「鎌倉殿の13人」堀田真由「小栗旬さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださって」 北条義時の妻が故郷・滋賀で撮影秘話を語る

2022年8月19日 / 08:00

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 トークライブin滋賀」が、8月14日、滋賀県長浜市の長浜文化芸術会館で開催され、ドラマで主人公・北条義時の妻・比奈を演じる同市出身の堀田真由が、詰めかけた故郷のファンにドラマの撮影秘話を語った。

比奈を演じる堀田真由

 「大河ドラマというのは、女優としての目標の一つでもあった」と語る堀田だが、「最初にお話を頂いたのは、クランクインよりもだいぶ前」ということもあり、出演が決まったときは、「何だか実感が湧かなかった」とピンとこなかった様子。

 それでも、「いつか出られたらいいなと思っていたんですけど、思ったよりも早く、そして三谷幸喜さんの作品に出られるということが本当にうれしかったです」と大河ドラマ初出演の喜びを語った。

 また、本作の撮影現場では、旧知のスタッフとも再会。チーフ演出を務める吉田照幸とは、堀田が出演した連続テレビ小説「エール」(20)でも顔を合わせており、演出の中泉慧は「わろてんか」(17~18)で助監督を務めていた。この再会を、堀田は次のように喜んだ。

 「自分自身も、またお会いできるようにならなきゃなと思っていましたし、再会できたら『わろてんか』のときより、もっともっと大きくなっていたいなと思っていたので、それも含めて、思ったよりも早くて、うれしい気持ちでいっぱいでした」

 続いて、話題は堀田が演じる比奈(歴史上では「姫の前」と呼ばれる)に移る。「歴史に沿ってはいますが、やっぱり三谷さんのオリジナルな部分もあるので」と前置きした上で、その印象をこう語った。

 「実際に台本を読んだときは、すごく小悪魔的な女性だなと思いました。そしてとっても芯が強くて、比企と北条の懸け橋となる方なので、やっぱり心が、思いが、すごく強くて、圧も若干強い(笑)」

 続けて、「そういった女性としての強さっていうところを出していけたら」と、演じる上で心掛けたことを明かした。

 義時の妻役ということで、現場で一緒になることが多い小栗旬との共演については、「緊張しました」と率直な気持ちを打ち明けた堀田。

 義時と比奈との初対面のシーンでクランクインを迎えた際は、小栗が、おなじみとなったお手製のメッセージ入りマスクで歓迎してくれたという。

 「そのときに小栗さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださっていて、それがすごくうれしくて」

 ただし、「自分の心臓の音が聞こえるぐらいドキドキしていた」堀田は、言葉が出てこず、マスクについて話す機会がなかったらしい。

 「作品で、すごく緊張することってあまりない」という堀田だが、「『鎌倉殿の13人』はもう放送も始まっていて見ていましたし」との言葉に続けて、そこまで緊張していた理由をこう説明した。

 「『本当にやって来たんだな』という感じと、本当に目の前に小四郎(義時)殿がいて、『ああ、これから比企と北条の懸け橋をしていかなきゃいけないな、全うしたいな』と思うとすごく緊張して」

 これを「いかん」と反省した堀田は、すぐさま「小栗さんに、初日に『私はすごく緊張しています』って、もう言いました(笑)。言った方がもしかしたら自分の心が落ち着くかなと思って」とのこと。

 小栗も「そうだよね」と理解を示してくれたらしいが、それでも堀田は「最初の頃は本当に緊張していて、あまりお話ができなかった」という。大河ドラマ初出演の緊張ぶりがうかがえる言葉だった。

 さらに、話題は比奈と義時の出会いのシーンに及ぶ。実はこの2人の出会いは事情がやや複雑。比企一族出身の比奈は、「(ライバルである)北条との懸け橋に」と言われて義時の元を訪れたものの、亡き前妻・八重に思いを残す義時から「帰りなさい」と言われ、八重の話を聞かされる羽目に。そのときの比奈の思いを、堀田は次のように振り返った。

 「『この人は何なんだろう?』って、今まで出会ったことのないタイプの方に出会ったという感じを受けたと思うんです。前の妻、大切な方の話をしてくださるのって、相当心を開いたりしないとその胸の内って聞けないものだと思うんですけど、初対面でお会いしたシーンで、その話が出てくるっていうところにちょっとひっかかりを感じてはいました」

 その後、源頼朝(大泉洋)主催の巻狩りの場で2人は距離を近づけ、夫婦となる。その撮影では、イノシシに追いかけられた2人が一緒に倒れる際、演出の吉田から「そこで目が合って『ドキッ!』っていうのをください」との指示が。

 これについて堀田は「そこで2人が打ち解ける何かがあったんだろうね、というふうに話していました」と、比奈の転機となった場面の撮影を振り返った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top