阿部寛「正しい親なんていうのは多分ないと思う」 「たまにおやじが言う意見は、大事にしてきました」

2022年4月9日 / 06:48

(左から)瀬々敬久監督、安田顕、阿部寛、北村匠海、杏、大島優子 (C)エンタメOVO

 映画『とんび』初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、北村匠海、杏、安田顕、大島優子と瀬々敬久監督が登壇した。

 本作は、親子の絆を描いた重松清氏のベストセラー小説を映画化。阿部と北村が親子を演じた。

 不器用な父親・ヤスを演じた阿部は「正しい親なんていうのは多分ないと思うんです。その都度その都度、悩んで失敗して、自分を責めて…。そういうふうに人間は生きていく。だから正しさを押し付けるのでなく、とにかく優しさを持って、一生懸命愛情を持って、人に接する。それが大事なことだと思います」と熱いメッセージを送った。

 また、新年度にちなみ「自分の背中を押してくれた言葉」を聞かれたキャストたち。

 3人兄弟の末っ子だという阿部は「この世界に入るとき、おやじに相談したら、『一番下だから、失敗してもいいから、とりあえずやってみろ』と言われて、それもきっかになりました。普段、あまりおやじとしゃべる方ではなかったのですが、たまにおやじが言う意見は、大事にしてきました」としみじみ振り返った。

 北村は「映画などで、初めてのことに挑戦しなければいけないとき、役者仲間との何げない会話で、『初めてというのは皆が絶対に経験するもの。しかも1回しかないんだ』と聞いて『なんだ、それめちゃ楽しいじゃん』ってハッとなったんです」とエピソードを披露。

 それは二十歳ぐらいのときだったそうで、「そこから緊張よりもワクワクするようになりました。この前も初めて舞台をやったのですが、楽しかったです」と笑顔を見せた。

 杏は「500年前とか千年前ぐらいに意識を飛ばします。歴史上のいろんなことに思いをはせると、その時代よりは結構恵まれているんじゃないかなとか、今自分が悩んでいることなんて、ちっぽけなことなのかなと思えたり…。逆に、今この瞬間も確実に歴史の一部になるのだと思うと、大切に生きようと思えます」と語った。


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top