柿澤勇人&笹本玲奈「東京ラブストーリー」ミュージカル化に「だからこそ恋ってなんだろう? と感じてほしい」【インタビュー】

2022年8月26日 / 18:00

 トレンディードラマとしても社会現象を巻き起こした柴門ふみ原作の人気漫画『東京ラブストーリー』が30年の時を超えて、ミュージカル「東京ラブストーリー」として11月27日から東京で開幕する。日本発のオリジナルミュージカルとして海外でのライセンス上演も視野にいれているという本作を、世代の異なる「空キャスト」と「海キャスト」のWキャストで上演する。空キャストで、カンチこと永尾完治を演じる柿澤勇人と、赤名リカを演じる笹本玲奈に、本作の魅力や役柄について、本作へ懸ける思いなどを聞いた。

笹本玲奈(左)と柿澤勇人 (C)エンタメOVO

-出演が決まったときの心境は?

柿澤 びっくりしました。どんな作品になるんだろうというのが率直な気持ちでした。日本発のオリジナルミュージカルを作るのは苦しい作業になると思いますが、その作業に携われるのはうれしいです。

笹本 私も驚きました。日本発のオリジナルミュージカルが増えてきている分、インパクトも必要なので、今となってはこれほど名前が知られている作品の方が興味を持っていただけるんじゃないかと思っています。

-原作漫画やドラマ版の印象は?

柿澤 一世を風靡(ふうび)したドラマだったので、今見たらどうなんだろうと思ってDVDを買い、好きになりました。リカに振り回されるカンチが、毎話どうなっちゃうんだろうとドキドキしながら見ました。ミュージカル版は設定も現代になっていて、ドラマ版とはまた違うカンチになりますし、また違う「東京ラブストーリー」になると思います。

笹本 漫画は読ませていただきましたが、ドラマ版を見てしまうとそのイメージに引きずられてしまうので、見ないまま稽古を始めようかと迷っている最中なんです。台本を読むと、「こういう人いるよね」というように、キャラクターが生々しく、人間っぽく描かれていて、どのキャラクターも共感できるので、漫画、ドラマ、ミュージカル、それぞれ全く違う印象になると思います。

-ブロードウェーでも活躍するジェイソン・ハウランドが音楽を担当する本作の魅力は?

柿澤 今の時代はSNSや携帯の画面を通して出会いや恋がありますよね。原作は時代として固定電話とかによるすれ違いみたいな面白さもありましたけど、現代でも、恋をしていく中ですれ違いなんていくらでもあると思うんです。時代が変わっても、人を好きになって悩むことは今でもあるし、だからこそ「恋ってなんだろう?」と今の若い人に感じてほしいです。ただ、そういうメッセージを押しつけるミュージカルでもないので、単純にエンターテインメントとして恋愛の楽しさを描いた作品になるといいなと思っています。

笹本 本作はどのキャラクターを見ても、それぞれの気持ちに共感できるんです。ドラマですと、さとみが視聴者から嫌われていたそうですが、本作ではどの人を見ても嫌な印象は受けませんでした。それと、出来上がってきている音楽を聞いているんですけど、曲が素晴らしいんです。台本が面白い上に曲がいいって、ミュージカルとして最高です。

-演じる役をどう捉えていますか。

笹本 リカは本能のままに行動しているけれど、脳で動いている部分のバランスというのがすごく自分と近いところがあると思いました。そこが今回のミュージカル版のリカのかわいらしくていとおしい部分なので、そういうところを大切にしたいです。

柿澤 カンチはものすごく揺れ動く人で、優柔不断で、でも仕事に関しては一生懸命で、ただ恋になると自分の気持ちに正直になれない、もどかしさみたいなのを抱えている人だと思います。見ているお客さまが、「しっかりしろ」と思ってくれるようなところが、今の若い人たちに近いのかなと感じています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top