早見あかり、アイドルから俳優へ 「楽しく生きる」をモットーにまい進【インタビュー】

2022年8月26日 / 08:00

 アイドルから俳優へ転身し、NHK連続テレビ小説「マッサン」や映画『シン・ウルトラマン』など多数の話題作に出演し、俳優として着実に歩んできた早見あかり。9月15日から開幕する舞台「血の婚礼」では、結婚を直前に控えていながら、かつて心を通わせた男の出現によって激しく心が揺さぶられる“花嫁”を演じる。スペインの伝説的劇作家による名作悲劇に、木村達成、須賀健太らと共に挑む早見に、作品への意気込みや見どころ、さらには俳優業への思いを聞いた。

早見あかり (C)エンタメOVO

-1人の女性をめぐり、2人の男性が命を懸けて闘う、愚かしいほどの愛と衝動を描いた本作ですが、最初に脚本を読んでどんなところに魅力を感じましたか。 

 難しい戯曲なのかなと思っていましたが、実際に読んでみるとそんなことはなく、現代の私たちにも共感できるストーリーだと感じました。愛の矢印がいろいろな方向に向いているので複雑な構造に見えてしまうし、現代の愛の表現とは違う伝え方をしていますが、生演奏の音楽や殺陣など、いろいろな要素がある作品になると思うので、初めて観劇される方にも楽しんでいただけると思います。

 -早見さん自身は、本作のどんなところに共感しましたか。

 強い気持ちで人を愛するということ、しゅうとめの子どもを思う気持ち、父親が“花嫁”を思う気持ちはすごく理解できます。それから、私自身、がんじがらめの中で「こうしなさい」と言われて生きるのが苦手なので、最終的に“花嫁”が下す決断には共感できました。きっと、彼女は頭ではその決断をしたらどうなるかは分かっていたと思います。でも、自分の意思に沿って生きていきたいという思いが強かったんだろうなと。 

-早見さんが演じる“花嫁”という役柄はどのようにとらえていますか。

 父に対する自分、女中に対する自分、花婿に対する自分、(花嫁が以前に心を通わせていた)レオナルドに対する自分というように、対峙(たいじ)する人によって人格が違うように感じました。ただ、そのどれもが本当の自分なんだろうと思います。当時の結婚は、幸せを求めて行うという一面がありながらも、一方で女性を縛るものでもありました。だからこそ、そういうところから逃げ出したいという気持ちと、言われた通りに結婚しなければいけないという気持ちと、さまざまな感情が渦巻いていて、その心の動きによっていろいろな人格があるように見えているんだと思います。今(取材当時)はまだ、そんな“花嫁”をどう演じればいいのか分かりませんが、稽古を通して作り上げていくのが楽しみです。

-ところで、早見さんはアイドルから転身して、現在は俳優業をメインに活動をしています。転身しようと考えたきっかけは?

 特に大きなきっかけがあったわけではありませんが、アイドルと並行してお芝居やモデルの仕事をしていたときに、自分はアイドルには向いていないと思ったことと、アイドル以外の活動に力を向けていきたいと思うようになったことがきっかけでした。今、振り返ってみると、その時点で、強い意志で「絶対に俳優になる」と思っていたというわけではないと思います。モデル業もすごく楽しかったですし。ただ、続けていくうちに、自然と俳優って面白いなという思いが強くなり、俳優業がベースになっていったように思います。

-その「俳優が面白い」と感じるのはどんなときですか。

 私、飽き性なんですよ。なので、1クールごとに演じるものが変わって、一緒にお仕事をする人が変わるというのが、毎回新鮮で、楽しいです。以前、舞台に出演したことがなかったときには、同じ共演者たちと、同じ場所で、同じ脚本でお芝居をやり続けるのは私には無理だなと思っていたんです。ですが、周りの方々に「それは違う、絶対にやってみた方がいい」と勧めていただき、実際にやってみたら、本当に違った。3カ月、その作品に向き合う楽しさに気付けました。

-では、俳優として大切にしていることや、これだけはブレずに持っていたいと思っていることは?

 現場に行く前に考え過ぎないことだけは、気をつけています。アイドルを辞めてすぐの頃は、こうしなければいけないと、(役を)自分の中の型にはめて撮影現場に行っていたんですが、そうすると監督とのイメージがズレていて「こうしてほしい」と演出を受けても、すぐに対応することができなかったんです。なので、考え過ぎるのもよくないなと思うようになりました。

-今後の目標は?

 楽しく生きること! 仕事でもプライベートでも、今、自分に必要だと思ったものを拾って、楽しく生きていきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top