾さんから「もうちょっとのんびり」と言われて。そこで、松尾さんには言っていないんですけど、自分の中でイメージを安藤優子さんから滝川クリステルさんに切り替えてしゃべるようにしました(笑)。

-そういう裏話を伺うと、もう一度見直したくなります。では、コント初挑戦の感想は?

 最初で最後のつもりだったので、とてもいい思い出になりました(笑)。

-思い出にしてしまうのはもったいないぐらい、面白かったです。今後もいろいろとオファーが来るのではないでしょうか。

 それはまた別の話で…(笑)。でも、楽しかったです。「大豆田」でご一緒した角田さんも、面白くすることに関してはプロフェッショナルな方でしたけど、基本的に一生懸命やる姿勢を持っていて、そこから学ぶことも多かったんです。だから、私はそういうやり方でしかできないんだろうなと思いながら今回は臨んだ感じです。スタッフの皆さんも、本当に真面目に、丁寧に作られていましたし。

-というと?

 「ミュージカル友達旅行」(友達同士の旅行をミュージカル風にしたコント)なんて、私が布団に挟まっているだけのカットを撮るとき、美術スタッフのチーフの方が、いろいろと忙しいはずなのに布団の挟み具合を必ずチェックしてくださったんです。「これだけは他のスタッフには任せられないんだな」と思ったので、私も「絶対に動かない!」と覚悟して(笑)。あれは、すごく感動しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top