河合郁人「声だけで伝えるすごさを実感しました」ドリームワークスのアニメーションで映画声優に初挑戦! 『バッドガイズ』【インタビュー】

2022年10月7日 / 09:00

 『ボス・ベイビー』、『シュレック』のドリームワークスが送るアニメーション映画『バッドガイズ』が10月7日から全国公開となる。本作は、ミスター・ウルフ率いる怪盗チーム“バッドガイズ”の活躍を、アクションとユーモア満載で描いた痛快エンターテインメントだ。本作の日本語吹き替え版で、バッドガイズのメンバー、ラテン系の肉体派で格闘と歌が得意なピラニアの声を担当したのが、人気アイドルグループ、A.B.C-Zの河合郁人。初挑戦となった映画声優の舞台裏や作品の見どころを聞いた。

ピラニアの声を担当した河合郁人

-オープニングからラストまで、息つく暇もなく楽しめる作品でした。まずは、映画の吹き替えに初挑戦した感想をお聞かせください。

 最初に「声はあまり変えなくていい」と言われていたんです。とはいえ、“河合”はなるべく出さないようにしないといけない。伝えるところはしっかり伝えた上で、「自分の声だけど、自分になり過ぎない」と「作った声になり過ぎない」の間のさじ加減が、すごく難しかったです。しかも、最初に録った声をチェックしてみたら、ピラニアの動きと僕の声のテンションが全然合っていなかったんです。自分ではかなり上げたつもりだったんですけど。そこで、これでもかと必要以上にテンションを上げるようにしました。収録の際は、ピラニアらしく「自分をどれだけ大きく見せられるか」みたいなことも意識して、足を思い切り横に広げていました(笑)。

-映画を見ると、河合さんの声とは気付かないほどピラニアにぴったりで、とても新鮮な印象を受けました。

 完成した作品を見たら、自分でも自分の声が全く気にならなかったです。でも僕も、いろんなアニメを見る中で、誰が吹き替えをしているのか、後から知って驚くことが多かったんです。だから、この『バッドガイズ』も、皆さんが「これ、いつもバラエティー番組に出ている河合くんだったんだ!?」と後から気付いて、「こういうこともできるんだ」と新しい一面を知ってもらえたらうれしいです。

-そう感じる人はきっと多いのではないでしょうか。ところで、出演決定時のコメントで「以前より、アテレコに非常に興味を持っておりました」と語っていましたが、どんな点に興味があったのでしょうか。

 NHKのEテレの番組で、1年ぐらい前からアテレコでキャラクターをやらせていただいてるんですが、A.B.C-Zのラジオ番組に声優の日髙のり子さんが来てくださったことがあったんです。そのときにいろんなお話を伺う中で、それまで自分の中になかった“声だけの表現”に対するリスペクトの気持ちが芽生えてきて、声の表現力を付けたら、バラエティーやラジオの仕事をするときも武器になるんじゃないかと。それが興味を持ったきっかけです。

-この作品を経験して、新たな意欲は生まれましたか。

 「普段、どれだけ表情と手の動きでごまかしていたんだろう?」と気付き、声だけで伝えるすごさを実感しました。「声だけの表現って、難しいけど楽しい」と改めて思ったので、これからも吹き替えにはチャレンジしたいです。テレビのバラエティー番組に出るときも、「どこで語尾を上げた方がいいのか」、「どうしたら伝わりやすいのか」など、声の表現をもっと大事にしようと思いました。

-いろんな刺激を受けたわけですね。話は変わりますが、この作品の見どころの一つに、バッドガイズのチームワークの良さがあります。どんな印象を受けましたか。

 どれだけグループ内でもめても、一度築いた仲間の絆は消えない、という点はすごく共感できました。バッドガイズは、各キャラクターの動物の種類も性格も全員違うのに、しっかりまとまってミッションをやり遂げていくんです。それは僕らも一緒で、同じ性格の人間ばかりが集まってもうまくいきませんし、それぞれの特技を生かすことでチームワークが出来上がっていくわけですから。

-この作品には、「誰でも変わることができる」というメッセージも込められています。河合さんがそんなふうに、自分が180度変わるような経験をしたことはありますか。

 この仕事を続ける中で、一人で迷ってもやもやしていた時期があったんですけど、「自分の悩みで、人を悩ませるのは違う」と思って、28歳ぐらいまで他人に相談をしたことがなかったんです。そんなとき、たまたま身近でお世話になっている方に悩みを聞いてもらう機会があり、「こうしろ」ではなく、「こういうやり方もあるんだよ」と提案みたいな形でアドバイスを頂いたことがあって。そんな経験を重ねるうち、「人に相談していいんだ」という安心感が生まれてきて、(A.B.C-Zの)メンバーに対しても、できないことは素直に「できない」、「これは苦手だけど、こっちはやっておくよ」と言えるようになりました。それが、より広い視野でものを見るきっかけになりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top