前田敦子、ミュージカル初挑戦作品に「改めて女性であることがうれしい」【インタビュー】

2022年8月22日 / 08:00

 女性アイドルグループAKB48を国民的人気アイドルグループへと導き、絶対的センターとしてグループを支え続けた前田敦子。2012年にAKB48を卒業後も、舞台やドラマ・映画などで女優として精力的に活動を続けている。9月3日から上演される、ミュージカル「夜の女たち」では、君島夏子役で出演する。本作は、溝口健二監督の同名映画を原作とし、戦後間もない大阪釜ヶ崎を舞台に、生活苦から夜の闇に落ちていった女性たちが、必死に生き抜こうとした姿を、長塚圭史が自身初のオリジナルミュージカルとして描く。戦争で全てを失い、自暴自棄になってダンスホールのダンサーとして生きる役に挑む前田に、ミュージカル初挑戦への思いや、本作の見どころ、AKB48卒業からこれまでを振り返ってもらった。

前田敦子 (C)エンタメOVO

-ミュージカル初挑戦となりますが、今の心境は?

 ミュージカルではありますが、長塚さんという、絶大な信頼を得ている、すごくすてきな俳優さんであり、演出家さんであり、劇作家さんである方の作品ですから。長塚さんでなかったら挑戦していませんでした。

-「長塚さんの舞台、いつかいつかとひそかに夢見てました」とオフィシャルでコメントしていましたが、実際に長塚さんの作品に出演すると決まったときはどんな気持ちでしたか。

 長塚さんがNODA・MAPの「フェイクスピア」を見に来てくださったときに、「見つけた」と言ってくださったんです。そんなふうにいつか思ってもらえたらいいなと思っていましたし、長塚さんは自分の作品にハマっている人を呼んでいるなというイメージがすごくあって、そのタイミングがこんなに早く来るとは思っていなかったので、うれしかったです。

-ミュージカルの稽古はどのような感じですか。

 もしかしたら、ほかのミュージカル作品のお稽古はもっと違うのかもしれませんが、みんなでセッションをしながら、お芝居をしていきながら歌っていくという稽古になっています。歌だけ抜いての稽古もありますが、本当にお芝居に関した歌という稽古になっています。長塚さん自身もオリジナルミュージカル初挑戦なので、「いっぱいお稽古をしたい」とおっしゃっていて、2カ月前から稽古が始まっています。

-今の豊かな時代からは想像できないような敗戦直後の時代の話ですが、作品の印象は?

 これをストレートプレーにしてしまうと、とても重たくて、ただ悲しい作品になってしまいますし、今回は女性が中心で、私たちの強さを生かしながら、その時代の人たちの代弁ができるというのはすごく意味があると思っています。それがミュージカルになることによって、見ている方にも一瞬で一緒の空気を吸いやすい環境になるんじゃないでしょうか。女性はこんなにつらかったんだというものをただ見せたところで、苦しいだけの作品になってしまうので、それをエンターテインメントに落とし込みながら、こんな歴史があったんだなと私自身も思いますし、そんな時代でも女性たちの生命力はすごかったんだなと感じることがあって、私は改めて女性であることがうれしいなと思いました。

-ミュージカルとして夏子の見どころは?

 夏子がダンスホールで踊るシーンです。ダンスホールはすごく華やかで、当時は女性が中心になって活躍できる場がそこしかなかったみたいで、ダンサーという職業は女性の憧れだったそうなんです。でも、夏子はそれをいいことだとは思っていなくて、しかたなくやっている部分があります。ダンスホールのミュージカルシーンは、見た目にはすごく華やかに見える感じはしますが、そのバックボーンを考えるといろいろと考えさせられると思います。

-夏子を演じる上で考えていることは?

 時代背景がしっかりしているので、現代に生きる人にならないようにとは考えています。夏子は、見た目は現代に近いと思いますが、女性らしさといった、その当時の風情がすごくあったんじゃないかなと思っているんです。現代の人はちょっとがさつだと思うんです、私も含めて(笑)。もう少し女らしさみたいなものを昔の作品を見ながら探って勉強しないといけないなと考えています。映像とは違って2時間半ほどの上演時間を通してキャスト全員が舞台上に立たないといけないので、今後も勉強しないといけないことはいっぱいあります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

ドラマ2024年2月14日

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラ … 続きを読む

Willfriends

page top