【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

2022年6月21日 / 08:00

 恒松祐里が主演する映画『きさらぎ駅』が公開中だ。本作は、2004年に「はすみ」と名乗る女性が、この世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界にたどり着いた経験をネットの匿名掲示板に投稿した後に消息不明となった都市伝説を基にしたホラーミステリー。きさらぎ駅の謎に迫る主人公の大学生・堤春奈を恒松が演じ、投稿者のはすみとされる女性・葉山純子を佐藤江梨子、春奈がきさらぎ駅で出会う女子高生・宮崎明日香を本田望結が演じる。本作がホラー初挑戦であり、初の女子高生役となる本田は、6月1日に18歳の誕生日を迎え、「新成人」となった。そんな本田が、本作の魅力や撮影時の裏話のほか、新成人を迎えた心境や今後の未来像なども語ってくれた。

本田望結(スタイリスト:田中トモコ(HIKORA)/ヘアメーク:牧野裕大(vierge))

-本作のオファーを聞いたときの気持ちは?

 実際にネットの匿名掲示板に投稿されていたお話なのですが、真実が分からないものなので、それを実写化するとどうなるのだろう? と不思議な感覚でした。女子高生役もホラー作品も初めてだったので、挑戦してみたいなと思いました。

-撮影はほぼカット割りがない一連撮りだったそうですが、難しさや苦労はありましたか。

 はい。普通の作品では、一つのシーンを前から、後ろから、引き、寄りと何回も撮るのですが、今回はそれがなくて、一連の長回しで一回しか撮らないという撮影方法だったので、何度もリハーサルをしてから撮影に臨みました。ホラー作品が初めてで、ホラーならではの間の取り方や動きというのも、普通の作品とは全く違っていたので、そこも難しくて頑張っていた部分です。

-どんなことに気をつけて、宮崎明日香という役を演じましたか。

 しっかりした女子高生像というのはあったのですが、登場人物の中で最年少なので、しっかりしているけれど、どこか一番おびえていたり、怖がっていたり、しっかりし過ぎない、大人っぽくなり過ぎないことが役作りとして大事だなと思っていました。ところどころで驚いたり、怖がったり、強がっている部分が出せるように意識しました。

-本田さん自身も現役の高校生ですが、等身大の女子高生役を演じた感想は?

 制服を着た女子高生役というのは、今しかできない役なので大事だなと思いました。年齢が近い等身大の役では、私生活がお芝居に役に立つこともあるのですが、作品の中では本田望結が出てしまうことが一番よくないので、自分が出ないようにというのは意識しました。

-撮影現場の雰囲気は?

 トンネルの中や夜の現場は本当に真っ暗だったので、けがをしないことを第一にみんなで行動していました。カメラを回すときは周りにスタッフさんがいなくて、私たちキャスト陣も本当に怖いと思える環境の中でお芝居をしていました。

-もともとホラー耐性はあるのでしょうか。怖がりな方?

 日常では、すごく怖がりだと思います。お化けも暗い所も苦手なのですが、不思議とお芝居となると、そういう自分の私的な感情というのは出てこないです。

-本作のような都市伝説やオカルトは信じる方ですか。

 信じるタイプです。お化けやUFOも絶対にいると思いますし、占いやおみくじもすごく当たるなと信じてしまうので、家族から「疑うことも覚えなさい」と言われてしまうくらいです(笑)。今回の異世界に行けるというお話も、(劇中に登場する)異世界に行く方法をやってしまうと本当に行ってしまうと信じているので、すごく怖いです。

-本田さんは先日18才の誕生日を迎え、「新成人」になりますが、大人になる今の心境は?

 大人になることに不安はなくて、むしろ楽しみの方が大きいです。小さい頃から、自分が悪いことをしてしまったときに両親が責任を取ってくれるというのが納得いかなかったんです。自分が悪いことをしてしまったら、自分で責任を取りたいと思っていたので、20才から18才に成人年齢が引き下げられたことについては、私はすごく前向きに捉えていますし、18才で大人になっていろいろなことができるようになるのが楽しみです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

大泉洋、地元・北海道で「鎌倉殿の13人」撮影秘話を披露 「草笛光子さんが、3回もビンタしてきたんです(笑)」

ドラマ2022年7月5日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝を演じてきた大泉洋が、6月26日に地元・北海道で実施された第25回のパブリックビューイング後のトークショーに登壇。道内外から集まった400人の観客を沸かせた。  頼朝の落馬で終わる第25 … 続きを読む

「歌子らしく歌えるように心掛けています」初めての朝ドラでヒロインの妹を好演 上白石萌歌(比嘉歌子)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、内気で病弱だが、心優しく歌が大好きな暢子の妹・比嘉歌子を演じてい … 続きを読む

頼朝死す! 激動の鎌倉幕府!「義時がこの後どうなっていくのか、僕にも分かりません」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日に放送された第26回「悲しむ前に」では、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)の死と、それによって揺れ動く幕府内の騒動が描かれた。これから物語はどうなっていくのか。今後の展望も交えつつ、脚 … 続きを読む

話題を集めた頼朝役を終えて「三谷さんには感謝しかないです」大泉洋(源頼朝)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月3日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日放送の第26回「悲しむ前に」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、ここまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)がついにこの世を去った。今までの頼朝像を覆す斬新なキ … 続きを読む

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top