アクション、歌、ダンス、ラップありの青春映画『バトルキング!!-Weʼll rise again-』 「BUDDiiS」の小川史記、高尾楓弥、森愁斗ら6人が撮影秘話を語る【インタビュー】

2023年3月16日 / 11:26

 ダンス&ボーカルユニット「ONE N’ ONLY」の初主演映画『バトルキング!!-Weʼll rise again-』が公開中だ。本作は、不良仲間たちと、けんかに明け暮れていた青年・源二郎が、ある出会いをきっかけにダンスに打ち込み、仲間たちと夢をつかむ青春物語。ONE N’ ONLYと同じスターダストプロモーション所属の「BUDDiiS」からメンバー8人が共演し、アクション、歌、ダンス、ラップありの演技に挑戦している。BUDDiiSの小川史記、高尾楓弥、森愁斗、岡本聖哉、野瀬勇馬、西田祥に、撮影時の裏話や映画の見どころ、今ハマっていることなどを聞いた。

(前列左から)小川史記、森愁斗、高尾楓弥(後列左から)西田祥、野瀬勇馬、岡本聖哉(ヘアメーク/KANANE・MIKU(PUNCH) (C)エンタメOVO

-皆さんが演じたキャラクターについて、また、演じた感想、注目して見てほしいポイントを教えてください。

小川 僕はダンスクラブのオーナーの南部美人役を演じました。南部はみんなの先輩で、一歩引いて、みんなのことを見守っている人です。見た目は派手で怖さはあるのですが、優しさをたくさん持ち合わせているので、見た目とのギャップを楽しんで見てもらいたいです。

 僕が演じた山縣虎太郎は、ヤンキーも恐れるぐらい本当に強いヤンキーの役で、山下永玖くんが演じる源二郎たちの行く手をはばむような登場シーンや、けんかのシーンが多くあったので、殴り方や蹴り方、構え方など、アクションを一から学んで撮影に臨みました。僕は普段人を殴ったり、汚い言葉を吐いたり、仲間を引き連れてゾロゾロ歩くなんてこともしないので、演じるのは難しかったのですが、役でしか演じられない人生だなと思ったので、演じていて楽しかったですし、勉強にもなりました。

野瀬 愁斗が演じた山縣と一緒にいる仲間の木下雄太役を演じました。僕は映画の撮影が初めてだったので、監督に指導していただいて、いろいろなことを勉強しながら撮影に参加させていただきました。すごくけんかっ早い役なのですが、アクションシーンは結構練習して臨んだので、注目してほしいです。

西田 僕は馬場広樹役を演じました。冒頭のラップバトルのシーンをやらせていただいたのですが、ラップをラップバトルという形で披露すること自体が初めてだったので、かなりレアな経験をさせていただいたなと思います。

岡本 小山田孟役を演じました。僕も最初のラップバトルのシーンに登場するのですが、歌の中でのラップとラップバトルのラップは別ものなので、その違いが難しかったですし、本番ではすごく緊張して歌詞が飛んでしまうこともあったのですが、たくさん練習を重ねて撮ったシーンなので見ていただきたいです。

高尾 僕が演じた直江龍之介は、僕の実の兄の高尾颯斗が演じている愛之助の弟で、真っすぐで素直な子なのですが、ちょっと意地っ張りなところもあって。僕はONE N’ ONLYのみんなを昔からお兄ちゃんのように思っていたので、役柄が自分と重なる部分がすごくありました。兄とは1回目の撮影の後に2人で温泉に行って、役作りについて2人で話して共有しながら、高尾兄弟とはまた違った直江兄弟の空気感が作れるように工夫しました。

-撮影中に、印象に残っていることやハプニングはありましたか。

西田 アクションシーンの撮影は、迫力を出すために激しく行かないといけないので、練習や本番で何回か相手に当たってしまったり、そういうハプニングはみんな結構あったと思います。

小川 撮影のオフの時間のことでいうと、ONE N’ ONLYとは仲はいいのですが、今までゆっくり話すことがなかったので、撮影の休憩時間に、みんなでご飯を食べながらたわいもない話をしたり、輪が広がったことが素直にうれしかったです。

-森さんは、昨年末までドラマ「君の花になる」(TBS)で、8LOOMとして活動していて注目を集めましたが、このドラマに続く作品になりますね。

 はい、「君の花になる」は僕にとって初ドラマで、本作は初映画になるのですが、2作品とも役柄が全く違いますし、今回はアクションもあるので、僕の新たな一面を見ていただけるのかなと思っています。僕個人としては、今後も役者に力を入れて、いろんな役に挑戦していきたいので、皆さんも楽しみにしていただけたらうれしいなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top