【インタビュー】「連続ドラマW 松本清張 『眼の壁』」小泉孝太郎「この作品に出会えた幸せをかみ締めたい」ベストセラー小説が原作のサスペンスに主演

2022年6月17日 / 10:00

 バブル経済真っただ中の1990年。会社の資金繰りに奔走するウキシマ電業製作所の経理課長・萩崎竜雄は、部長の関野が2億円の手形詐欺にあった末、失踪する事件に直面。恩人の関野を救おうと、友人の新聞記者・村木満吉の協力を得て真相究明に乗り出した萩崎の前に、謎の女・上崎絵津子が現れる。果たして、事件の裏に隠された驚きの真実とは…? 『点と線』に並ぶ松本清張のベストセラー小説を原作にしたサスペンス「連続ドラマW 松本清張 『眼の壁』」(全5話)が6月19日(日)午後10時からWOWOWで放送・配信開始となる。主人公・萩崎竜雄を演じる小泉孝太郎に撮影の舞台裏を聞いた。

小泉孝太郎(ヘアメーク:石川武/スタイリスト:北村彩子) (C)エンタメOVO

-今回の主演の話を聞いたときの気持ちを聞かせてください。

 WOWOWでは7年ぐらい前に「連続ドラマW 死の臓器」(15)で主演させていただきましたが、僕は、どの仕事も最初で最後だと思って臨んでいるので、またオファー頂けたことがうれしかったです。しかも、松本清張の骨太な社会派サスペンスですから。でも、やりがいを感じつつも、だんだん冷静になってくると、「苦しくなりそうだな」と(笑)。

-「苦しくなりそう」というのは、具体的にはどんな点でしょうか。

 WOWOWのドラマって、ものすごく演じがいがありますが、苦しいシーンもいっぱいあるんです。実際、今回も真冬の寒い廃工場の中で、縄で縛られたり、夜遅く真っ暗な森の中で格闘したり。映っているのはほんの少しですけど、そのために1日中、現場にいますから(笑)。

-松本清張作品の特徴をどんなふうに考えていますか。

 善人でも悪人でも、人間をものすごく深くとらえていて、“人間臭”みたいなにおいが伝わってきそうな生々しさがありますよね。善人のにおい、悪人のにおい、女性の香り…。そういう生々しさが特徴的なのかなと。

-そんな物語の主人公・萩崎を演じる上で、どんなことを心掛けましたか。

 心の奥底に熱くメラメラと燃えたぎるものを抱えてはいますが、まずは信頼できる男だと思ったので、なるべく“松本清張作品”ということは意識せず、萩崎の実直さや純粋さ、普通っぽさ、みたいなものを大切にしました。

-萩崎に協力する親友・村木満吉を演じる上地雄輔さんは、小泉さんご自身にとっても昔からの親友だそうですね。

 親友どころか、腐れ縁のような感じです(笑)。雄輔は一つ年下ですけど、お互いを知り尽くしているので、むしろ「雄輔が親友役で大丈夫かな?」と不安になったぐらいで(笑)。でも、今までこんなに雄輔に感謝したことはなかったです。萩崎にとっても村木は心のよりどころだったので、雄輔とのシーンは本当にホッとできましたし。仲が良過ぎて最近は会う必要もないぐらいで、雄輔とはしばらく会っていなかったんですけど、今回の撮影が終わった後、数年ぶりに食事に行きました。

-久しぶりに会った上地さんはどんな様子でしたか。

 僕がそういう感謝を伝えたところ、雄輔も「コーチンとこういう親友の役は本当にうれしかった。また作品でがっつり一緒にやりたい」と素直に喜んでくれました。

-そうすると、萩崎と村木の関係には、実際のお二人の関係が重なる部分もあったのでしょうか。

 そうですね。自分でも、本当にホッとしているな、と思いましたから。例えば、村木の部屋のソファーに座って2人で食事しながら会話するシーンでは、お互いに寄りかかって僕と雄輔の体がぴたっとくっついているんです。あれは、雄輔でなければ生まれなかったでしょうね。普通は親友役でも、役者さんと触れ合ったら「近過ぎたな」って、ちょっと離れますから。そういうちょっとしたところに出る安堵(あんど)感や笑顔は、相手が雄輔だからこそだったと思います。

-続いて、物語の鍵を握る女・上崎絵津子役の泉里香さんについて教えてください。絵津子は“ミステリアスな女”として萩崎の前に現れますが、そういう距離感などを含め、泉さんとの共演ではどんなことを心掛けましたか。

 泉さんとは適度な距離感を大事にしました。彼女は映画で一度ご一緒したことがありますが、今回は萩崎がミステリアスで魅力的な絵津子に一目ぼれしてしまうという関係。だから、ある種の緊張感や初対面の初々しさを出したいと思って、前半は距離を詰めるような会話は控えました。ただ、中盤から会話も増えていくので、終盤はプライベートなことも含め、いろんな話をするようになりました。その点、彼女はオンとオフの切り替えをとてもうまくやってくれたので、すごく救われました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

大泉洋、地元・北海道で「鎌倉殿の13人」撮影秘話を披露 「草笛光子さんが、3回もビンタしてきたんです(笑)」

ドラマ2022年7月5日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝を演じてきた大泉洋が、6月26日に地元・北海道で実施された第25回のパブリックビューイング後のトークショーに登壇。道内外から集まった400人の観客を沸かせた。  頼朝の落馬で終わる第25 … 続きを読む

「歌子らしく歌えるように心掛けています」初めての朝ドラでヒロインの妹を好演 上白石萌歌(比嘉歌子)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、内気で病弱だが、心優しく歌が大好きな暢子の妹・比嘉歌子を演じてい … 続きを読む

頼朝死す! 激動の鎌倉幕府!「義時がこの後どうなっていくのか、僕にも分かりません」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日に放送された第26回「悲しむ前に」では、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)の死と、それによって揺れ動く幕府内の騒動が描かれた。これから物語はどうなっていくのか。今後の展望も交えつつ、脚 … 続きを読む

話題を集めた頼朝役を終えて「三谷さんには感謝しかないです」大泉洋(源頼朝)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月3日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日放送の第26回「悲しむ前に」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、ここまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)がついにこの世を去った。今までの頼朝像を覆す斬新なキ … 続きを読む

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top