【インタビュー】6人の“共同生活”を描くドラマ「吉祥寺ルーザーズ」 増田貴久「意外とシェアハウスに憧れがあります」田中みな実「誰かと一緒に住むことは考えられないかな」

2022年4月14日 / 12:05

 企画・原作・秋元康、NEWSの増田貴久が主演するテレビ東京系ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」が11日から放映中。本作は、東京・吉祥寺を舞台に、人生の負け組6人が、シェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディードラマ。主人公の高校の非常勤講師・安彦聡を演じる増田と、元女性ファッション誌の編集長・大庭桜を演じる田中みな実に、作品に懸ける思いを聞いた。

田中みな実(左)と増田貴久 (C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

-面白いせりふがたくさん出てきますが、台本を読んだ印象は?

増田 まだ撮影に入っていないので(インタビューは3月上旬に実施)、今はいろいろ想像しながら、台本を覚えているところです。舞台のような空気感もあり、その場で生まれる6人のギクシャク感も全部含めて、どんな感じなるのか今はすごく楽しみです。

田中 せりふの量がすごく多いので、覚えるのが大変です。本読みもクランクイン直前になりそうなので、少しでも不安な気持ちを払拭しようと、皆さんのお顔をプリントアウトした紙を部屋に貼って、そこに向かってせりふの練習をしています。洋服などを置いている部屋なので、着替えるときに皆さんの視線があるのがちょっと気まずいですけどね(笑)。

増田 僕のは、どんな写真を選んでくれたんですか?

田中 まっすーくんのは、いい感じの写真です。ちょっと格好をつけている写真でした。

増田 ありがとうございます(笑)。

田中 (池上隆二役の)國村隼さんだけ、プリントアウトできる素材が白黒で、お部屋の中でちょっと異彩を放っています(笑)。

-台本の中で気になったせりふはありますか。

田中 これから桜の名言みたいなものがどんどん出てくると思うのですが、1話では「女の自虐を簡単に受け入れる男は古今東西モテた試しがないからね」というせりふが印象的でした。四字熟語などを交えながらトントントンとしゃべっていくのが痛快です。聡に対しては、特に上から目線で、そこもまた関係性が垣間見えて面白いなと感じます。

増田 僕は、皆さんのせりふを受ける側のことが多いので名言は出さないです。皆のせりふに一番かき回されているのが聡で、聡が一言しゃべってみたら、またそこから違う火種が飛んで…みたいなタイプです。

-自身の演じる役柄をどのように捉えていますか。

増田 聡は普通に生きてきたのですが、その過程で心が折れる事件が起きてしまい、それがトラウマとなって、女の人と話すことに苦手意識があって…という役です。人柄的にはフラットな優しいほのぼのした感じの男性かなと思っています。

田中 桜は勝ち気で、正義感が強い女性です。ただ、その正義感というのが世の中全般に共通するものとは少しズレていて、どちらかというと自身の凝り固まった概念。桜にはそういうマイルールがたくさんあるんです。私も1人の生活が長くなってきて、自分が心地いいと感じるやり方や瞬間が増えていき、それを他者に邪魔されたくないな…とさえ思うようになっています。桜の気持ち、分かります。

-例えば、どんなルールがありますか。

田中 2話で聡にジャムを貸すシーンが出てきますが、そこにも桜のルールがあって。1回(パンに)スプーンでジャムを塗ってから、またジャムをすくって、もう1回塗るのはアウトだとか。ジャムの中にパンくずが入るからね。

増田 僕も絶対に入れられたくないので、結構桜さんタイプですね。

田中 私もまっすーくんもそういうのをわりと気にするタイプですが、全く気にならない人もいますよね。共同生活をしてみないと分からない、人の悪気のない癖みたいなものがいろいろ出てくるので、「分かる〜!」と激しく共感できることや、「えっ、何がいけないの?」と不思議に思うことも出てくるのではないかと思います。

-共同生活をするとして、絶対に外せないルールはありますか。

増田 僕は水周りが気になります。手を洗って蛇口を閉めた後、そこがビジョビショになっていたら嫌ですね。

田中 めちゃくちゃ分かります。

増田 水滴、1滴も許さないです。そのビショビショになっている蛇口、触りたくないじゃないですか。

田中 うん。そうだね。でもそれはね、何だか結婚が遠のく気がする。

増田 だって嫌ですもん(笑)。

田中 分かるよ。あと手を洗ったときに、パッパって水を切ったときの水滴が鏡についたままにしている人とかちょっと許せなくないですか?

増田 同じです。僕は飛び散らせたくないからパッパとやりません。(水滴が跳んだら)僕はティッシュで拭きます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top