「阿部さんがドラムをたたく姿はカッコいいだろう、と」『異動辞令は音楽隊!』内田英治監督【インタビュー】

2022年8月25日 / 08:00

 阿部寛が、犯罪捜査一筋の一課から警察の音楽隊へ飛ばされた“鬼刑事”を演じる映画『異動辞令は音楽隊!』。『ミッドナイトスワン』(20)の内田英治監督によるオリジナル脚本が斬新だ。音楽映画の高揚感を取り入れた刑事ものか、はたまた刑事もののサスペンスやスリルに満ちた音楽映画か。8月26日(金)の公開を前に、監督に話を聞いた。

内田英治監督

-ニューヨーク・アジアン映画祭で、阿部さんがアジアで最も活躍する俳優に贈られる「スター・アジア賞」を日本人で初めて受賞しました。

 こんなに盛り上がるんだ! というぐらい、お客さんもいっぱい入って上映も盛り上がりましたが、何より阿部さんがスターだということを改めて実感しました。異国なのに観客を沸かせることができる。やっぱり『テルマエ・ロマエ』の力が大きいと思うんですけど、外国でも十分に通用するオーラを持っていると思いました。今までに受賞している方々が、イ・ビョンホンとかドニー・イェンとか、すごいメンツなんで、阿部さんがこの作品で日本人初としてそこに加わったことは、本当にうれしいです。

-『異動辞令は音楽隊!』は、刑事ものと音楽映画を組み合わせた設定がユニークです。

 警察に音楽隊があると知ったときに、それを題材にした小説や映画はありそうだと思ったのですが、調べても見つからなくて。こんないい題材なのに、逆にこれはチャンスだと。警察ものとしても視点が新しいし、しかも警察の音楽隊はニューヨーク市警など、世界中にあるんです。単に音楽隊に焦点を当てるのではなく、主人公を刑事一課という出自にして、事件を解決することに未練を持たせることで、二つの物語が同時進行する展開が最初から浮かびました。音楽隊員が事件を追いかける物語ではファンタジーになっちゃうので、そこをどう成立させるのかには苦労しましたが。やはり、事件の解決と音楽映画としての盛り上がりを最後にリンクさせたかったですから。

-阿部さんは、これまでに何度も刑事を演じています。鉄板の安心感はありますが、鮮度のことを考えるとキャスティングはもろ刃の剣だったのでは?

 警察役が多いことは知っていましたし、最近は特に続いていましたけど、それよりはドラムですね。阿部さんがドラムをたたく姿はカッコいいだろう、という方に意識がいっていました。楽器はドラムかトランペットを考えていたので、阿部さんに決まった時点ですぐにドラムだなと。やっぱり重量級が似合いますよね。

-この作品を作る上で、監督が一番こだわったことは?

 実際に僕が、音楽を通して変わっていく経験をしているので、阿部さんが演じる成瀬という堅物の警察官が音楽というとても柔らかいものに触れて変化していく過程ですね。だからこそ、実際に本人にドラムをたたいてもらって、たたけるようになってもらうことが重要でした。つまり音楽という柔らかいものによって、彼の心がほぐれていく。自分がそうでしたから。僕の場合は、変なふうに映画というものにこだわっていたんですけど、音楽も好きになったことで、映画といってもいろいろあることに気付き、柔らかくなっていった。自分のそういう経験があったので、それを踏まえて作りました。

-それ以前に、映画監督としてこだわっていたこととは?

 みんながそうだと思うんですが、最初の頃はなかなかうまくいかなくて。オリジナル企画は通らない、でも映画は撮りたいという葛藤や、大きい映画とか、有名な俳優さんが出ているとか、ブランドにもこだわっていた気がします。それがインディーズでもいいから自分がやりたいことをやる方が映画らしいんじゃないかという考え方にシフトしました。

-そもそも、映画の何に引かれて、映画監督になろうと思ったんですか。

 僕は、逃避としての映画からスタートしています。子どもの頃に。海外から日本に帰ってきて、最初はなじめなかったんです。映画館だけが居心地がよかった。そこから映画にのめり込んでいきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top