前田敦子「何に対しても“楽しい”という気持ちは持っていたい」 ドラマ「ウツボラ」で一人二役に挑む【インタビュー】

2023年3月17日 / 08:00

 2012年にグループを卒業後は、俳優として映画やドラマに多数出演し続けている前田敦子。23年も、映画『そして僕は途方に暮れる』や『あつい胸さわぎ』が立て続けに公開された。3月24日から放送・配信される、連続ドラマW-30「ウツボラ」では、美しくミステリアスな双子役に、一人二役で挑む。前田に撮影の裏話や役作りについて、さらには俳優業への思いなどを聞いた。 

前田敦子(ヘアメーク:高橋里帆(HappyStar)/スタイリング:清水恵子(アレンジメントK) (C)エンタメOVO

-中村明日美子さんの大ヒットコミックスのドラマ化です。最初に原作や脚本を読んでどう感じましたか。

 (原作は)美しい絵があってこそ、世界観が確立されている作品だと思っていたのですが、脚本でもそれが忠実に再現されているように感じて、絵がなくても物語が漫画通りに進んでいるのを感じました。作品そのままを映像化しようとしているのが分かり、すてきだと思いました。

-今回一人二役、しかも双子の姉妹を演じるというのは難しかったのでは?

 物語を追っていくと、とても難しく感じますが、その世界をきちんと理解しながら撮影していたので楽しかったです。撮影しながら、新たに発見できたことがたくさんあったんです。原作を読んでいるだけだと分からなかったことが理解できたり…。それは、いち『ウツボラ』ファンとしてとてもうれしい発見でした。

-例えば、どんな発見があったのですか。

 私は今回、「朱」と「桜」という二役を演じたのですが、原作だけを読んでいると、「これはどっちなんだろう」と思うシーンも、撮影のときは、私はどちらを演じているのか理解した上でお芝居ができました。なので、パズルのピースがハマっていく感覚がありました。

-演じ分けはすんなりとできましたか。

 原廣利監督から、「それほど意識して演じ分けなくて大丈夫」と、最初にお声掛けいただいたので、すごくやりやすかったです。意識してしまうと、大げさになってしまうので、普通のテンションで、でも何かが違うという姿をイメージしていました。なので、自分では大きくスイッチを変えてはいないかもしれません。

-「朱」と「桜」の心情を理解できるところはありましたか。

 切ない運命だと思いますし、愛は時にとても複雑で、人間を乱すものだなと思いました。本当に全てが偶然で、運命で…。深い愛がテーマになっていると思ったので、理解はしやすかったです。

-溝呂木役の北村有起哉さんとの撮影はどんな雰囲気でしたか。

 北村さんとは、2022年に舞台でもご一緒しているのですが、「ウツボラ」の撮影が先だったので、初めてお会いしたのはこの現場でした。有起哉さんはすごく元気で、楽しい方なんです。ただ、「ウツボラ」のときは、それほど深いお話もできなかったこともあり、私は(北村は)寡黙な方というイメージを持って撮影できました。それは役柄的にも良かったなと思います。もし、舞台での共演が先だったら、きっと友達のような距離感でお話ししてくださっていたと思うんです。そうしたら、この作品での関係性を演じるのはすごく恥ずかしかったかもしれません(笑)。

-撮影で印象に残っているシーンは?

 屋上から飛び降りるシーンは、思い出に残っています。もちろん合成ではあるのですが、飛び降りる姿は撮影しなければならないので、ある程度は飛び降りないといけなかったんです。初めての体験でしたが、本当に恐怖心が湧いてきて…、キャーと言いながら撮影しました(笑)。いい経験でした。

-撮影現場でのエピソードを教えてください。

 今回、愛知県蒲郡市と幸田町で撮影をさせていただいたのですが、とてもすてきな場所でした。私はいつも地方で撮影があると、地元のスーパーに行って、そこで地元の食材を買うのですが、今回、蒲郡はお魚がおいしくて。撮影の合間にスーパーに行って、お魚をスーパーでさばいてもらって食べていました。それから、トマトやフルーツもおいしかった。蒲郡のスイーツで「あんまき」というものがあるんです。それもすごくおいしくて…おいしいご飯をいただきながら、体をどう調整するかをずっと考えていました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

Willfriends

page top