石井杏奈&伊藤理々杏が語る「人生が変わった出会い」【インタビュー】

2022年6月17日 / 08:00

 NHK「みんなのうた」の歴代の名曲を全編に散りばめた、子どもから大人まで楽しめる新作ミュージカル「日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022 NHKみんなのうた ミュージカル『リトル・ゾンビガール』」が、8月20日から上演される。本作は、人里離れた森で暮らすゾンビの女の子・ノノと街で暮らす人間の男の子・ショウの小さな友情の物語。ノノ役を高橋ひかると熊谷彩春、ショウ役を石井杏奈と伊藤理々杏(乃木坂46)がそれぞれWキャストで演じる。石井と伊藤に公演への意気込みを聞いた。

伊藤理々杏(左)と石井杏奈

-石井さんは本作が初のミュージカルになりますね。

石井 はい、今はまだ緊張と不安と心配な気持ちがありますが、この作品は元気を届ける作品だと思うので、楽しむことを忘れずに挑戦したいと思いますし、その気持ちがお客さまに伝わるといいなと思います。

-伊藤さんは本作への出演が決まっていかがでしたか。

伊藤 小さい頃から「みんなのうた」を見ていたので、それがミュージカルになるというのも驚きでしたが、自分が出演させていただけるということでさらに驚きました。もちろんプレッシャーや不安も大きいですが、小さい頃から見ていた番組だからこそ、出演できることは本当にうれしくて、お客さまに笑顔を届けるために精いっぱい頑張ろうと思っています。

-制作発表や日比谷フェスティバルで、すでに歌唱披露もしていますが、本作はたくさんの方が知っている楽曲が多いですね。そうした曲だからこそ歌いやすいのでは?

石井 以前からボーカルレッスンは受けていて、今回の楽曲についても、歌の先生と話し合いもしています。ですが、楽曲は知っていても、それを披露するために歌ったことはなかったので、私には難しかったです。ただ、明るい楽曲が多く、懐かしく感じる曲もあるので、歌うのは楽しいです。

伊藤 小さい頃に友達と歌っていたのとはやっぱり別物だとは感じました。今度は自分が届ける側に回らないといけないので、大変なことだと実感はしています。ですが、耳なじみがある曲なので、歌っているとすごく気分が上がって楽しめるので、これから始まるお稽古がすごく楽しみです。

-ショウをどのように演じたいと思っていますか。

石井 転校が多いこともあり、友達となじめるかどうか不安に感じている内気な性格ですが、家族の前でははつらつとして、歌もダンスも大好きな活発な男の子です。人間誰しも二面性があると思いますが、その二面性を表現することがポイントになると思うので、無邪気さと内気な部分をうまく表現できたらと思っています。

伊藤 同じように、内気なところと歌やダンスに対する熱意があるところを意識したいと思います。私も小さい頃は自分の思いを伝えるのが苦手で、でも、同じように歌やダンスが大好きだったので、ショウくんと似ているところがあると思います。なので、自分に照らし合わせながら演じていきたいと思いますし、ほかのキャストさんとの対話やキャッチボールをしながらショウくんを作り上げたいと思います。

-男の子役というのはあまりないことだと思いますが、少年らしさを出そうとは考えていますか。

伊藤 それは意識しています。以前、別の作品で幼い男の子の役を演じたときに、自分は男の子らしく演じているつもりでも、「女の子っぽいね」と言われたことがあったので、どう表現したら男の子に見えるのかは、今から考えています。もちろん、周りの皆さんの演技を素直に受け取って、それを真っすぐに返すのが一番なのかもしれませんが、お稽古でどう表現するのがいいのか探っていきたいと思います。

石井 ポスター撮影のときに「しぐさも男の子っぽくしよう」というお話をしていただいたので、私もそこは意識したいと思います。きっと所作や声の出し方で男の子らしさを出すことができると思うので、まずは自分が思う“男の子像”から試していき、突き詰めていけたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top