【インタビュー】「風の向こうへ駆け抜けろ」中村蒼「競馬の見方はだいぶ変わりました」 平手友梨奈主演のドラマで調教師役

2021年12月15日 / 06:05

 NHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」が、NHK総合で12月18日と25日の午後9時から放送される。本作は、新人女性騎手の芦原瑞穂(平手友梨奈)のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、仲間と共に桜花賞に挑んでいく物語。瑞穂を迎え入れる、廃業寸前の厩舎(きゅうしゃ)を営む調教師の緑川光司を演じた中村蒼が、撮影を通して感じたことなどを語った。

調教師・緑川光司役の中村蒼(ヘアメイク:Kazuya Matsumoto/スタイリスト:Takanori Akiyama) (C)エンタメOVO

-このドラマへの出演オファーが来たときの感想は?

 お話を頂く前まではあまり知らない世界でした。競馬に関しては詳しく知らなかったですし、馬に乗ったことはありましたが、いわゆるジョッキースタイルで乗ったこともない。ただ、お馬さんとこんなにも接する作品はなかったので、不安というよりは楽しみな気持ちの方が大きかったです。

-光司をどんな人物として捉えましたか。

 最初はちょっと冷たいですよね。熱心さもないし、誠実な感じもない。でも光司の周りに集まっている個性豊かな人たちを見ると、何かしら光司に恩がある人たちなんです。周囲からはよくない視線を向けられているけれど、光司だけは、そんな自分を気に入って、厩舎に入れてくれた、というようなメンバーもいます。なので、光司は調教師うんぬんの前に、ちゃんとその人の本質を見極める、偏見のない人なのかな、と感じました。心根は優しく、真っすぐな人間だと思います。

-役作りで心掛けたことは?

 前半は特に、一見嫌な人間というか、無愛想な人なので、そこは少し難しかったです。これまであまりそういった人物を演じたことがなかったので、僕自身、どうなるのか少し不安でした。

-主演の平手友梨奈さんの印象を教えてください。

 平手さんは毎シーン、リハーサルが終わるたびに「やりにくいところはなかったですか?」と、聞いてくださるんです。そうやって周りを気遣う気持ちが、あの若さにして備わっているのが主役として素晴らしいなと感じました。あとは、馬に乗るシーンは特にですが、「できることは何でも自分でやる」という気持ちだったようで、ガッツがある人だなと思いました。

-乗馬シーンを演じてみていかがでしたか。

 僕は、足が悪い設定なのですが、後半に自ら“併せ馬”(調教のときに2頭以上の馬で並んで走ること)をするシーンが幾つかありました。すごく苦労しました。お馬さんによって性格が違うので、すぐ反応してくれる子もいれば、穏やかでなかなか反応しない子もいて。乗馬の経験はだいぶ前にあったのですが、改めて撮影前に練習を重ねました。調教師という役柄上、自分が先導して発進しなければならないのですが、そこがドラマの設定とは違い、なかなかうまくいかず大変でした。

-今回のドラマ出演を機に「馬券を買ってみようかな」という気持ちは芽生えましたか。

 もともとギャンブルはしないし、お金がもったいないという価値観は変わらないので(笑)。賭けるなら、勝ちたいですし。賭け方を教えてくれる人がいたらいいのですが、僕の周りにはいないので。

-競馬に対する意識は変わりましたか。

 見方はだいぶ変わりました。今までは、土日のお昼とかにテレビでやっているのを何げなく見てチャンネルを替えていましたが、最近では、競馬のネットニュースも目に入ってくるようになりました。「絶対に勝つだろう」と言われていた馬が勝てなかったときに、「調教師によると理由は○○で…」といった記事を読むと、「なるほどな」と思ったり。馬との距離感が近いからこそ分かるんだろうなとか、いろいろ想像するようになりました。

-大きな変化ですね。

 ただのギャンブルではなく、お馬さん1頭1頭にちゃんとドラマがあること、競馬で感動する人たちがいるというのも分かるようになりました。なので、僕も好きなお馬さんができたら、今後どうなるかは分からないです(笑)。

-光司は瑞穂と出会ったことで徐々に変わっていきますが、中村さんご自身の人生を変えた出会いを教えてください。

 最近で言うと、佐々木蔵之介さんと舞台でご一緒したのですが、本当に素晴らしい方でした。「Team申(チームさる)」という、佐々木さんが主宰も出演もされる演劇ユニットなのですが、脚本から携わっていたり、「より多くの人に見てもらうにはどうしたらいいか」とスタッフさんとずっと試行錯誤している姿を見て、すごいなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第19回「果たせぬ凱旋」今に通じる人間関係の問題を浮き彫りにする頼朝と義経の断絶

ドラマ2022年5月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月15日に放送された第19回「果たせぬ凱旋」では、宿敵・平家を滅ぼした後、源頼朝(大泉洋)と義経(菅田将暉)の兄弟が溝を深めていく姿が描かれた。  “平家打倒”という兄・頼朝の悲願をかな … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「片恋グルメ日記2」本仮屋ユイカ&平岡祐太&藤田玲&兵頭功海、オリジナルストーリーで描く“コロと八角さんの恋の行方”に注目

ドラマ2022年5月21日

 出版社を舞台に、現実の恋に踏み込めない漫画編集部員・所まどかが、思いを寄せる男性営業部員・八角直哉に近づくべく、彼が食べたものと同じメニューを食べることで、妄想しながら追体験=“食事ストーキング”をするという、“新食感”のラブコメディーの … 続きを読む

amazon

page top