飯島寛騎「今までとは違う飯島寛騎を見せられた」新境地を開拓したホラー映画初挑戦 『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』【インタビュー】

2022年8月26日 / 10:00

 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズ、『貞子vs伽椰子』(16)などで知られるホラー界の鬼才・白石晃士が監督・脚本・撮影を務めた『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』が、8月27日から全国公開となる。本作は、異界とつながるたたりの森を舞台に、迫りくる恐怖の真相に挑む映画監督・黒石光司ら5人がたどる運命を描いたオリジナルPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラーだ。この作品で、黒石一行に加わる金髪ホスト風カリスマ霊能者・ナナシを演じるのが、「仮面ライダーエグゼイド」(16~17)「警視庁・捜査一課長」シリーズなどで活躍する若手俳優の飯島寛騎。ホラー映画初挑戦の舞台裏を聞いた。

飯島寛騎(Photo:Tominaga Tomoko/ヘアメーク:牧野裕大(vierge)/スタイリスト:中西ナオ)

-二転三転するジェットコースター的なストーリーと、POV形式の臨場感あふれる映像に、最後まで引きつけられてしまいました。オファーを受けたときの感想はいかがでしたか。

 今までやったことのないジャンルだなと思いました。台本にもカタカナが多く、声のトーンや振る舞い方、不思議な感じをどんなふうに見せるのか、白石監督と相談しながら、細かく作り込んでいきました。

-上下を黒で固めた衣装も、ナナシのキャラクターを際立たせていますね。

 衣装は、セットアップのかっちりとしたジャケットを着ることになった後、「中はどうする?」という話になり、黒や白のシャツを着てみたんです。でも、それだとホストにしか見えなくて。ナナシは“ホスト風”なだけで、ホストではないので、その辺のニュアンスが監督も僕もしっくりこなかったんです。そこで、たまたまそこにあった水色の入った爽やかなカラーリングのシャツを着てみたら、「これじゃない?」って。そこから、右手だけグローブをつけよう、みたいな感じで、一つずつ発見しながら決めていきました。

-白石監督からは役についてどんな話がありましたか。

 監督からは、キャラクター的に「力んでいない方がいい」と言われたので、歩き方はちょっとだらしなく、常にたばこを吸っている感じにしました。でも、やるときはやる。ただし、「ガラッと変わる」のではなく、「よっこいしょ」ぐらいのギアの入れ方で。そういうものが、衣装が決まった段階で自分の中にスッと入ってきた印象です。

-演じる上で苦労した点は?

 ナナシは化け物と戦う場面が多いんですけど、全部CGで作っているので、現場には何もないんです。そういう“見えない敵”と戦うのが難しかったです。何もないところに向かって、想像しながら殴ったりしなきゃいけなかったので。はたから見ると、かなりシュールな光景だったんじゃないかな(笑)。でも、結果的にはきちんとした映像になっていたので、ほっとしました。

-POV形式ということで、黒石役の白石監督自身がカメラを持ち、移動しながらかなりのワンカット長回し撮影をしていることが本作の特徴です。その分、NGを出すと時間も大幅にロスするので、撮影は大変だったのでは?

 それでも、ワンカットあたり、10テイクぐらいは回したんじゃないでしょうか。最初から最後まで通しでやって、ちょっと芝居が違うだけで「ごめんなさい、もう一回」、画角がちょっとずれただけでも「こっちだった」、「気持ち遅かった」っていう感じで。監督の頭の中に完成図があるので、それを体現するのは大変でした。ただ、監督はご自身のイメージを言葉や体でしっかり伝えてくれたので、自分の中にスッと落とし込むことができました。

-ワンカットが長いので、10テイクも回すと、集中力を保つのも大変そうですね。

 そうなんです。だから、できるだけ気持ちをフラットに保つように気をつけて。真夏の撮影だったので、暑さもあり、疲労もすごかったですし。ただ、基本的には日のあるうちに撮って、日が落ちたら終わりだったので、毎晩ぐっすり眠ることができました。現場自体の雰囲気も和やかで、すごくやりやすい環境でした。むしろ、変な音を立てないようにしたり、いろいろと神経を使ったスタッフさんの方が大変だったかもしれません。とにかく暑くて大変だったんですけど、キャスト、スタッフみんなで助け合いながら作っていった感じです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top