大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

2022年5月22日 / 12:00

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。その1人が、源頼朝(大泉洋)の最初の妻で、激動する時代に運命を翻弄(ほんろう)された後、義時の妻となった八重だ。演じるのは、これが大河ドラマ初出演となる新垣結衣。「本格的な時代劇は初めて」と語る新垣にとって、本作は収穫の多い現場となった。撮影が進む中で感じた思いを聞いた。

八重を演じる新垣結衣 (C)NHK

-初めての大河ドラマ出演とのことですが、ここまで演じてきて、どんな手応えを感じていますか。

 自分の実になるいい経験ができたと思っています。ファンタジー作品で戦国時代の姫を演じたことはありますが、本格的な時代劇は初めてですし、大河ドラマはもちろん、NHKの連続ドラマに出演することも初めてで、初めてのことが本当にたくさんありましたから。所作などは、現代劇でも姿を美しく見せるのに役立ちそうですし、お着物で過ごす時間も長かったので、体になじんでいく感じがあって、今後、また何かの機会に生かせるのではないかと思っています。

-小栗旬さんとは久しぶりの共演になると思いますが、どんな印象を持っていますか。

 周りをよく見て、いろいろと気に掛けてくださる方です。その印象は以前も今も変わりません。今回共演させていただき、これだけ長い間、一緒にお芝居ができることは本当に光栄です。いろんなお話もしましたが、大河ドラマ初主演に当たって、「引き受ける前に悩み、主役を経験された方に意見を聞いた」とコメントされていたので、「それから半分ぐらいたって、どうですか?」とインタビューみたいなこともやっていました(笑)。

-脚本の三谷幸喜さんと何かやりとりをしたことはありますか。

 どんな声の出し方をすると時代劇に合った表現になるかとか、言葉の意味など、具体的なアドバイスを頂き、語源や由来を改めて考えたりすることは今後、別の作品に携わるときも大事にしていきたいと改めて思いました。うれしい感想もたくさんいただいたので、それを励みに、撮影に臨んでいます。

-それでは、ご自身が演じる八重という人物の魅力をどう捉えていますか。

 「八重姫はこういう人物だった」と史実に残っているエピソードをあらかじめ聞いていたのですが、それと今回のドラマの中での八重は、だいぶ印象が違います。その上で、今回の八重は、自分自身に対しても、周囲の大事な人に対しても、生きることに対して、すごく強い意志を持っているなと。そのために、すがるものを見つける力があるというか、諦めない力があるというか…。演じる上でも、そういう自分が大事にしているものに対しては、揺るがない意志の強さを貫くことができたらと思っています。

-本作には、八重だけでなく、政子(小池栄子)やりく(宮沢りえ)など、強い女性たちが多数登場します。新垣さん自身はこの作品に登場する女性たちをどんなふうに見ていますか。

 現場に時代考証の坂井(孝一)先生がいらっしゃったとき、そういうお話をされていたんですけど、この時代の女性たちは、やっぱり強かったそうです。女性だから、男性だからとか、親だから、娘だからとか、立場がどうとかいうことは関係なく、当時の女性は、割と強かったんだと。頼もしい人たちがたくさん登場しますし、それがもし当たり前だったのだとしたら、いいことですよね。皆さん、とても魅力的だと思います。

-そんな強い女性たちの代表とも言える政子役の小池栄子さんと共演した感想はいかがでしょうか。八重にとって政子は、頼朝の前妻と本妻という関係から、義時の妻になったことで義理の姉に変わるなど、深いかかわりがありますが。

 栄子さんは先輩ですが、当初、役の立場的には八重の方が政子より上だったので、初めて2人が対面するシーンでは、政子に負けないようにしなければとプレッシャーや緊張を感じていました。でも、撮影が始まると、栄子さん演じる政子が、まだ何者でもない1人の女性としてそこにいらっしゃったんですよね。前妻の下に1人で乗り込んできたのはいいものの、ややおびえている…。歴史上の政子のイメージから、そうくるとは思っていなかったので、その顔を見たとき、「政子さんにも、まだ何者でもない少女の時代があった。生きていたんだ」と感じることができたんです。そこに深い感銘と刺激を受けました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top