伊藤英明、主演作を見た感想は「何も残らない」 古田新太「西畑大吾に付いていく」

2022年3月19日 / 06:34

(左から)平野隆監督、大貫勇輔、山本耕史、上白石萌歌、伊藤英明、西畑大吾、小澤征悦、古田新太 (C)エンタメOVO

 映画『KAPPEI カッペイ』初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の伊藤英明、上白石萌歌、西畑大吾(なにわ男子)、大貫勇輔、山本耕史、小澤征悦、古田新太と平野隆監督が登壇した。

 本作は、若杉公徳氏の伝説のギャグ漫画を実写映画化。1999年7月に世界が滅亡するというノストラダムスの大予言を信じ、乱世の救世主となるべく、厳しい修行に人生を捧げてきた「終末の戦士」たちの物語。

 完成披露の場で、「作品を否定するわけでないけど、(オファーが来たとき)ものすごい“これじゃないよ感”があった」と語っていた伊藤は、この日も“ボヤキ”を連発。

 「今日、完成作を初めて見たけど、面白かったです。特に『上白石ってすげー女優だな』と思った。見終わった後、胸がキュンとなる。でもそれ以外、何も覚えていない。何も残らない」と語って笑いを誘った。

 映画にちなみ、「人生で出会った救世主」を尋ねられた際も、「もしそんなエピソードがあったとしても、この作品でそのエピソードを話したくない。もうちょっと重みのあるトーク番組などで話したい」と語って意味ありげに笑った。

 一方、古田は「救世主は西畑」と即答し、「これからどんどん上がっていくわけだろ。俺とか小澤とか英明とか、皆おまえに付いていくからね。大河とか朝ドラとかやってよ」と懇願。

 小澤も「絶対に(一緒に)出ます!」とノリノリで、これには西畑も「ちょっと待ってください。プレッシャーがすごいです」と、タジタジの様子だった。

 終盤には、原作者の若杉氏から届いた手紙を、司会者が代読。その中で、演技を絶賛された伊藤は「うれしいです。でも最初に聞きたかった。この手紙を聞いたから言うわけじゃないですけど、本当に素晴らしい映画に携われて光栄です。自分の俳優人生がスタートするような作品に出会えて本当によかった!」と調子よく語って笑わせた。

 


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top