北村有起哉「探偵は“時代を映す鏡”」 令和の名優が初の探偵役で目指したもの『終末の探偵』【インタビュー】

2022年12月15日 / 12:00

 ギャンブル好きで酒癖が悪く、けんかっ早いが、その裏に優しさを秘めた型破りな探偵・連城新次郎。古くからのやくざと中国系の新興マフィアが対立する街を舞台に、その活躍を描いた痛快ハードボイルド・エンターテインメント『終末の探偵』が12月16日から公開される。主人公・連城新次郎を演じるのは、映画からテレビドラマまで、唯一無二の存在感で幅広く活躍する令和の名優・北村有起哉。初めての探偵役に、どう向き合ったのか。その舞台裏を聞いた。

北村有起哉 (C)エンタメOVO

-北村さん演じる探偵・新城連次郎のキャラクターがとても魅力的でした。まずは、最初にオファーを受けた際の感想を聞かせてください。

 探偵役は初めてだったので、うれしかったです。ただ、「探偵もの」は世界中どこにも、いつの時代にもあります。日本にも、昭和の頃から皆さんの印象に残る探偵が数多くいます。そう考えると、探偵は“時代を映す鏡”みたいなものじゃないのかなと。だとすれば、今、昭和の探偵と同じことをやっても多分、受け入れられない。では、この令和の時代に探偵で何ができるだろうか。そんなことを考えました。

-新次郎のキャラクターについては、どんなふうに捉えましたか。

 台本を読んでみたら、かなり社会性がある作品という印象。でも、そこに意識を乗せ過ぎると、ちょっとトゥーマッチになる。とはいえ、新次郎はいろんなことにちゃんと意識を張って、新聞も読んでいる男。社会から分断され、落ちこぼれているように見えるけど、日々憂鬱(ゆううつ)になるようなこともいろいろと感じている。ということは、今の日本や世界とつながっているからなんだろうなと。完全に諦めていたら、関心もなく、なにも言わないはずですから。だから、令和を生きるみんなと共感できるような立ち位置で、それがたまたま探偵だった、という順番で考えていきました。

-新次郎には大人のカッコ良さもありますね。

 井川(広太郎)監督は、新次郎に「男っぽさ」とか「ハードボイルド」というイメージを持っていたようですけど、それは他人が判断するものであって、自分がなろうと思ってなれるものじゃないんですよね。ただ、そこにはきちんと理由がある。それは、こういう時代だからこそ「優しさ」じゃないのかなと。だから、そこを大切にすることで、結果的に監督のイメージする新次郎につながっていけば…と考えました。

-その点、新次郎には、若い女性ガルシア・ミチコ(武イリヤ)から、「行方不明になった親友のクルド人女性を探してほしい」と依頼され、一度は断りながらも結局、引き受けるなど、困った人を放っておけない優しさがありますね。

 普段からそういう意識があるから、思わず手を差し伸べてしまうんでしょうね。その点、鮮やかに事件を解決していく名探偵からは程遠い。ただその分、最後に事件が解決したときは、役としてだけでなく、僕自身も心から「よかった」と思うことができました。

-北村さんはこれまで、役者としてキャリアを築く中で、劇団などに所属せず、独自の道を歩んできたそうですが、そういう点は、一人で生き抜く新次郎にも重なる気がします。

 「一匹おおかみ」というと、ちょっと響きがよ過ぎるかもしれませんが、僕自身も割とさまよってきた感じはあります。自分に合う劇団を探していろんな芝居を見ながら、いろんなプロデュース公演に一期一会のつもりで参加してきました。大きな事務所に所属したこともありませんし…。大きな組織に所属するより、やりたいことを自分で見つけていく方が性に合っているんでしょう。自分のペースで歩めば、寄り道をしたり、立ち止まったりできますから。ただ逆に、そういう「伸び伸びと、悠々自適に」というところは紙一重で、一般の社会ではどう捉われているかは別です。でもそのフットワークの軽さの点では蓮次郎に重なる部分もあるのかなと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top